はじめに・ご挨拶

今回の企画を立ち上げた、振付師・演出家をしている新井健太です。

新型コロナウィルスが猛威を振るう中、エンターテイメント業界もその煽りを受けております。

その中でもダンス業界は、さまざまなイベントの開催中止・延期が決定し、ダンススタジオもほぼ休業状態。

先の見えないこの流れの中で、ただ耐え忍ぶ時間を余儀なくされています。

ダンスインストラクターとしての仕事もほぼ全て無くなってしまい、普段レッスンを受けて下さっていた方達も踊る場所を無くしてしまいました。

そんな状況でもエンターテイメントの火は消えません。

ダンスを踊りたい人はインスタライブやZOOMなどのオンラインレッスンを見て、ご自宅で踊るという風潮になってきています。

どんな状況になろうと活路を見出し、新しい形を生み出すのが人間だと思います。


このプロジェクトで実現したいこと

このプロジェクトでは、企画に賛同して下さった講師のみなさんが特設インスタグラムアカウントにてレッスンを無料でご提供致します。

特設インスタグラムアカウント

ただ、無料という善意に甘えるだけの企画ではなく、こんな時だからこそ講師の皆さんに仕事として成り立つ企画にしたいと思い、今回クラウドファンディングを立ち上げました。

このクラウドファンディングで実現したいことは、「講師の皆様に払う謝礼を集める」です。


プロジェクトをやろうと思った理由

今回の新型コロナウィルスによって、たくさんのダンスインストラクターがレッスンという仕事を出来なくなりました。

しかしオンラインという手法を使って様々な形でレッスンが始まっています。

みんなが活路を見出す為に試行錯誤しています。

その1つの形として、クラウドファンディングを絡めたオンラインレッスンという形を提案したく、

プロジェクトを実施しました。


【今回ご担当頂く講師の皆さまをご紹介致します】

これまでの活動

こういったオンラインでの活動は今回が初めてです。

至らないところもあるかもしれませんが、試行錯誤して取り組んでいくつもりです。


資金の使い道

ご支援頂いた資金は今回のプロジェクトを立ち上げるのに掛かった経費を除いて、

全額プロジェクトに関わって頂いた講師の皆様に謝礼としてお支払いすることに使用します。


リターンについて

リターンは3種類ご用意致します。

①主宰の新井がお礼のメールをお送り致します。

※こちらはただただ支援をしたいと思ってくださる方向けになります。

②レッスン動画をお送りします。

ご希望の講師1名のレッスン動画(60分)を編集無しでお送り致します。

③インスタグラムにアップする企画動画をお送りします。

最後に皆さんが踊っている動画を編集したものをお送り致します。

こちらはインスタグラムに後日UPするものと同じものになります。

※②と③の動画はメールにて大容量データ送信サービスのURLをお送り致します。

ダウンロードは各自となりますので、その点ご了承下さい。


実施スケジュール

今回の「IE JAZZ DANCE PROJECT」のレッスン期間は4/14(火)〜4/19(日)までの6日間です。

1日2〜3本のレッスンを行い、その全てを無料で公開致します。

4/20(月)以降に今回のレッスン動画を編集したものをインスタグラムの特設アカウントにアップ致します。

クラウドファンディングは4/29(水)まで行います。


最後に

今回のプロジェクトはエンターテイメント業界に生きるダンサーたちが新型コロナウィルス騒動の中で出来る1つの手段です。

みんなが色んな方法を考えています。

これから画期的な方法が産まれるかもしれません。

でも、この企画に賛同してくれた講師の方達は口を揃えてこう言いました。

「今回の企画でレッスンをすることで、誰か一人でも楽しんでくれる人がいるなら協力します。」

エンターテイメントというのは本来ハッピーなものです。

心から楽しむ為にあるものです。

この企画で誰かひとりでも、自宅で過ごす環境の中で笑顔になってくれる人がいるのなら、

この企画に関わった全員が、やってよかったと心から思えると思います。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

ご支援の程、何卒宜しくお願い致します。

  • 2020/05/04 14:29

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/04/20 02:31

    本日IE JAZZ DANCE PROJECTの全てのレッスンが終了致しました。受講してくださった皆様改めてありがとうございました。この企画を通して、たくさんの方がおうちで過ごす時間を楽しい時間にして下さったこと、本当に開催してよかったと思います。クラウドファンディングのリターンに、「ご希望の...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください