NPO法人AlonAlonの那部智史(なべさとし)です。
私たちは知的障がいを持ったメンバーと一緒に、胡蝶蘭の栽培・販売を行っています。

昨年の台風15号の被災で、栽培していた5000株の胡蝶蘭苗が全滅いたしました。
ありがたいことに全国に支援の輪が拡がり、新たに栽培する苗の購入を行うことができました。

胡蝶蘭の開花は苗を購入してから6ヶ月「さぁこれから!」という時に、

新型コロナの影響で注文キャンセルが続いております。
5月の出荷予定は約800本、ほとんどの花が行き場を失っております。

昨年の被災で頂きましたご支援と6ヶ月間一生懸命働いたメンバーの努力を無にすることは断じてできません。


AlonAlonオーキッドガーデンは県認定の福祉施設(就労継続支援B型事業所)です。
就労継続支援B型事業所は、企業へ就職することが難しいとされている中度から重度の障がい者の方々が働いて収入を得る施設です。
そしてAlonAlonオーキッドガーデンが他の施設と大きく違うところは、メンバー全員が働いているうちに胡蝶蘭の栽培職人に成長していくことです。
そして1~2年で誰もが知っている大企業へ就職していきます。
取引先のお祝いなどで沢山のお花を使う大企業の社員となり、誇りをもって一生の仕事として胡蝶蘭を栽培するのです。

「日本の花栽培の30%を知的障がい者・精神障がい者の仕事にしたい」
これが我々の大きな目標です

そして出荷している胡蝶蘭の品質は高く評価され、大手銀行や芸能プロダクショウン、外資系企業など多くの企業様にご採用頂いていることも、働いている障がい者メンバーの誇りになっております。


「どうせ買うならストーリーのある胡蝶蘭でお祝いしたい」
そのような心ある購入者さまが増えております。
品質も値段もかわりません。
普通の胡蝶蘭は栽培農家から花市場へ送られ、町のお花屋さんが仕入れて注文に応じて届けます。
AlonAlonは購入者様から直接ご注文を頂きお届けします。
中間マージンの全てを障がい者メンバーの収入にしているため、メンバーの収入は国内トップクラスを実現しております。
また、お届けするお花も産地直送のため、どこよりも長く咲き続けます。

就労継続支援B型事業所の利用者約30万人が就職できる可能性(就労率)は僅か1%。
AlonAlonオーキッドガーデンの利用者の就労率は全国平均の50倍、1年間働いた利用者の就労率は50%です。
祝花を沢山使う大企業に就職し経済的自立を手に入れた元利用者は、一生の仕事として毎日楽しく胡蝶蘭栽培を続けております。

この世の中は「健常者」が支配しております。
「健常者」は線引きをして「障害者」をつくりました。
当然「健常者」は利益率の高い仕事を独占し、「障害者」には利益率の低い仕事をまわします。
それは「何もできない」という理不尽な理由からです。

AlonAlonは胡蝶蘭栽培を通じて「障害者」の利益がしっかり確保できる社会基盤を創ります。
何卒ご協力をお願い申し上げます。

通常なら3本立で販売する胡蝶蘭を、ご家庭で楽しめる1本立に作り直しお求めやすいお値段で販売いたします。
通常価格10,000円→特別価格5,000円  限定800本
2本立に作り直しもご用意いたしました。
通常価格20,000円→特別価格10,000円  限定400本


実行者の紹介

私は1969年2月生まれ、51歳になります。
サラリーマン家庭に生まれ有り難いことに、なにも不自由なく育ちました。
大学を卒業して、すぐに結婚して27歳の時に男の子を授かりました。

ひとり息子の慶太です。
「まだ言葉が出ないね」「お医者様に診せた方が良いんじゃない?」
周囲から勧められて診察を受けたところ「知的障がい」があることがわかりました。
そこから我が家の地獄が始まりました。
周囲から「可哀想」「かわいそう」と言われ続け鬱状態になり、行き場のない怒りや不満に耐えきれず死をも考えました。

 それを打開するために私は29歳の時に起業をいたしました。

「そうだ金持ちになろう」何という短絡的な考えだと今思いますが、その時は唯一の望みだったのです。「羨望されよう」そう思ったのです。

 起業した会社は不思議なくらい大きくなり、子会社を含めて社員が100名ほどの企業に成長いたしました。
当初の目的通り「周囲から羨望される家庭」になったのです。

沢山の贅沢もいたしました。
しかしながら「障がい者である息子」を贅沢で誤魔化していただけ
穴があいているのなら、その穴を贅沢で埋めようとして結局埋まらなかった
それに気付いたのは40歳になった頃でした。

 それまで私は「うちの息子がNG」「世間様に迷惑にならないように隠そう」そんな気持ちでいたことを白状いたします。
NPO法人AlonAlonを設立したきっかけは「息子のような子が受け入れられない世の中がNG」だと気付いたからです。

 「世の中の経済の歯車の中に知的障がい者の仕事を組み込んで永続可能な仕組みをつくりたい」
私の活動は息子の命に意味を持たせたいという気持ちから始まっていると思っております。

NPO法人AlonAlon  理事長 那部智史

https://www.alon-alon.org/flower
https://www.alon-ocd.org/
https://alonalon-atelier.com/ 

======================
クラウドファンディングページ制作
株式会社パーシヴァル 


  • 2020/05/17 11:13

    皆さまのお陰で目標金額300万円を達成しました。6月出荷を控えているにも関わらず行き場が決まっていなかった胡蝶蘭のお届先が全て決まりました。この場をお借りして御礼申し上げます。6月のフラワーロスが全て回避できました。5月14日以降にご支援のお申込みをして頂いた支援者様のリターンのお届けは7月と...

  • 2020/05/08 12:17

    今回のクラウドファウンディングがテレビ朝日スーパーJチャンネルにて紹介されました。放送内容はANNnewsCH(YouTube)にて観ることができます。こちらから視聴できますAlonAlonオーキッドガーデン一同、フラワーロスを全力で回避すべく努力しております。何卒宜しくお願い申し上げます。

  • 2020/05/04 12:03

    この世の中は「健常者」が支配しております。「健常者」は線引きをして「障害者」をつくりました。当然「健常者」は利益率の高い仕事を独占し、「障害者」には利益率の低い仕事をまわします。それは「何もできない」という理不尽な理由からです。AlonAlonは胡蝶蘭栽培を通じて「障害者」の利益がしっかり確保...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください