【PIECES PROJECT】高校を辞めた子たちの、次の一歩を応援したい!

キャンプファイヤー 寄付型のバッヂ
集まった支援総額
¥132,000
パトロン数
27人
募集終了まで残り
終了

現在110%/ 目標金額120,000円

このプロジェクトは、2017/03/29に募集を開始し、27人の支援により132,000円の資金を集め、2017/04/29 23:59に募集を終了しました

学校に行けてない、学校を辞めたい、、、そんな状況になっている子どもたちと一緒に悩みながらも、再挑戦へのキッカケになるようなサポートをしていきます。

※このプロジェクトは、NPO法人PIECESの「子どもをひとりぼっちにしない」プロジェクトの一環として、PIECESが育成している子ども支援者コミュニティユースワーカー(※1)が行うものです。



こんにちは、NPO法人PIECESでコミュニティユースワーカーとして活動している仲若由帆です。

高校中退したり、学校に行けていないという子たちの背景には、家庭でも学校でも「ひとりぼっち」であることが多いです。非行や不登校など様々な背景を抱えています。
どんな背景であっても、高校を辞めようとしている子、辞めた子は自分の未来を考える岐路に立たされていると思います。その時、彼らの選択肢には何があるのかを一緒に考えるような関わりをしたい。その一つとして、高卒認定(※2)の勉強ができる環境を整えたい!!と思っています。

 
沖縄県石垣島出身

◆「高校を卒業したほうがいいけど辛い」という葛藤のなかで感じたこと

自分自身、高校入学してすぐに病気を発症して、学校に通えなかった時期が長くありました。線維筋痛症という、全身で痛みが動き回る、突然激痛に襲われて動けなくなる、常に怠さや発熱との戦い、だけど症状のほとんどは見た目ではわからないという病気です。


周囲はもちろん、医者の中でも認知度が低く、家族でさえ理解するのが難しい。病気と理解されにくいしんどさを抱えながら、学校に通い続けなければならないという状況のなかで、

「もう学校なんて辞めてしまいたい、でも高校を辞めたら人生が終わってしまう。」という葛藤を続けていました。こうした葛藤を抱えながらも辞めなかったのは、2つのことが思い留まらせていたと感じています。


1つは、学校を中退することや学校へ行かないことに対しての社会の目が厳しいこと。2つめは、高校中退した後の社会での居場所がほとんどないというリスクの高さ。学校に行けなくなった時から感じていた生きづらさが、中退することでらさなる追い討ちをかけるんだなーと思うと辞めるという決断はできなかったです。


高校卒業後は、大学に進学しました。自分がずっと学びたかったことが学べる環境を手に入れたワクワクや、自分のペースで授業を組んで学びを続けられる環境こそ、私が求めていたものでした。途中、大学2年を終えて病気の悪化で中退し、通信制大学へ編入しました。だけど、その選択肢が私の未来を繋いでくれ、今年ようやく大学を卒業します。


大学を辞める時に止められたり、本当に大丈夫なの?と心配していた人も周りには、多くいました。しかし、中退して編入するという選択肢を肯定してくれる人が少しでもいてくれたこと、どんな背景や事情があっても学び続けられる環境があることが本当に心強く感じます。


頑張って学校に通うことや卒業することだけが全てじゃないし、絶対に正しいことでもない。学校へ通うことをサポートすることは、とても大事です。でもそれと同じぐらい、中退後や学校へ行けてない状況に置かれてる子どもたちの隣で、一緒に未来を考える時間や人がいることも大事だと私は思います。

 

 

この進路選択のタイミングで丁寧に関わると、大きな転機にもなります。

ずっと諦めていたこと、頑張りたくてもなかなか頑張れなかったこと、高校中退という出来事をきっかけに将来のことに向き合う時間を作っていくことができます。そうしたことに向き合うためには、一緒に悩んでくれる存在が必要です。


もっと多くの子達にこうした機会を届けたい、という思いで活動を行っています。

 

◆東京都内で年間3,000人を超える中途退学者

東京都内では年間3,000人を超える中途退学者(平成23年)がいるといいます。その背景には、たくさんの葛藤があります。


たとえば、PIECESでは、17歳で子どもを妊娠し、高校中退することになった女の子との出会いがありました。高校入学後に子どもができ、中退することになりましたが、親の援助も受けられず、彼氏にも逃げられてしまいました。そのような環境のなかで彼女は、「生まれた子だけは守りたい、自分でしっかりお金を稼いで子どもを育てたい」「高卒認定をとって、専門学校に行って資格を取りたい。」という思いを私たちに伝えてくれました。

子どもがいるので、朝5時から仕事、その後家事などし、子どもが昼寝している間に勉強。そんな生活がずっと続き、体調が優れない時期もありました。試験前は毎日のように勉強。そんな追い込みもあって、試験には無事合格しました。

一人一人、高卒認定をとる背景は違うとは思いますが、高校中退を機会と捉えて、その後の人生、学び直し、進路、就職を一緒に考えていくパートナーとして私たちは活動をしていきたいと考えています。

 

◆高卒認定(※2)勉強会概要

毎週火曜日14時〜17時
会場:NPO法人PIECESオフィス(文京区小石川2-5-7佐佐木ビルB棟4階ハーフハーフ)
内容:高卒認定8教科の勉強、受験指導、進路・就職相談

<費用>
交通費:1,000円×3人×4回=12,000円/月(4ヶ月48,000円)
教材費:1冊1,800円×約16冊(1教科2冊)=28,800円
印刷費:1回1,000×4回=4,000円の/月(4ヶ月16,000円)
宣伝広告費(チラシ):25,000円
=合計:117,800円

◆リターン 

3,000円
・お礼メール
・活動報告メール

5,000円
・お礼メール
・活動報告メール
・運営メンバーとの交流会へご招待

10,000円お礼
・お礼メール
・活動報告メール
・運営メンバーとの交流会へご招待

30,000円お礼
・お礼メール
・活動報告メール
・運営メンバーとの交流会へご招待
・合格お祝い会へご招待

 

◆NPO法人PIECESについて

PIECESは、貧困や虐待などの課題を抱える子どもや家庭の支援を行う。医療・福祉などの専門知と実践知を蓄積し、行政や企業向けのコンサルティング・研修等も行う。子ども支援と研修などの人づくりから、多様な子どもたちを包摂していく社会づくりを目的に活動を行っている。主な事業の一つとして、貧困や虐待といった背景を抱える子ども達の日常に寄り添うコミュニティユースワーカーを育成、運営している。コミュニティユースワーカーは、様々な研修や教育プログラムを受け、本プロジェクト以外にも子ども達のニーズや興味関心に合わせて、一人一人に合った支援を作っている。

団体名  : NPO法人 PIECES
代表者  : 代表理事 小澤いぶき
所在地  : 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-18 ビラ・モデルナA203
設立   : 2016年6月22日
活動内容 : 課題を抱える子ども・ご家庭への包摂的支援活動
URL   : http://www.pieces.tokyo


◆税制優遇について
NPO法人PIECESは「NPO法人」として認定されていますが、このクラウドファンディングを支援することで、支援者が税制優遇を受けることはありません。

※1 コミュニティユースワーカーとは
コミュニティユースワーカーは、虐待をうけていたり、障害があったり、貧困などの様々な事情を抱える家族に育ったり、不登校などの児童・生徒や、若年妊娠・高校中退などの生活の危機にある若者を継続的に支援する人を指します。NPO法人PIECESが独自で名付けた支援者の名前です。コミュニティユースワーカーは、勉強を教えること、ご飯を一緒に食べることだけでなく、ただ一緒に居ることや、様々な支援機関や市民と連携し、その子に必要なものを見極め、地域で必要な支援をかたち作っていきます。

※2高卒認定
高卒認定とは、高等学校卒業認定試験のことです。高校を卒業できなかった人が受ける試験で、合格すると短大、大学、専門学校の受験資格が得られます。また、高卒と同等以上の学力があると認められます。
参考:http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/