【御挨拶】

初めまして、町田club FLAVAを運営している吉村と申します。
この度は当プロジェクトをご覧になって頂き誠にありがとうございます。
是非最後までご覧頂ければ幸いです!

 【プロジェクト立上げ経緯】

このプロジェクトを立ち上げるにあたり、本当にとても悩みました。

他力本願だと、危機管理していない方が悪い等きっと様々な意見を頂く事になる事。
本来であれば両手を広げて笑顔で出迎え、何の心配も無く楽しんでもらえる場所であり続ける事こそが存在意義であるはずのお店、その苦しい内情を曝け出してしまう事への抵抗感。

しかし、今回の新型コロナウィルスなんかに負けたくない!
そんな物はお店が無くなる事に比べればほんの小さな問題だと決心し、このプロジェクトを立ち上げさせていただきました。

【club FLAVAとは】

club FLAVA(以下当店)は東京都町田市にてライブハウスとして1995年創業。
2020年現在においてクラブ、ライブハウスとして25年間、四半世紀に渡り地域一帯のアーティストのための発信の場、そして全国よりお越しくださるお客様による遊びの場として営業を続けてきました。


現在各ミュージックシーンにおいて第一人者としての立場を確率されている方々の中にも初めてのパフォーマンスは当店だった。
当店での少数観客の状態でのLIVE経験を繰り返し、現場慣れをし力をつけ、現在はメジャーや全国区のアーティストへと旅立っていかれたと言う方々も沢山おられるでしょう。
店主三代に渡り受け継いで来た当店はもちろん山あり谷あり、時には楽しく時には苦しく、衝突や和解を繰り返して25年間なんとか踏ん張りつつ営業をさせて頂いておりました。

しかし前述した様に、昨今の新型コロナウィルスの影響を受け、自粛と言う名の営業中止をせざるを得ない状況となってしまいました、、、そのため現在はもとより数か月先の見通しも立たない状態に、、、

潤沢で回してきた強豪店ではありません。なんの支援も助成も無く、ひと月やふた月も営業出来ないとなればすぐにでも吹き飛んでしまうくらいの小さなお店です。

正直に言います。町田FLAVAはもはや存続の危機を迎えております。 そこで是非皆様のお力をお借りしたく当プロジェクトを立ち上げさせて頂いた次第です。

 【プロジェクトにおいての目的】

 目的はたった一言です。 

〝皆の遊び場であるFLAVAを存続させる〟

 これに尽きます。
現在、町田市ではクラブ形態を通常営業とした店舗は当店のみとなっており、地域の遊び場の根を絶やさないようにする事も当店の存在意義だと感じています。

【企画内容】 

今回の皆様からのご協力で得られた資金を元に、新型コロナウィルスの影響が緩和されるまでの当面の店舗持続に必要な資金として1円の無駄なく活用させていただきます。 

そして、晴れて営業再開が成された時点でプロジェクトにご協力頂いた方々はもちろん、地域活性化を促せるよう町田市を中心として幅広くアーティストをオファーし、当店主導のイベント計画を始動させていただきます。 

目標は全国区のアーティストへのオファーかつ入場無料及び酒類無料のイベントです。
全ての目標を実行出来るかはご協力頂けた資金の額によるところが大きいですが、出来る限り実現したいと思っています。
そして、コロナ収束を皆さんで祝えるようなイベントにしたいと考えております。

是非お力添えをお願いします!

【資金運用項目】

 皆様よりご協力頂いた資金の使途目的は主に以下となります。 

1. FLAVAの家賃、その他運営持続に不可欠な用途に対する支払い。

2. イベント開催時のアーティストへの報酬及びスタッフへの賃金及び提供飲料等の購入費用。

3. CAMPFIRE決済手数料、協力者様へのリターンにかかる送料などの費用。

4. 余剰資金が出た場合は当店と同じように新型コロナウィルスにより壊滅的打撃を受けた店舗、業者様への資金提供等の助力として使わせていただきます。

※該当店舗、業者は当店に関係する事業のみならず、必要と判断される個人もしくは団体を責任を持って選定し、提供させて頂きます。

【リターンについて】

リターンにつきましては営業再開後、ご来場時に活用出来るフリーパス等、前売り的なシステムを元に計画しています。是非リターン詳細も御覧ください。

またご支援をしていただく際に、どのリターンも「上乗せ支援」をすることができます。
ご都合許す場合は、リターンの額に上乗せして、ご支援頂けますと大変嬉しいです。

【割引券の受取りについて】 
支援時に御希望の受取り方法をプルダウンメニューよりお選びください 。
店頭受け取りの際は受付にて支援完了の分かる画像等を御提示下さい。

【お名前のご記名について】
当店SNSでの返礼投稿と、店内に掲示予定の支援感謝ポスターに
それぞれご記名を希望される方は備考欄にご希望の氏名をお書きください。
記名を希望されない方は「記名不要」とご記入ください。

【実施スケジュール及び開催条件】

支援受付開始:2020年4月3日 (金) 

支援受付締切:2020年4月29日 (水) 23:59:59

プロジェクトイベントにつきましては本プロジェクトの第一目的がclub FLAVAの存続であるため、期間不明の自粛が終わり、無事営業再開した後、開催に対し充分な支援金が残存、確保出来ていると言う条件が前提となります。

開催時期につきましては新型コロナウィルス感染被害がおおよそ収束したと政府からの発表があると仮定し、それを基に週末イベント等の営業再開後、迅速に計画を進め、2020年9月〜年内開催を目標としています。

新型コロナウィルスの動向がまったく読めない現時点では明確に開催の有無、開催時期を提示できない事をお許しください。

尚、ご協力頂いた皆さまへのリターンはイベントの開催の可否に関係無く必ずお届け致します。


【応援メッセージのご紹介】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ウチらの中では密かに部室と呼ばれている町田FLAVA。部室が無くなったら部員はどうする?みんなよろしくお願いします!

【大竹 重寿(cro-magnon )】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
町田Flava

自分は、町田が地元じゃないしFlavaをホームにしている人間でもない。
何度も仕事をさせてもらっている現場だが音楽的共通点を除けば同じ小田急線沿いという事だけ。
しかし、ここでのメッセージを頼まれ承諾した。

何故か?

それは、見ていればどれだけ地元や近隣エリアの人にFlavaが信頼され心地の良い場所になってるかが一目瞭然で伝わってくる。
そして、自分が世話になる時も同じ感覚を得られるからだ。

25年続けるという事は、どんな事でも簡単なはずが無い。Flavaというお店だけで成し得られる事でもない。
多くのFlavaにやって来る人達の信頼、その一言につきると思う。

町田では、何軒かクラブがあったが今では、無くなってしまっている。
Flavaもそれと同じにしたくない。
その理由は、集まる人達の笑顔や言葉を見て聞いて話していれば良くわかる。
多くの人達の協力が必要です。

皆さんの力でFlavaをこれからも皆の憩いの場にしてもらえないでしょうか?
是非ともよろしくお願いします。

【DJ OASIS the Funk P】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


初めて行ったのは15歳の時。

自転車に乗って同級生3人でドキドキしながらドアを開けたのを覚えてる。

ソファーにいた怖いお兄さんにいきなり酒を買いに行かされたりなんなんだここはと困惑しながら帰路についた。

楽しみ方なんてわからなかったけど少し自分が大人になった様な気がして謎に高揚してた。

数年後には自分もラップを始め、FLAVAでメンバーと共に何度もパーティーを主催した。

当時はシステムが酷すぎてマイクを持ったら感電し、PAもいないので卓をいじったら感電し、パーティー中に停電して真っ暗になったり。。

ハプニングだらけで、こんなんで箱代とってふざけんなよって言いながらもみんなで試行錯誤してた。

よく続けていたと思う。

ただ騒ぐ事が目的だったから50人しかいないパーティーでテキーラ10本以上開けて出演者が全員潰れてたり怪我してたりってこともあった。。

遊びに行ったりライブした回数の分、楽しみや悔しさをFLAVAで感じ、そこでリンクした友人も数えきれない。

そんな町田唯一の老舗クラブがピンチらしい。

そもそも潤ってなんていなそうだからそりゃピンチに決まってる。

思いが強い分、みんなそれぞれ感じてる事はあると思うけど
なくなってしまえばケイジくんに文句言うことも出来なくなるぞ。

それは困るので今はみんなで出来ることからサポートしていきましょう。

FLAVAは当たり前にあそこに存在してもらわないと困るし、これ以上町田のクラブがなくなっちゃうのはみんな嫌でしょ。

【SMOKIN' ACE (SMOKIN' IN THE BOYS ROOM / KLOVAL RECORDS / THISONE)】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『町田の遊び場』

FLAVAってなんだろうって考えた時に、思い浮かんだ言葉。

当たり前だと思う人もいるかもしれないけど、当たり前じゃないんです。

俗にナイトクラブと呼ばれるような、クラブは2〜3年前まで町田駅周辺に3軒ほどあった。
週末になればそのクラブ間を多少距離はあるけど行き来できたり、横浜や東京、その他遠方からも夜遊び目当てに遊びにくるお客さんもいたぐらい。

だったのに、今気づけば町田のクラブはこのFLAVAのみ(※ライブハウスやBARは他にもある)
もう待ったなしの状況です。
僕達からしても。

10あるうちの1あれば、また10にすることは出来るかもしれないけど、0になっちゃうと1にするのがとても難しい。
例え場所が出来たとしても、シーンを作り直すのは根気と時間が必要になります。

僕も昔から町田にいる人間ではありませんが、この街も人も、仲間も、このシーンも大好きです。
同じ気持ちの人、または一度でも遊びに来てくれて、好きになってくれた人もいるはずです。

あの時、サポートして良かったなと思ってもらえるように僕らも頑張るので、少しでも結構です。
今このしんどい時にあなたの力を貸していただけませんか?
一緒に「町田の遊び場」を守りましょう。

FLAVAレギュラーダンスホールレゲエパーティ
TAMASIDE VIBES SATURDAY  メインオーガナイザー-

【YASS fr POWERPLAYERZ】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

皆、町田FLAVAを知ってる。

DJ,MCなどと話していて話の流れで
町田FLAVAの話をすると皆、知ってる。

「ステージの上にアメ車があるハコでしょ!」

その通り。インパクト大。

「アイツも一緒に出てたわ〜」的な話で
ひと盛り上がり。ちなみにこれ先週あった話。

小箱ってキャリアのスタート地点だったり
出会いの場所だったりするし
スキモノ同士が好き勝手やったりするから
熱量が集まりパワースポットになる。

町田FLAVAは住宅街の中にずっとあるけど
トイレが一個しかないパワースポット。

これからもずっとあって欲しい。
町田FLAVAを知ってる人は力を貸してください。

"あの"ステージの上にアメ車があるハコです。

【MC NONKEY】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

SIMI LABで主催しているイベント“GRINGO”でずっと今もお世話になっているFLAVAはSIMI LABにとって無くてはならない場所で、もはやここがホームみたいな感じ。僕の地元の相模原も以前は3軒ぐらいあったクラブも今は0。町田のクラブも今はFLAVAだけが生き残っている。ホームなくなるのはそりゃしんどい!
今回だけでも、できるならこの先も、FLAVAをサポートしてくれたらありがたいです。
---DJ ZAI---

地元に根付いた場所というのは面白い。FLAVAも町田という街に25年、根付いた場所の一つである。
ここではアーティストの人達も遊びに来ているお客さん達と同じように素の姿で遊んでいる。
そういう風になれる場所というのは貴重なのではないだろうか。

そんなFLAVAは町田に残る唯一のクラブとなりました。

私自身もここでたくさんの出会いがあり、たくさんの思い出があります。
一生に残るような思い出ばかりです。
このままなくなってしまうのはあまりにも悲しい。
こんな時代だからこそ残さなくちゃいけない場所だと強く思います。是非みなさんのサポートをお願い致します!
---MA1LL---

FLAVAは本当にたくさんの人との出会いをくれて、SIMILABが本気で遊べる場所です。

地元町田の唯一のクラブ。

決して大きな箱ではないですが、FLAVAならではの空気感やお客さんの温かさは唯一無二です。
一度遊びに来た人はこのクラブの持つ魅力が分かるはずです。
まだ来たことがない人にも絶対に味わってほしい。
そのためには支えて存続させていかなければなりません。

いつ終わるかわからないコロナウイルスの猛威。
この先、世界恐慌に突入することはほぼ確実です。
そんな中においても、自分の身を削ってでもこのクラブを守ろうとした人達がいる。

収束した暁には、皆で乾杯して「そんなこともあったな」って笑って話せるようにしましょう。
ご協力をお願い致します。
---USOWA---

私事ではありますが初めてマイク握ったり、GRINGOを続けて来たり色々な思い出が沢山ある場所が無くなるのはとても悲しい事なので、是非お力になっていただければと思います。
またFLAVAで楽SIMIたい!!
---OMSB---

私はFLAVAで彼氏が出来ました!
たくさんの愛やドラマがあそこで始まっています!
これからもたくさんの奇跡を生み続けて欲しい場所なんでなくならないでほしいです!
落ち着いたらたくさんの人に遊びきて欲しいです!
Save the FLAVA.
---MARIA---

いつも、FLAVAにはお世話になってます!
はじめてFLAVAに行ったのは、昔よく遊びに連れていってくれたダンスの上手い先輩が、イベントをやるので誘ってくれた時です!!
17か18歳の時が初めてかな!
今32歳なので、長い付き合いです!
酔っ払ったり、踊ったり、ナンパしたりケンカしたり、DJしたり歌ったり、思い出が沢山詰まってます!
そういう思い出が一杯ある人って僕だけじゃないと思うんです!
だから、そんな皆んなの為にも、何より僕自身の為にも、是非協力して頂きたいと思います!
なんとか、この大変な時を乗り越えられた暁には、また皆んなでガンガン楽しく遊びたいと思います!!!
---JUMA---

SIMI LABでイベントをやってる場所でもありめちゃくちゃ遊ばせてもらってる所です。
ここにいけば基本かなり酔っ払ってしまうんですが、それ故に仲良くなった人もいっぱいいます。
フレイバにはちゃんとこのクラブの良さがあって、ここがあるのが当たり前だったのでフレイバがないのは考えたことないです。
現状厳しい状況みたいなので自分ももちろんですが皆んなのサポートが必要です、よろしくお願いします!
---Hi'Spec---

“単なる遊び場ではない、憩の場”
ここでしか得られない経験、そしてここでしか味わえない“flavor”が我らのホーム。
何も気にせずに自由にいられる場が無くなったら他はない。ステージ場に飾られてる車が独特な演出をしててクールだ。いい音、いいバイブスを感じることができる場所でもある。こんないいクラブを無くす訳にいかない。
---RIKKI---

【SIMILAB&Friend】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

町田の音楽シーンを地下から何世代にも渡って文字通り支え続けてきた、昨今では貴重な芯のあるカルチャーの根付いたFLAVA。

駅からも遠く、決して立地がいいわけではないがそれでも何人ものサポーターやアーティストが足を運ぶには理由がある。昔から個性豊かなアーティストが育つ街、町田を代表するFLAVAを失くしたくない。その気持ちはあのお店を知る人なら少しは感じることだろう。

今は足を運ばなくなった方も、自分のように出演するたんびにテキーラを飲み交わすみんなも、サポートしてくれてるお客さんも、みんな少しずつできる限りの力でいいからFLAVAのために使ってみませんか?

無事に継続できた時にはどなたでも楽しんでもらえるよう、全力を尽くします。

【DJ K.DA.B】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
俺が初めて人前でLIVEやった場所、FLAVA。俺が初めてヤッた場所、古城。
横浜のハズレの街、DRMの最寄駅はODQの湘南台。

“感謝とハードと笑いと涙”を教えてくれた町田が俺を作りあげてくれて現在まで生きています。
必ずやまたあのステージでライブぶっかます!!

【サイプレス上野】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


町田FLAVA
ここ最近DJで呼んでくれる最高な場所。
こないだもPLAY前に店長ケイジが俺が出来る事はこんぐらいだからと言いながらお酒を持ってきてくれて、反面教師的経験でDJをやる前は飲むのはやめとこうと思い首を傾げるも、結局ケイジの屈託のない笑顔に負け飲んでしまい、本番前にはいつも良い塩梅になってしまう。
その後テキーラ10杯くらいで仕上がる。若い時からクラブやライブハウスに慣れ親しみ、自分自身を構成してきた身としては、FLAVAはDJの内容以外にも、上のような経験からも人として成長させてくれる大事な場所の一つと思う。
それは結果負けず嫌いが祟って後になって良いヴァイブスに繋がるのだからね。音楽だけではない、コミュニケーションや佇まい、全てが経験出来る大事な学びの場所なんですよ。
一般的に見ればただの酒飲み会話か(笑)
今、一つ一つの思い出が凄く染みてきた。
1杯飲みたいね。これからもがっつり笑顔で宜しく!

【ロベルト吉野】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

マイクを持つ者、音を奏でる者、その空間に足を運んでくれた者、その全てのプレイヤーたちとリンク出来た町田FLAVAがコロナウィルスの影響により存続の危機。
クラブとかライブハウスなんて無くても一緒だろ?音楽は綺麗で大きいホールで楽しむわ!って人、たぶんいるだろう。けど、俺たちはどんなにイメージが悪かろうが、なに言われようがクラブやライブハウスは今の自分が出来た、今の自分が育った愛すべき場所。
どんなアーティストにも原点がある。ルーツがある。
その物語をプレイバックすれば俺が言いたいことも少しはわかってくれるはず。つまり何が言いたいかって、今度は表現者、視聴者問わず俺らが救う時なんじゃないかなと思うわけで。

少なからず自分も今までお世話になってきた分、微々たる金額ですが自分もバックアップさせていただきました!
いわゆるクラウドファンディング、わからねーって人もFLAVAのけーじくんやアーティストの想いを読んで協力してもらえれば嬉しいです!
【MC 遼西】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自分達の音楽活動をいつも支え続けてくれているFLAVA。
週末のパーティーはもちろん、平日のラウンジやライブリハーサルまでいつもお世話になりっぱなしです。
自分にとってFLAVAは初めての詰まった場所で、初めて夜のClubに遊びに行ったのも、初めてステージに上がったのも、もちろんFLAVAでした。

かけがえのない仲間との出会いや思い出が詰まったFLAVA。

そのFLAVAがもしも、このまま営業ができず閉店になってしまったら?

前にも失いたくない場所を失ってきました。その時は本当に悔しかったのに何もできずにいました。

でも今回はそうはさせたくない!

こんな時にと思う方もいるかもしれませんが、この異常な事態が収束した時、また笑顔で健康に仲間達と会える場所を1つでも多く残しておきたい気持ちで、自分はFLAVAを応援したいと思います!

がんばれ!FLAVA!!!

---KNGO aka. DjCromartie---

初めてLiveしたのがFLAVAでした。
多分初めて1人でクラブに行ったのもFLAVAでした。
遊び方を覚えた場所。

色んな仲間と繋がった場所。

カッコいいパフォーマンスを見た場所。

フラッと行けば誰かがいる場所。

そして何よりケイジくんがいる場所。

当たり前に無ければダメな場所が人間誰しもあると思います。
そんな場所を失くさない為に少しでも力になれば良いと思い応援致します。

この事態が収束した時、またここでみんなと乾杯出来る事を願って。

---トシロ---
【theSOUTH EAST】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


自分が20代から何かと縁のある町田。
週3でレッスンをしていた事もあり、多い時には毎日ぐらい行っていた、自分にとって想い入れの深い場所。
そんな町田にあるクラブFLAVA。

ショーも何度もやらせてもらったし、ガチのダンスバトルをした場所でもある。そんな自分にとっての東京でのダンスライフにとても重要だった場所が、このコロナ騒ぎで無くなろうとしている...個人的にでもあるし、町田にとっても、日本のストリートカルチャーにとっても、今後存続してほしい場所の一つには間違いない場所...
関わった事のある人もそうでない人も、是非ともFLAVAの存続に力を貸してほしいです!

【MAA from Rockwilder / PROPS】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


町田と言えばFLAVA。

ダンス活動を始めた20年前も今も変わらず、町田のヘッズやラガマフィン達に音楽活動の場所をくれるFLAVA。

私達努(おんなまたぢから)の関東での初のショーケースはここFLAVAでした。

今回のコロナウイルスは今だかつてない危機。でも大切な場所は自分達で守りたい
FLAVAの再開を願い応援させて頂きます!!

努(おんなまたぢから)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

FLAVAの車!あれを最初見た皆ぶち上がる。

SIMILABやTHISONEのイベントでも皆いつも楽しそうなのは

あの地元に根付いた隠れ家的な雰囲気がそうさせているんだと思う。

そういえば初めて町田いった時のレコ屋、名前忘れてしまったな。。。

見たことないミドルスクールのレコードがいっぱいあったような。夢だろうか。

町田にはそういうずっとミステリアスな印象がある。 そんな地下室から生まれるであろう未来を盛り上げるミュータント達のためにも皆サポートよろしくです!

【PUNPEE】

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【最後に】

25年間もの間、本当に様々な人達が泣いて、笑って、歌い踊り、自分達を表現し続けてきた空間です。そして、それをさらに沢山のお客様達が見守ってきた場所です。

今回の新型コロナの影響を考えた時、どうするべきか本当に悩みました。

あくまで自粛要請、、、閉めるべきか開けるべきか。

閉めれば店が保たない。
開ければ感染する、させてしまう可能性が飛躍的に高まる、、、それはイコール誰かの命を失う結果を招くかもしれない。
考えて考えて考え抜いた上でFLAVAは茨の道を行く事を決めました。

しかし、ウィルスなんかに潰させたくない!

もっともっと可能性を秘めたアーティスト達が活躍できるステージであり続けたい!

もちろん、存続させるためには私自身も食べていかなくてはいけません。それも隠しようのない本心です。
ただ、それよりも受け継いで10年余り、心血を注いできたFLAVAと言う箱が無くなってしまうと言う想像をするだけで足先よりジワジワとミンチにされていくような悲痛な感覚に襲われています。

皆様のお力に頼らざるを得ない現状を作ってしまった至らなさを痛感しつつ、それでも恥を忍んででもお力添えをお願いし、なんとしてでもFLAVAを存続させたいです!

皆さん、どうかご支援をよろしくお願い致します!

【プロジェクト方式について】

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、リターンをお届けします。

  • 2020/04/24 21:54

    こんばんわ!まだまだ新型コロナウィルスの猛威が止まらない中、皆様方もそれぞれに大変な環境に身を置かれていると存じます。改めて、その中においてもこれまでご支援頂いた方々にお礼申し上げます。今回の活動報告は当店で毎月第三月曜日に欠かさず開催されているMonday Lounge【CHILL NIGH...

  • 2020/04/21 18:45

    MCバトルや自身のクルー〝JUSTAWAY〟で活躍中のラッパー手裏剣さんから応援コメントとSave The Flavaを意識して作ってくれたと言う曲のMVが届きました!是非皆さんにもご覧になって頂ければ嬉しいです!手裏剣さんありがとうございます!【コメント】相模南部の僕が遊ぶところと言えば町田...

  • 2020/04/16 13:40

    皆様のご支援のお陰で目標に対して50%を突破する事ができました!ご支援頂けた方々、拡散にご助力頂けた方々、本当にありがとうございます。お陰様で目標金額への過程50%を達成する事ができました!プロジェクト立ち上げ前、いや、今現在も、同様に苦しい状況の中に立たされている皆様にこのような形で支援を求...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください