軽農業を手段とし休耕農地の活用、高齢者雇用、障害者雇用などの問題を改善していく事業です。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶
NPO Blue Leafと申します。

現在、法人に向け準備をしています。

当団体は現在様々な理由で使用されていない農地をお借りし、軽い農業を行い、指導者として知識や経験の有る高齢者の方の雇用、軽作業を障害者の方の雇用をし地域活性化、地域の様々な問題解決へ向け取り組む活動をしています。

昨年様々な方のご協力もあり今年から本格稼働する事ができました。

よろしくお願いします。

このプロジェクトで実現したいこと

先にも書きましたが、地域活性化、地域問題改善、後継者の育成を主に複数の農地で活動を展開していきたいと思います。

私たちの地域のご紹介

簡単に言えば田舎です。交通利便性は悪くはありませんが、高齢化が目に見えて現実としありますが、田舎ならではの良い環境と考えます。

プロジェクトを立ち上げた背景

行政ではできない、即対応できない、しないを目の当たりにした事、自身も患者であり身内にも当然後継者が増え、障害者も居ます。その方の話や他に代表を務める複数団体の会員の皆さんから就労問題などの悩みをお聞きしどうにかしないといけないと仲間で新しく立ち上げました。

これまでの活動

昨年は実験的に栽培をし、農業をリタイヤされた方のハウスを頂き移転しました。

写真はバラバラになってますが、1枚目と4枚目はテスト栽培をしたミディアムトマトです。テストでプランターなどで生産しましたが、ハウスが完成したので畝での栽培となります。

2枚目、3枚目は移設前と後の土地活用例となります。

ほとんど築30年のハウスの資材を転用しその土地で建てれる大きさで4人で建てました。

初日、最終日は4人、途中は2人で計5日かかりましたが。

資金の使い道・実施スケジュール

必要な資材費、農具などの購入と運営資金となります。

今回のクラウドファンディングでは設備と農機具購入いたします。

スタートの状態で、全てこれからですが糖度が高いトマト、そのトマトの食育レシピのご紹介などもその道のスペシャリストが揃っているので皆さん楽しみにされています。

もちろん福祉に関しても同様で地域や多くの関係者から様々な問題解決に繋がる活動とし注目されています。

ブルーリーフとして実績がまだない分逆に期待されている活動、団体です。

リターンのご紹介

金額に応じ作業でできる農産物を収穫時に発送させて頂きます。

目標額に至らなくとも発送はさせて頂きます。

最後に

様々な分野の経験者が知恵を出し合いながら頑張っていきますので、ぜひご支援よろしくお願いいたします。

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください