はじめに・ご挨拶

はじめまして。サウンドスタジオ・オトキチ店長の藤島と申します。
今回の新型コロナウィルス感染拡大により、4月2日から時短営業、そして4月11日からは営業自粛をさせて頂いております。私達を含めて多くの方々が想像もしなかった状況にある今、支援をお願いするのは・・・と悩みました。ですが、この先も皆様とお会いするために。これからも一生懸命に仕事をして皆様に喜んで貰えるように、このプロジェクトを立ち上げさせて頂きました。

大変心苦しい事でありますが、どうか皆様のご支援をお願い申し上げます。


これまでの経緯

今回の新型コロナウィルスの感染拡大により、3月中旬以降ジリジリと予約のキャンセルが目立ってきました。そして新規予約は激減・・。週末が書き入れ時の音楽スタジオ業ですが、3月25日(水)に発表された東京都による週末外出自粛要請を受け翌土日の予約の多くがキャンセル。結局、日曜日は臨時休業をするに至りました。

4月に入ってからは時間短縮営業を行いながら細々と営業を継続して来ましたが、予約はほぼゼロ。この先どうなってしまうのかと大きな不安に駆られました。さらに、私達の事業のもう一本の大きな柱であるイベント音響業務も3月以降の仕事が全てキャンセルとなり、重要な収入源を失いました。

マスクを着用し、店内の消毒も知れば「ここまでやっているのか」と言って頂けるほどやりました。お客様にも多くの励ましを頂きました。ですが、お客様に愛されてきたスタジオオトキチが感染の現場となってしまうのではないか・・、スタッフ達の健康は・・と毎日心落ち着かず営業して参りました。

そして、緊急事態宣言の発表と東京都の休業自粛要請を受け、5月6日までの営業自粛を決定しました。今は売上ゼロの毎日です。4月の売上は前年同月比で実に8割以上マイナスとなりました。 この先も店を継続して行けるのか・・え?廃業?。そんな今まで考えもしなかった現実を突きつけられる事になりました。



オトキチはどんなスタジオなのか

その1)お客様に最高の環境を。それに愚直に取り組む音楽スタジオです。

サウンドスタジオオトキチは東京江戸川区平井に2007年7月に開業しました。東京の下町にあっても、メンテナンスの行き届いた機材と突き抜けた清潔感、しっかりと丁寧親切な接客応対でお客様にお選び頂くこだわり音楽スタジオとして本日まで頑張ってまいりました。

「機材も店内も全てがキッチリ&清潔が当たり前」そんな私達スタッフのモチベーションの源は、「いつもホントに綺麗だね!」「音が良くて演りやすいよ!」と喜んで下さるお客様の声と笑顔です。ホームページの画像はここ1年以内の店内を撮った物ですが、開業12年を超えて今のコンディションを保っていられるのは、皆さまのそうした声があっての物です。お客様に喜んで頂き、それを自分の喜びにする。当たり前の事ですが、それを突き抜けた本気で愚直に取り組む。それがサウンドスタジオ・オトキチです。

サウンドスタジオ・オトキチHP

常に機材を磨いています。全ては、気持ち良く使って頂くために。


その2)音楽スタジオとしての社会貢献に取り組んで来ました。

街・社会の一員として、地域貢献・社会貢献を心掛けて来ました。音楽を通じての地域貢献の一つとして「平井まちかど音楽祭」を企画開催。カフェやバー・ライブバー・カット店・とんかつ店・陶器ギャラリー・鰻店など10数店とタッグを組み各店舗様でライブを行います。毎回大変な盛り上がりで新聞等の各メディアにも取り上げて頂ています。今年の5月6日には第4回として27組のアーティストによる32公演を予定していましたが、やはり感染拡大防止のために中止の判断となりました。来年の春に無事開催出来、街に音楽と人が溢れる事を願っています。

また、平井のお店さんに対し、ライブに必要な音響楽器を無償でレンタルする「平井LIVEサポート」を3年前程から開始。お店やアーティストさんにとって平井がライブイベントのし易い街となるように、簡易PAや電子ピアノ等を完全無料でレンタルしています。

平井LIVEサポートHOME PAGE 

第3回まちかど音楽祭の様子

「Tometto」さんのステージ。陶器専門店・ギャラリー麻百々さんにて。


その3)地域の高校生の健全な音楽活動を応援しています。

毎年春には近隣の高校の軽音部を訪問し、無料楽器セミナーを開催。楽器を始めたばかりの高校生たちに音楽・バンドの楽しさを広めています。セミナーはいつも30人以上の生徒さんが集まって大賑わい。オトキチのスタッフが機材の特徴や演奏法の基礎を楽しく解説します。楽器を始めてすぐにしっかりとした音を聴く事で、目標を高く持つきっかけになればと思っています。

また、顧問の先生や生徒さんの要望に合わせて、機材の取り扱いやPAの基本などのセミナーも随時開催。料金を抑えた文化祭ライブの音響業務も含めて地域の高校さんとの繋がりを大切にしています。こうした地道な活動を10年以上も継続しています。 

毎年春には4~5校を回っています。

さらに、練習の成果の発表の場として高校生ライブイベント「OK GIG Second」を開催。秋葉原「CLUB GOODMAN」に於いて毎回200名以上の来場を誇る大変盛り上がるライブイベントです。高校生さん達には「ギグ」の愛称で親しまれ、今年3月に開催予定だったVol.7では3日間連続開催で実に36バンドが熱演する予定でした。ライブは現在「延期」としており、一日も早く開催したい気持ちです。高校生さん達もそれを心から待ち望んでくれています。

OK GIG Second ライブ当日の模様


このプロジェクトで実現したいこと

音楽を愛し音楽を志す方々に、このサウンドスタジオオトキチと言うスペースを提供し続けて行きたいです。これまで通りしっかりとした仕事を通じ、皆様に少しでも快適な環境で音楽を楽しんで頂きたいです。都心部に比較して音楽を楽しむスペースが少ない東東京。この東東京の音楽の火を一つでも消す訳には行きません。そして、スタジオオトキチがあって良かったと皆様に思って頂ける活動を続けて行きたいと心から願っています。


資金の使い道

現在休業中につき売上はゼロです。それでもスタッフは生活して行かなければなりません。スタッフの給与及び営業を再開し売上が回復するまでの事業継続資金として、大切に大切に使わせて頂きます。(家賃等の固定費及び各種費用、人件費他)


リターンについて

↑ご支援者ボードのイメージ画(詳細は異なります)。

◆3,000円
・お礼のメッセージ。

◆5,000円
・お礼のメッセージ。
・オトキチスタジオチケット1,000円分。
(スタジオご利用時に1000円分の割引券としてご利用頂けます)

◆10,000円
・お礼のメッセージ。
・ご支援者ボードへの記載。
・バンド練習チケット1時間分。
(バンド練習ご利用時に1時間分の割引券としてご利用頂けます)

◆30,000円
・お礼のメッセージ。
・ご支援者ボードへの記載。
・バンド練習チケット3時間分。
(バンド練習ご利用時に3時間分の割引券としてご利用頂けます)

◆50,000円
・お礼のメッセージ。
・ご支援者ボードへの記載。
・音響・楽器レンタルチケット(5万円分)
(当店ホームページ記載の「音響・楽器レンタルサービス」を5万円分ご利用頂けます。配送・オペレートにもご利用可能です。サービス・料金の詳細はホームページをご覧下さい。)

◆100,000円
・お礼のメッセージ。
・ご支援者ボードへの記載。
・音響・楽器レンタルチケット(10万円分)
(当店ホームページ記載の「音響・楽器レンタルサービス」を10万円分ご利用頂けます。配送・オペレートにもご利用可能です。サービス・料金の詳細はホームページをご覧下さい。)


※各チケットは発送費用節約の為、ご利用頂くまで当店で保管させて頂きます。ご来店の際にお申し付け下さい。
※備考欄にご支援者ボード記載希望の名前をご記入下さい。バンド名やハンドルネームでも結構です。記載を希望されない方は「記載不要」とご記入下さい。
※各チケットが不要の方は備考欄に「チケット不要」とご記入下さい。
※各チケットのご利用期限は2020年5月~2021年6月とさせて頂きます。


最後に

最後までお読み頂き有難うございました。まだまだお伝えしたい事は沢山ありますが、私達サウンドスタジオ・オトキチが取り組んできた事、そして私達に引き続きそれをやらせて頂きたい思いを精一杯、気持ちを込めて書かせて頂きました。今は営業自粛中ですが、再開に向けて今だから出来る事に取り組んでいます。

私達の事ばかりを書き連ねさせて頂きましたが、皆様のご健康と抱えてらっしゃる問題が一日も早く解決する事を願って止みません。そして感染が収束し、皆様とスタジオオトキチでお会い出来ますように。


*本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/05/16 16:03

    みなさんこんにちは。サウンドスタジオオトキチの浜野です。この度は「SAVE the OTOKITI」スタジオオトキチ存続支援にご協力・ご支援を頂き誠に有難うございました。お陰様で目標を過達し終了する事が出来ました。ご支援の総額は2,397,569円にもなりました。本当に有難うございます。 この...

  • 2020/05/10 16:03

    皆さんこんにちは。サウンドスタジオオトキチの浜野です。 本日、「SAVE the OTOKITI」のクラウドファンディングが目標100%に到達致しました。皆様のお心遣いとご支援に心から感謝申し上げます。  多くの方々が厳しく不安な状況の中で身勝手なお願いをしたにも関わらず、これほどまでのご支援...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください