追記 4月14日

4月13日に100%達成となりました!

ひとえに皆様のご支援、各種SNSでの拡散、応援のおかけです!
本当にありがとうございます。
皆様から頂いた温かい応援のメッセージは、これからの乙女印刷の事業を進めていくなかで大きな後押しになります。


さてこの先ですが次のゴールを100万円と定めたいと思います。

出展費①180000円

パソコン購入費100000円

出展費②120000円

新規商品開発120000円

新しい便箋の製作費120000円

リターン商品の材料費、送料など170000円

CAMPFIREへの手数料190000円


我が家のキッチンから始まった乙女印刷ですが、あるものをなるべく使う!と節約して事業を進め、出た利益は新商品の開発にまわす!とやってきました。
そんなわけで現在デザインに使用しているパソコンも、家にあったものをいまだ使用していて、最近では保存するたびに沈黙することが増えています。
こちらを新しくさせていただきたいと思います。

そしてさらに、いくつか候補に挙げていた展示会にも出展させていただきます。

また資金調達ができず、やりたいけどあきらめていた新商品を作り販売したいと思います。
こちらの新しい商品は、デザイン等ができましたら、プロジェクトの中でご報告させていただきます。


100万円のご支援の挑戦にあたり、新しいリターン商品もご用意する予定でおります。


引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。



ご挨拶

はじめまして。乙女印刷と申します。


普段は「乙女印刷」というブランドで、ぽち袋やポストカード、便箋などの紙雑貨の企画、制作、販売を小さな小さなのメーカーです。

乙女印刷ホームページはこちら

乙女印刷インスタグラムはこちら

乙女印刷では「活版印刷」「凸版印刷」という印刷方法で紙雑貨を作っています。
活版印刷とは今のようにデジタルが印刷が主流になるずっと前に用いられた印刷方法で、紙一枚ずつに一色ずつインキをのせてプレスする印刷方法です。学校の図工の授業でやった版画に近い印刷方法と言うとわかりやすいかもしれません。

この印刷方法は、紙に一色ずつ印刷していく手間がかかる印刷方法で、色の数だけ印刷(3色使えば3回印刷)する必要があるのですが、印刷したときにインキがムラになったり、かすれたり、柄が少しずれて印刷されたりするので一枚として同じものができません。

その不完全さの残る印刷から手作り感を感じてもらうことができ、あたたかい雰囲気を作り出すと考え、乙女印刷ではこの印刷方法を使って自社で印刷しています。



手に取って購入して下くださるお客様からは「この印刷の雰囲気が好き」とか「これで心づけをお渡しすると喜んでもらえるのよね」など好評です。


また活版印刷自体の面白さを体験しいただきたくて、名刺やポストカードをつくる活版印刷のワークショップも行っています。

私が普段印刷に使用しているアンティークの活版印刷機や小さなプレス機を実際に使っていただき、1色ずつインキが紙にのり、徐々にデザインが完成するおもしろさを体験していただきます。


これまでの活動、これからの活動

乙女印刷は活動を始めて4年目になります。

昨年まではデザインフェスタをはじめとして数々のイベントに出展し、実際に対面販売しながらどんな商品を作ったら喜んでもらえるのか、という調査をしていました。

そして商品ラインナップを決め、それを作るための量産体制を整え、昨年秋からは、企業様向けに卸販売をする準備をしてきました。
そしていくつかの企業様から「お披露目イベントをしながら商品販売しましょう」と声をかけていただいた矢先、コロナウイルスで世の中のイベントが自粛モードに入り、商品の納入の話も流れてしまいました。

しかしこれまでの計画通り、さらにたくさんのお客様に「乙女印刷」の商品を手に取っていただけるよう、先のためにできることをしていきたいと考えています。

その一つとしてこの夏、7月10日から4日間に開催される「FRAT」という展示会に出展し、さらにいろんなバイヤーの方にに乙女印刷を知っていただく機会を作ろうと思っています。
乙女印刷のような小さなメーカーは大手企業のような「たくさん作って、たくさん広報をして、たくさん売る」ということができません。取り扱って下さる小売店とパートナーになり、実際にお客様に商品の魅力を伝えることが必要不可欠です。私が「FRAT」という展示会を選んだのは、そんなパートナーになれる企業やバイヤーと出会えると感じたからです。


このプロジェクトで実現したいこと

そこで皆様にお願いがあります。
このFRATという展示会の出店費をご支援いただけないでしょうか?

当初出展費は自社でまかなえる予定だったのですが、コロナウイルスの騒ぎのために、イベントとそれに合わせた商品の納入ことごとく流れてしまい、展示会の出店のための費用の捻出が難しくなってしまいました。

資金の使い道

出展費180000円

リターン商品の材料費、送料など50000円

CAMPFIREへの手数料70000円

リターンについて

・乙女印刷ぽち袋2枚+ミニカード3枚 (柄はお選びいただけません) 2000円
  

1色ずつ印刷したぽち袋とメッセージカードにお使いいただける名刺サイズのミニカードをお送りします。


・乙女印刷のミニカード15枚セット 20枚 3000円

贈り物に添えたり、メモ代わりに使える名刺サイズのミニカード15枚セットです。(柄はお選びいただけません )

・乙女印刷クリームソーダの柄の紙雑貨セット 3000円
 クリームソーダ便箋1セット(便箋6枚 封筒2枚)+ポストカード1枚+ミニカード3枚+ぽち袋1枚のセットです。

・乙女印刷ぽち袋15枚セット 3000円
 柄が全部違う、乙女印刷のぽち袋15枚セットです。

・グラデーションが美しい板染め和紙活版印刷名刺(80枚)13000円

 お好きな色味の紙をお選びください。
 板染和紙を使用するため、名刺用紙に和紙本来の「しわ」が入ることがありますのでご了承ください。
 色の濃い場所では若干文字が見え辛くなる場合があります。
 薄手の和紙を活版印刷と相性の良いコットン紙と貼り合わせて印刷用紙を作っております。印刷面の裏  側は白地になります。
 文字を印刷するインキは、墨、紺、茶、金の中から1色お選びいただけます。
 文字の印刷は樹脂版を使用します。

※印刷するお名前やご住所などの情報についてはプロジェクト終了後メールにてお伺いします。



・20種類の紙の中から、お好きな120枚を選んで作る活版印刷の名刺 13000円
 お送りする紙のサンプルからお好きな名刺用紙を選んでいただき、表面1色120枚の名刺をお作りいたします。

名刺のデザインは、テンプレートからお好きなデザインをお選びいただきます。

文字を印刷するインキは、墨、紺、茶、浅黄、深緑、灰、薄浅黄、金から1色お選びいただけます。
文字の印刷は樹脂版を使用します。 

※印刷するお名前やご住所などの情報についてはプロジェクト終了後メールにてお伺いします。


・5名まで同一料金で日本全国お好きな場所で、活版印刷での名刺のワークショップを開催します 40000円

おひとり様1色、100枚の名刺を印刷していただきます。

代金に含まれるもの

5人分までの名刺用紙代、インキ代、製版代

※別途車移動の交通費をお願いいたします。

ワークショップ開催時には、印刷機の運搬(50キロ程度)のお手伝いのお願いをいたします。印刷は樹脂の版を使って印刷します。


最後に


リターンの商品もすべてやさしい手触り、雰囲気のものをご用意いたしました。
ご支援いただくとともに、リターンの商品でも楽しんでいただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

乙女印刷

乙女印刷インスタグラム https://www.instagram.com/otomeinsatsu/

乙女印刷ツイッター https://twitter.com/YGgymbzrvliGD2T/ 


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/05/28 11:20

    乙女印刷のはじめてのプロジェクト、昨夜終了いたしました。おかげさまで沢山のご支援をいただき、successで終了することができました。本当にありがとうございます。始まる前は「誰も支援してくださらなかったらどうしよう・・・」という不安しかありませんでしたが、スタートして3日後の13日には100%...

  • 2020/04/26 08:56

    4月29日、新しいリターンをご用意いたします。乙女印刷、はじめてのパッケージデザインをした商品です。これまでパッケージのデザインはやってみたいことの一つだったので、それを形にして皆様にご覧ただける機会が出来てとてもうれしいです。今回パッケージをつけたのは、地元企業が作る伊豆の柑橘をつかった飲む...

  • 2020/04/24 08:54

    皆様から沢山の予想以上のご支援をいただいて、「今まで作りたかった物を作れるー!」と意気込んでデザインしております。乙女印刷の商品はすべて、線の美しさとベタ面のインキの鮮やかさを楽しんでいただきたいと思っております。一度デザインしたものをみて、「ここは線を楽しんでもらえるようにしよう」「ここは大...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください