はじめたらなんとかなるよ。一人のやってみたいを、いっしょに叶えていく。小さい頃やりたかったミニ四駆レースも、近所の子どもたちに絵を教えてみたいも、きっとイベントにすると人が集まって、たのしい。そんな場所、イベントスペース『緑と星』を、京都御所のすぐ南側につくります。

プロジェクト本文

はじめまして。「たのしくよろしく」の山川勝弘・稲本すずと申します。
学生時代、たくさんの仲間や大人の方たちの応援のもと、「好きでつながるコミュニティメディア」というコンセプトで「学生ヨル会議」というイベント活動をしてきた私たちが、みんなの”好き”が集まる場所、イベントスペース「緑と星」を2017年4月16日(日)にオープンします。

Facebook イベントスペース「緑と星」
instagram @midori_to_hoshi
twitter @midoritohoshi

学生時代にイベントレポートや個人のインタビューをしてくれた、ライター倉本祐美加さんにあらためて、思いを聴いていただきました。 

京都にできるイベントスペース「緑と星」 想いをカタチにする案内人のふたりへインタビュー
http://mott-izm.hatenablog.com/entry/midoritohoshi

★「tanoyoro=たのしくよろしく」自己紹介

※以下インタビューより抜粋/編集

やまかわ:
僕は、大学卒業後、京都で桝形学習教室という塾を開業しました。「国語、算数、理社、プログラミング」を掲げていて、まだまだ習い事としてハードルの高いプログラミングを、他の教科と同じくらい気軽に学んでもらえる機会を作ればという思いを持っています。(※塾開業に至ったきっかけ:京都わかもん会議さんのインタビュー

すず:

私は、大学卒業後、東京の展示会・イベントの主催会社で働いていました。主には、子育てファミリーをターゲットにした「ママキッズフェスタ」というイベントの参加企業や来場してくれるファミリーを集めるお仕事でした。2016年11月に退職して京都に戻ってきて、今は株式会社ワンピースという、レディースのお洋服を楽天ショップなどの通販で販売している企業で働いています。(※退職から現在までの話はこちら

やまかわ
それぞれ本業をしながら「緑と星」を運営していきます。すでに人手不足なので手伝ってくれる方募集中です!(笑)「たのしくよろしく」は、5月に法人化する予定です。一緒にやっていく人に「たのしくよろしく」って言いたいんですよね。「会社名にしたら、毎回言えるやん!」って思いまして(笑)略して、「たのよろ tanoyoro」です。

すず:
学生時代にイベントをしていたときは、「たのしく」だけだったんです。いっしょに取り組む仲間に対価が払えるわけでもなかったので。これからは仕事ができるようになるので、「よろしく」を付けました(笑)

やまかわ:
Well begun is half done. はじめたらなんとかなるよ
ほぼ日手帳から拝借させてもらった、このキャッチコピーが全てです。

 

イラストは、服のブランドを立ち上げて活動している大学生SETOWAKIくんに、印刷は、有限会社修美社の山下さんに「たのしくよろしく」させていただきました。

★「緑と星」のはじまり

やまかわ:
2月はじめのある日に、Twitterでこの物件を見つけてしまったんです。目の前が京都御所という最高の立地で、部屋の大きな窓からは、御所の緑が見える最高のロケーションに、「これは、借りないとすぐに誰かに取られる」って思って(笑)次の日には物件の外観を見に行って大家さんにコンタクトを取り、翌日に内覧させていただいて契約書を書きに行きました。
▶️GoogleMAPで地図を確認する

すず:
イベントスペースをやりたいと思って物件を探していたわけではなく、物件を決めたのが先でした(笑)

やまかわ:
すずちゃんが京都に帰ってきたので、「一緒におもしろいことができそうだ!」とは思っていて。でもその時点では何をするか決めていなかったので、内覧の帰りにビジネスモデルを考えました。

すず:
二人ともイベントをずっとやってきたのと、このスペースが本当に素敵すぎるので、この場所をひとり占め、ふたり占めするのはもったいないなあ、たくさんの人に来てもらいたいなあという思いもあって、イベントスペースにしようということはすぐに決まりました。

やまかわ:
場所の名前は、部屋からは緑が見えるし屋上からは星が見えるんだから、そこから取って「緑と星」っていいな!と思って決めました。

やまかわ:
ロゴは、「スターバックス リザーブ®」のロゴを見てひらめいたんです。「上が屋上の星で、下がスペースから見える緑を表すことができる!」って思って。決めるまで、ほんの数秒でした(笑)

すず:
私たちは、そこまでこだわりがないんですよ。直感でいいなと思ったものに決めて、あとからそれを愛していくことの方が重要なんです。

やまかわ:
そうそう。飽きたり、もっといいなと思うものが出てきたら、そのときまた変えたらいいんだよね。

すず:
「緑と星」という名前には、実はもうひとつ由来があります。
「”星”の数ほどあるアイデアを形にして、”緑”が見えるこの場所で一緒に夢を叶えましょう」っていうのが(笑)

やまかわ
夢を叶えるっていうと大層なことに聞こるけど、そうじゃなくて、「『緑と星』に来れば、夢とかやりたいことをライトに、簡単に、叶えられるんだ」って思ってもらえるような場所になればいいなと思っています。

 ★「緑と星」をどんな場所にしたいか

やまかわ:
僕らはイベントの回し方のノウハウを持っているし、イベントづくりのお手伝いをするのが好きなので、力になれたらと思ってるんです。

すず:
イベントの会場探しって、結構大変
です。条件を全部満たせるところが、なかなか見つからなかったり、いいスペースは費用が高かったり。イベントをしようとしている人は、誰かを喜ばせたいとか何かを発信したいという思いで企画や準備をします。会場探しが上手くいかないと、その気持ちを邪魔してしまうなって思っていたんです。だから、私たちが相談に乗って、アイデア出しを手伝ったりできればなと。スペースを借りたい人に、一番寄り添える場所にしたいんですよね。「緑と星」より他でやった方が要望を叶えられそうなら、そっちを紹介します

やまかわ:
イベントしたいんですけど...と問い合わせいただければ、相談にのります!

すず:
イベントはもちろん、定期的に教室や講座もやってもらえたらと思っています。たとえば、ヨガ教室の先生から「緑と星」でやってみたいとお話をもらっています。これから教室をはじめようと準備中なんですが、私たちが広報など協力しますよ、とお伝えすると「挑戦してみたい!」と。小学校も近くにあるので、親子で楽しめるヨガ教室にしていく予定です。週に何回かの教室のために物件を借りるのは大変という方にも使ってもらえればと思っています。

やまかわ:
平日は毎週固定で借りる方で埋まるかなと思います。土日はイベントに使ってもらいたいですね。20〜25人は収容できるので。

すず:
展示にも使ってほしいです。毎日いろんな人が出入りする空間なので、雰囲気にそこまでこだわりがなければ、自然と多くの人に見てもらえると思います。

★内装について

やまかわ:
大学生でありながら工務店業をしている大木脩くんに手伝ってもらって進めています。本当にがらんとした何も無い部屋なので、エアコンも床も自分たちで準備します。壁塗りはみんなでやろう!と3月25日(土)にきほん教室『漆喰塗りのきほん』というイベントを企画しているので、ぜひご参加ください!



すず:
床については、ひょんなことから、アメリカのポートランドから取り寄せることになりました。

やまかわ:
昨年に旅行で訪れたアメリカのポートランドの空港に敷かれているカーペット(PDXcarpet)が、すごく可愛いかったんです。instagramにもたくさん載せられてたりするくらい。床に木材を敷こうかとかいろいろ考えたんですけど、何か特徴を作りたいと思って、ポートランドから取り寄せることにしました(笑)


photo by Adam Dachis

すず:
他は、机と椅子、プロジェクター、手洗いシンクくらいしか考えていなくて、要望も大歓迎です!「いいソファ置いてほしい」とか、「照明これどう?」とか、思いついたアイデアをどんどん提案してほしいです。


《「緑と星」の今》

 

★「緑と星」を何のためにするのか

やまかわ:
「やりたいことがある人に向けて、場所のメリットを発信しているだけ」では、イベントスペースはうまく回らないと思っています。やりたいことがあって、まして、やりたいことのために場所を探す人って、すっごく限られた数の人たちだけだと思うんです。

すず:
日替わり店長のお店を運営していたときに、お客さんとおしゃべりしていると、やりたいことや興味があることがぽろっとこぼれる瞬間があったんです。そういった経験から、どんな人も、こんなことやってみたい、こんなのがあったらいいなというアイデアを潜在的に、それこそ「星」の数ほど持っているんだって思っています。だから、やりたいことを一緒に見つけるところからお手伝いしていきたいです。

やまかわ:
学生時代に今までやってきたことを全部回収してるんですよ。いろいろやっていたのに、就職でそれが途切れてしまうことって多いじゃないですか。それはある程度は仕方のないことだけど、もったいないなと思ってたんです。これからいっしょに仕事ができると思うと、幸せです。

ふたり:
はじめましての方も、一度会えば「たのしくよろしく」しますので、お気軽にご連絡ください(笑)

★「緑と星」のつかいかた

① 平日固定利用  週1回×4週 20,000円/月
(13時〜16時/16時〜19時/19時〜22時)
※隔週は20%UP(例えば週1回利用なら: 1万×1.2=1.2万/月)
※週2以上利用は全体20%DOWN(例えば週2回利用なら: 4万×0.8=3.2万/月)
※初回特典:申込後2ヶ月以内に広報イベントを「たのしくよろしく」が本気で企画・実施します
→集客やビジネスモデルのご相談も承ります
→場所をただ貸すのではなく一緒に協力してつくっていくイメージです

②土日祝イベント利用 1回3時間 初回:12,000円 2回目以降:8,000円
(12時〜15時/15時半〜18時半/19時〜22時)
※連続利用の場合は総額より1,000円×追加コマ数 割引
※初回特典:webサイトへの記事掲載/企画広報戦略1時間
→チラシ制作などその他ご相談は別途承ります

③壁面展示 10,000円 / 1週間
写真や絵などの展示に、ギャラリーとしてお使いください
※オープンキャンペーン:4月16日〜7月15日まではfree

④ディスプレイ販売 売上の30%支払い/1週間〜
アート作品や小物、文具などの販売にお使いください
 
⑤収納BOX 2,000円/個
平日利用の方や、継続的にイベントをしていただける方にオススメ
荷物を保管できるBOXを利用すると毎回搬入する手間が省けます
※サイズ:W330×D380×H256mm 
※BOXに収納出来ないものを置かれたい方はご相談ください

⑥レンタチャリ 1,000円/日
緑号と星号の2台、レンタルできるチャリをご用意します
県外から来られる方はもちろんチャリのない実家通いの学生もどうぞ
イベント時に買い忘れがあったときにも便利です

★ビジネスモデル

 《左側:with イベンター/パートナー》
①「緑と星」で「イベント」を一緒に企画する
②パートナーと相談をして「新しい商品・サービス」(GOODS)を共同開発する
⇒イベントで「緑と星」を使ってくれた人とも商品・サービスを共同開発をしていくパートナーとしての関係づくりを目指す

《右側:with 参加者/消費者》
①「緑と星」で様々な「イベント」を楽しむ
②参加者からアイデアを募る
 ⇒「イベントのアイデアや使ってみたい利用してみたい商品やサービスのアイデアを提供してもらえる関係づくりを目指す 

星の数ほどあるアイデアを形にしていき、多くの人に楽しんでもらう。 アイデアを投稿してもらったらカタチになるかも?いろんな人と「たのしくよろしく」することで、事業が広がるビジネスモデルです。

 

★場所の魅力

京都の中心、京都御所の南側、丸太町通りに面しており、窓から御所の緑が見えます。

▶️GoogleMAPで地図を確認する

京都駅から地下鉄で10分の丸太町駅から徒歩4分、裁判所の少し西にあり、「緑と星」から5分ほど歩けば、これからの季節ピクニックがたのしい鴨川へ。




大家さんのご好意で、屋上も使っていただけるので、御所を見下ろしたり、京都三大祭りの「時代祭」では、特等席で写真撮影ができるかもしれません。

京都市内からはもちろん、府外からも来やすく、ついでに観光もできる素敵な場所に「緑と星」はあるのです。「日本全国各地域の魅力を『緑と星』から発信する」なんていうイベントもできたらなあと思っています。

★「緑と星」で叶えたいアイデア

「緑と星」をしようと決めてから、まわりの人たちに「どんなことをしたいか」を聞きました。この他にも「ミニ四駆大会」や「日本一オシャレな漫画喫茶」など面白いアイデアがたくさん!
ぜひ、あなたのアイデアも教えてください。みんなで、叶えましょう。

 

★なぜクラウドファンディングをするのか

クラウドファンディングに対して、これまでは「自分がやりたいことに対して寄付してもらうもの」というイメージを持っていました。先日、CAMPFIREで「新しいカタチの本屋・ちいさな絵本屋を全国で出店したい!」というプロジェクトを見かけ、募集をしている秋葉さんが「平日の仕事で得たお金を投入すれば簡単に解決します。でも、ちいさな絵本屋のことを『面白い』と思ってくれた人たちを巻き込んで一緒に盛り上げていけたらもっと楽しいし、クラウドファンディングで全国の人にアプローチして、各地のイベントに呼んでもらえたら、まさに願ったり叶ったり。これを使わない手はありません。」(引用元:https://camp-fire.jp/projects/view/18993 )と発信されていて。
「緑と星」が目指していることにもぴったりあてはまるしくみだと気付いて、使ってみることにしました。支援してくれた方は、自分事として「緑と星」の使い方を真剣に考えてくれるだろうし、遊びに来てくれると思うんです。さらに、これから私たちが「たのしくよろしく」させていただく方がクラウドファンディングをやってみたいと思ったときに、この経験を伝えられたらとも思っています。

★ご支援いただいたお金の使いみち

「緑と星」をつくっていく上で必要な、下記の用途に使わせていただきます。

敷金礼金等諸経費:35万円
内装工事費(工務店委託):40万円
内装備品費(机・椅子・照明・キッチン): 20万円
PDXカーペット費(輸入費を含む):15万円

合計:110万円

上記は、必要最低限の準備費です。多くの方の「こんなことやってみたい」を叶えるのに必要なものは、随時購入を検討していこうと思っています。

ぜひ、アイデアと合わせて、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

★「たのしくよろしく」なリターン

「緑と星」を始めるにあたって、「たのしくよろしく」させていただいたパートナーとCAMPFIREでも何かいっしょにできないかを考え、あたらしいリターンのかたち「たのしくよろしく」なリターンを考えました。

「たのしくよろしく」なリターンは、その金額の約2/3を「たのしくよろしく」させていただいたパートナーにお渡しいたします。「緑と星」も、いっしょにつくってくださるかたも、ダブルで応援できちゃう仕組みです。

①「たのしくよろしく」名刺に素敵なイラストを描いてくださった「SETOWAKI」さんのイラスト
②「緑と星」内装を担当してくださる「L-lab 大木脩」さんの出張DIY 
③CAMPFIREのインタビューをしてくださった「ライター:倉本祐美加」さんのPR記事 

今回は、この3つです。
今後、増えていくかもしれませんのでご期待ください(笑)

 

ここまで、長々と読んでいただき、ありがとうございます。
4月16日(日)には、みなさんをご招待してレセプションパーティを企画しています!
ぜひ、お誘いあわせのうえ「緑と星」に遊びにきてください!!!


★これまでの「たのしくよろしく」

2017年2月27日 インタビュー
with ライター:倉本祐美加さん

2017年3月4日 内装うちあわせ 
with L-lab:大木脩さん 

2017年3月6日 たのしくよろしくイラスト納品
with SETOWAKIさん

 

2017年3月13日 たのしくよろしく名刺納品 
with 修美社 山下昌毅さん

★これからの「たのしくよろしく」

coming soon!

 
どうぞ、たのしくよろしくお願いいたします。

2017年3月22日 山川勝弘・稲本すず

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください