プロジェクト本文

人口約80万人の佐賀県から、オリンピック選手や国際的なトップレベルの選手が育ち、スポーツを通して県民に夢や感動を与えてくれることは、地域活性を後押しします。
このドリームマッチでは、サッカーを通じて子供達の夢を創造し、将来のトップアスリートを発掘・育成することで、地域にスポーツ文化を根差すきっかけを作ります。
また、子どもたちの運動能力を向上させることは、本県スポーツ強化の根幹であり、ひいては県民全体の健康の保持増進も期待できるものです。
 
実行委員長
池田俊輔
株式会社WASE代表取締役
MS SPORTSMANAGEMENT GmbH Representative Asia-Japan
JFA仲介人登録No16-125

自分自身佐賀県の浜玉町で生まれ育ち、Jリーグの開幕と同時にサッカーを始めました。
当時は地元の中学校にはサッカー部がなく、陸上部に所属しながら、友人と草サッカーをやる毎日でしたが、3年生の時期にようやくサッカー部を作ることができました。
当時引き籠りがちだった自分がサッカーを通じて、プロサッカー選手という夢ができ、仲間ができ、海外へ目を向けるきっかけができ、人生を豊かにしてくれました。
人生を豊かにする要因はできるだけ多くの文化や価値に触れて多くの選択肢を持つことだと思います。
目標があったからこそ、英語や世界の地理など嫌いだった勉強も苦にならなくなりました。
今では佐賀にもサガン鳥栖というJクラブができ、子供達がプロサッカー選手という夢がより身近になっていますし、サッカー文化が根付いてくることでプロサッカー選手だけでなく、サッカーを仕事にしていく選択肢も増えています。
そして今回、日本を代表して世界と戦った選手たちが佐賀に集まります。そういった選手たちと実際に触れ合い、試合をすることで子供達の夢も現実のものとして近付きます。
人は何かしら夢に繋がる情熱というエネルギーがないと動けません。このドリームマッチを通じて子供達が夢を現実のものとするエネルギーを作るきっかけとなればと思っております。
 
副実行委員長
福岡淳二郎
一般社団法人佐賀県サッカー協会
副会長兼専務理事

 近年のサガン鳥栖のJ1での活躍、そして2023年佐賀県にて国民体育大会の開催へ向けて佐賀県内のサッカー熱は年々高まってきております。このドリームマッチが佐賀県のサッカー、障害者スポーツひいてはスポーツ文化の更なる発展に貢献できれば幸いです。
 
アンバサダー
望月重良
SC相模原 代表
元サッカー日本代表

地域振興のイベントとして3年前からSC相模原のJ3の前座試合にて開催している相模原ドリームマッチですが、毎年1万人近いお客様にお越しいただいております。やはり、毎年相模原に元日本代表選手達が集まる、この事実だけでも相模原のサッカー少年達がこの日を楽しみにしています。
今回縁あってこの佐賀県でのドリームマッチ開催をお手伝いさせていただくことになりました。
佐賀のサッカー少年たちが、生の代表選手に触れ、刺激を受け、将来このドリームマッチをきっかけに未来の日本代表選手が佐賀県から輩出されることを祈っております。

 

■タイトル:さが ドリームマッチ 2017 J-DREAMS対佐賀県U-15選抜(国体候補選手)

■日  時:2017年3月25日(土)

サッカー教室(県内小学生200) 10:00〜11:30

ブラインドサッカー体験会(一般参加者50名)   

ゲストライブ、選手入場  12:00〜12:30

記念撮影  12:30〜12:40

J-DREAMS 対佐賀県U-15選抜(国体候補選手) 12:40~14:05(35分ハーフ)

■会  場:佐賀県総合運動公園陸上競技場(佐賀県佐賀市日の出2丁目1-10)

■主  催:SAGA DREAM MATCH 2017 実行委員会

一般社団法人佐賀県サッカー協会

HIU(堀江貴文イノベーション大学)

■協  賛:大塚製薬株式会社、ネッツトヨタ佐賀株式会社、株式会社戸上電機製作所、一般社団法人ジュニアスポーツライフネットワーク、株式会社YKカンパニー、有限会社みのり農場、有限会社天山環境開発工業、有限会社小城新生興業社、医療法人ひらまつ病院、株式会社丸新     
■後  援:佐賀県、STS、佐賀新聞、FM佐賀、日本ブラインドサッカー協会、一般社団法人日本ペガーボール協会、NHK、NBCラジオ佐賀、一般財団法人仁専指導会
■協  力:株式会社WASE、有限会社セカンドステージ、iDEA、I.Land Inc、株式会社トゥーセンブンスエンターテイメント、Athletes Y‘s Performance、株式会社ラボーナ、ゴルジャパン
■予想動員:5,000人(入場無料)
■テレビ中継:Ameba fresh(予定)
 
■ 出場選手 
都築 龍太 (元日本代表、元浦和レッズetc)

小村 徳男(元日本代表、元横浜Fマリノスetc)

 山田暢久 (元日本代表、元浦和レッズ)

中西永輔(元日本代表、元ジェフユナイテッド市原etc)

中西 哲生 (元川崎フロンターレetc)

山口 素弘(元日本代表、元横浜フリューゲルスetc)

福西 崇史 (元日本代表、元ジュビロ磐田etc)

平野 孝 (元日本代表、元名古屋グランパスetc)

岩本 輝雄  (元日本代表、元ベルマーレ平塚etc)

鈴木 啓太(元日本代表、元浦和レッズ)  

鈴木 隆行 (元日本代表、元鹿島アントラーズetc)

久保 竜彦(元日本代表、元サンフレッチェ広島etc)  


 
■ゲスト
はなわ

■ブラインドサッカーゲスト
森 良太


生年月日: 1984年 6月 11 日
熊本県山鹿市出身。 18 歳の時に「視神経萎縮」という病気が発症し、視力低下。左目は視力が 0、右 目も視野 10 度以内 、視力が 、0.01という状態。治療法が見つかっておら ず、現在も症状は進行している。 病気が発症してから、鍼灸マッサージの資格取得を目指し国立障害者リハビリセンターに通うために福岡へ移住。 在学中ブラインドサッカーと出会う。2005年に九州唯一のブラインドサッカーチームであるラッキーストライカーズ福岡加入。毎年東京で開催されているブラインドサッカー選手権は、エースとし3度の準優勝に導いてる。

■ハーフタイムショー
九州SPORTSを盛り上げる女性コラボユニット
“べスラガ”

 
 
このイベントを佐賀県で成功させることで、日本の他の地域でもスポーツを通じた地域振興モデルが確立できると思っております。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください