はじめに・ご挨拶

『生きてて良かった。この人生最高だった』をVISIONに掲げた株式会社STYLEの池本誠知です。

私の人生を懸けて取り組んだ格闘技の世界で学んだことで、世界中の人々の健康に貢献したいという

想いで、これまでさまざまな活動を行ってきました。

僕の夢のはじまりは、14歳の時。。。

深夜にたまたまつけたTV画面のプロレスに魅了され、痩せ型体型の自分に周りは反対をする中、翌日からプロレスラーを目指しトレーニングをはじめました。

23才でプロになった自分は、練習の空き時間を生活をするためにアルバイト。

ただ、練習の空き時間で得れる収入は少なく、生活は厳しくて、30才こえても実家暮らし、借金もありました。

そんな生活してたけど、格闘家としては、順調にステージ上がっていきました。

現状はクレジットカード3枚満額の返済を抱え、借金まみれで、32才の時に生活していくために町道場(現総合格闘技スタジオSTYLE)を仲間のサポートのもとスタートしました。

当時の自分は、ジム経営と選手二足のわらじ状態。

35歳の時、チャンピオンになった日に自分の価値観に気づきました。

ベルトを巻いても大きな喜びを感じない自分が居ました。そんな時に周りの応援者からたくさんの激励を頂いた時に涙が止まりませんでした。

チャンピオンになったのは、自分のためではなく周りの人を喜ばすためだったんだという価値観に気がついた瞬間でした。


現役中は、強くなることが第一優先なので、今みたいに経営の勉強もあまりしてませんでした。だからたくさん失敗しました。

37歳の時、格上の長南選手と引退試合で戦い、ボコボコにされました!

有終の美を飾れず。

いつもあと一歩で、上手く行かないだからこそ、また成長出来るんだよね。

修斗、DEEP、PRIDE、DREAM、Kー1、、、たくさんのリングに上がり命掛けの戦いをさせて頂きました。後の人生の糧になっていることは、間違いありません

14年の格闘技人生に幕を閉じました。 

引退後は、選手に掛けたエネルギーがジム経営一点集中になるわけです。 

そんな時に、先輩経営者から、
「これからどんな想いで仕事をしていくの?」
と聞かれた時に、

とっさに出た言葉は、「自分と同じように困るであろう格闘家の引退後のセカンドキャリアをサポートしたいですね。」と言いました。 

でも、それは心の中では、自分を良く見せたいから言ってたのが本心でした。 

ただ、セカンドキャリアを言い続けてるうちに洗脳されたように、自分の魂が震えるようになりました。 

それが、自分の使命との出会いです。 

格闘技に命をかけて戦ってきましたが、今では格闘家のセカンドキャリアのためなら命かけるとハッキリ言えます。 

2017年、株式会社STYLEを設立しました。

スタッフは、アスリートや格闘家ばかりの会社です。

その想いで、アスリート出身のスタッフ達と一緒に、世の中の問題を自社のリソースでどう解決できるのか?そんな事を日々考えながら私達は、一日一生の気持ちで今日も働いています。

親父からむかし言われた後悔のない人生を歩んでいます。

引退してからは、格闘技を学びながら高卒資格の取得できるSTYLE高等学院も設立

教育事業にも参加させて頂いてます。

また現在は、格闘技引退後にプロレスのリングに復帰し、14歳の頃の夢を叶えました。


このプロジェクトで実現したいこと

いま、まさに自粛や制限の中、ストレスフルな社会情勢。

海外では、自宅待機によるDVの増加。溢れた負の情報、組織の人間関係、ハラスメントストレスを溜め込むとネガティブになり免疫低下になり悪循環のサイクルに陥ってしまいます。

こんなときだからこそ、積極的に物事にあたっていこうとする行動が大切だと私たちは考えています。

家庭で過ごす時間、家族と一緒に運動不足、トレスケア、コミュニケーションを繋ぐトータルサービスを考案しました。

ポジティブになるためのココロの「闘志」をあなたにキックボクシングという特別な体験の中で引き出します。

キックボクシングを通して、ココロとカラダのバランスを整えた人たちが、どんな苦境に陥ってもあきめない心「闘志」を持ち、家族にも周りの人にも優しくなれる。

そんな社会を私たちMitt Fitは目指しています。

プロジェクトをやろうと思った理由

コロナウィルスの影響で、お店は休業

重くのしかかる家賃と固定費。

会費収入の売り上げは0。

会員様のレッスンをオンラインに移行する中で、

毎日、TVから入ってくるネガティブなニュース

社会のストレスや運動不足の問題がクローズアップされるのを目にする中で、

自分達の会社が世の中にお役立ち出来ることを、自問自答する中で、

自分達が、危ないなんて小さなことを言ってられない。

こんな時こそ、社会の問題解決に自社の生命を懸けて取り組むことこそが、

僕達の信念だと、またこんな時こそ

前向きに進む姿で、後輩アスリート達に希望や夢を持てるような存在になれたらと強く想い

プロジェクト立ち上げを決意しました。

オンラインキックボクシング Mitt Fit

これまでの活動

-令和元年大阪市トップランナー育成事業に選出-

プロジェクト名は、キックボクシングで健康寿命と人の可能性を伸ばしあきらめない社会の創造

-今回の取り組みが、TVのニュースに-

新型コロナを生き残れ 元プロ格闘家の選択

新型コロナウィルスの影響でスポーツジムなどのスポーツ施設に経営存続の危機が迫っています。

セカンドキャリアを生き抜くため苦悩する一人の元プロ格闘家が選んだ選択とはー

TV大阪『優しいニュース』4月21日放送分

資金の使い道

HP作成費50万円

配信用TV映像モニター20万円

会員制動画映像制作費50万円

プレスリリース費用5万円

Vimeo、ZOOM、予約システムシステム使用料3万

人件費67万

目標金額以上集まったら、オリジナルサンドバック、グローブ、ミット、トレーニングアイテム、アプリを開発費用に使わせて頂きます。

リターンについて

今回のプロジェクトの新サービス以外に、応援Tシャツ、DVD、お店が再開した際にお得に通って頂けるチケットなどを用意させて頂きました。

実施スケジュール

-5月スケージュール-

クラウドファンディング

オンラインプログラムモニターテスト

会員制動画撮影

-6月スケジュール-

サービススタート

オンラインおうちdeキックインストラクター養成講座スタート

サンドバック、グローブ開発

アプリ開発

最後に

池本誠知を知ってる人も知らない人も、今回のチャレンジは、世の中の情勢が非常に厳しい中の実施になりました、こんな時だからこそ、前向きに生きて、人のことを考えて、自分が元気を与えて周りを照らしてあげませんか?

僕は、たくさんの人を幸せにするために、今回のプロジェクトをワクワクしながら、

この感覚は、、、そうリングで入場する時の感覚。

これから、たくさんの人に(リング上から)夢を与えるんだぁ・・・

みなさま、応援よろしくお願いします。

【店舗情報】

■kick box style 福島

大阪市福島区福島2-10-11 秋元ビル1F

■kick box style 肥後橋

大阪市西区京町堀1-9-9 オオタニビル5F

■キックボクシングパーソナルジムSTYLE天満橋

大阪市中央区谷町1-6-5 T165ビル4F

■style gym moxy 大阪本町

大阪府大阪市中央区瓦町2-2-9 2階モクシージム

https://kick-style.com

■総合格闘技スタジオSTYLE

大阪市城東区関目1-9-22

https://ikemoto-style.com

■一社団法人日本キックボクシング フィットネス協会

http://kickfit.jp

■STYLE高等学院

http://kickfit.jp/school/

【オンラインジム】

オンラインキックボクシング Mitt Fit


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



  • 2020/05/21 21:38

    今回は、『アスリートのセカンドキャリア問題』について書いてみます。自分が、格闘家のセカンドキャリアの場を作ることをビジョンにしたのか? このことを振り返ってみようと思います。 23才でプロになった自分は、週6日ジムに通ってました。格闘家としてチャンピオンを目指して、強くなるための練習を毎日欠か...

  • 2020/05/21 00:32

    いよいよ、泣いても笑っても残すとこ3日になりました。。。本当にこのクラウドファンディングのチャレンジしてる時に支援してくれた方へのご恩は忘れません。絶対にそれ以上に返しますから。さて、今日は皆さんに何を書こうかなぁと、、、いつものようにパソコンに向かい合った訳ですが、頭に浮かんできたのは、やっ...

  • 2020/05/19 23:17

    トップの写真は、23才のプロデビュー戦。当時は浪速のプリンンス(笑)クラウドファンディングの応援いただいてる皆様に少しでも、自分ができることを考えると、なかなか、皆さんが周りに居ないだろう人種。格闘家の話しをすれば少しは価値のある記事になるかなぁと思って書いてます。自分が10代の頃、格闘技をや...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください