若者と政治の架け橋になるために、大学院に通いたい。

集まった支援総額
¥1,432,901
パトロン数
134人
募集終了まで残り
終了

現在179%/ 目標金額800,000円

このプロジェクトは、2017/03/16に募集を開始し、134人の支援により1,432,901円の資金を集め、2017/04/25 23:59に募集を終了しました

私の夢を応援して下さい!お笑い界の池上彰になりたいと志し、お嬢様芸人としてデビューしました。お笑いの優勝賞金で大学院に進学。ですが、貯金が底をつきました。大学院の学びを活かし「笑える!政治教育ショー」を作り全国を駆け回っております。若者と政治をつなぐ架け橋になります!だから、大学院で勉強させて下さい

***ストレッチゴールについて***

【プロジェクト達成の御礼とご報告】

おかげさまで、大学院に通い続けることができます。
学費が払えなくなり、クラウドファンディングをしたところ
75名の方から84万9,568円ご支援いただき、
3月27日にプロジェクトを達成いたしました。
ご支援いただいた皆さま、心より御礼申し上げます。
大切に勉強させていただきます。

4/25がクラウドファンディングの最終日となります。
秋学期も同様に学費が80万円かかります。
なので、160万円達成できましたら、
秋学期も気兼ねなく研究に勤しむことができます。

ここからご支援いただいた分は、
秋学期の学費として大切に使わせていただきますので
引き続きご支援、ご拡散お願いします。

▼ご挨拶

お笑い界の池上彰になる。
そう決意してから、8年の月日が流れました。

「政治をもっと身近にしたい!」と考え、
皆さまから、たくさんのご支援をいただきました。

そのおかげで、出張授業「笑える!政治教育ショー」を
全国3千人に届けました。

お笑いを通して、社会問題を発信するという夢に
着実に近づいております。

ですが、貯金が底をつきました。

「芸人になるために払う金はない!」
親にも勘当されてしまいました。

この1年間、お笑いの優勝賞金でなんとか、学費を払い、
お笑いのお仕事を頑張り、なんとかぎりぎり生活をしてきました。

ー奨学金の壁にぶち当たる

奨学金にも応募しましたが、
お笑い芸人という特殊なお仕事ゆえ、
思うようにいきませんでした。

奨学金制度の厳しい壁にぶち当たりました。
ようやく取得した奨学金も年間で10万円。
慶應大学の院の年間の学費142万円のわずか14分の1でした。
とてもありがたかったですが、これでは厳しかったです。

がむしゃらに働きつづけましたが、
7月の選挙は、一番忙しく、睡眠時間が1時間をきりました。

それでも、ふらふらになりながらも、全国の学校をかけめぐり、
政治の授業をしながら、大学院に通いました。

慶應と東大に通いながら、会社を設立し、芸人の活動をしております。

「自分に甘えてる!深夜にバイトしろ!」という人もいるかもしれません。
ですが、深夜まで打ち合わせや執筆、レポート作成
などする中バイトする時間もとれずにいます。

その上、バイトで、学業をおろそかにしては、
本末転倒になってしまいます。

大学の学部生の時は、お笑いのお仕事をやりながら
学業に勤しみました。

中学社会科、高校地歴・公民の教員免許を取得しました。

修士課程では司書教師、専修免許を取得し、より
「笑える!政治教育ショー」の内容に磨きをかけたいと考えております。

日本の奨学金制度は、限界があります。
夢を追って、研究にやる気がある人を応援するような支援が必要です。
ならば、クラウドファンディングだと思い、やらせていただきました。

若者と政治をつなぐ架け橋となりたい。
だから、大学院で勉強させてください。

▼資金の使い道

慶應義塾大学院の費用をご支援いただきたく思います。
下記が半年の授業料です。

大学院学費
・在籍基本料 60,000 円
・前期授業料 675,000 円
         計 73万5千円

目標金額の使用内訳
・慶應義塾大学院 前期学費 735,000円
・CAMPFIRE手数料ほか諸費 65,000円
              計80万円

4月28日が学費の納入期限となっております。
そのため、4月26日(水)を募集終了日とさせていただきます。
資金が集まらなかった場合は、慶應か東大、どちらか休学を検討しております。
秋学期の分は、会社の収益を半年の間であげていきたいと思います。

▼これまでの活動
ーきっかけは、ゴミまみれの富士山。

 お笑いを通して社会問題を発信したい。
そう思った原点は、小学生の時にあります。
アルピニストの野口健さんの富士山の環境学校に小学校4年生の時に参加いたしました。
憧れの富士山の麓に、なんとバスが不法投棄されているのをみました。
注射器などの医療器具が捨てられているのをみました。
 ごめんね・・・
そう思った私は、この現状を知ってもらいなんとか皆で解決できないか考えるようになりました。

ーお笑いとの出会いと家族の猛反対。

テレビはNHKのニュース番組しか見ない家庭環境で育ちました。
中学2年生の時、太田光・中沢新一『憲法9条を世界遺産に』(集英社新書)を読み、
「この面白い学者はどなた?」と興味を抱いて爆笑問題の太田さまを初めて知り、カルチャーショックを受けました。
お笑い芸人になれば政治を楽しく伝えられると確信し、両親の反対を押し切って芸人デビューを果たしました。

ー18歳選挙権の限界。

昨年、18歳選挙権が導入されました。
「若者と政治」について盛んに議論され、
「これで、政治の面白い教材ができる!」と安心しておりました。

 ところが・・・

そんなものは誕生せず、
だったら、「芸人の私が作る!」と思い、
1週間で会社を設立する本を書い、1週間後に株式会社 笑下村塾を設立しました。

 「笑える!政治教育ショー」のコンテンツを開発。
2016年5月、「『笑える!政治教育』を全国の高校で行いたい」
をテーマにクラウドファンディングを行い、157人から135万円の出資金を集めました。
その後、全国の小学校・中学校・高校・大学を駆け回り、半年間で3000人に出張授業を届けました。
 現場の先生はじめ、より多くの人に政治教育を届けたいと

『政治の絵本〜現役東大生のお笑い芸人が偏差値44の高校の投票率を84%にした授業〜』を執筆。

全ページにイラストとカラーを入れるためにクラウドファンディングを実施し、
95名から112万円の支援を受け、出版にいたりました。 

https://www.amazon.co.jp/dp/433546035X

▼最後に

私は本気です。

大学の取得単位も、通常の1.5倍取得、

「無理だ」と言われた教員免許も3教科取得しました。

さらに、お笑いの活動も本気です。
大学2年生の時、日本テレビのワラチャン!で優勝しました。
月に20回ライブに出て、大会の前は人前で60回ネタをやりました。

この教育力とお笑い力をもった私だからこそ、
実現できます。

私はねちっこいです。
なにがあっても諦めない、粘り強さが私の身上です。
絶対、若者と政治をつなぐ架け橋となります。

だから、みなさま私に支援してください。