本プロジェクトページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

支援者の皆様におかれましては本プロジェクト終了まで何卒ご支援、ご協力賜りますよう宜しくお願い致します。

石垣島緊急支援プロジェクト発起人の上地(うえち)と申します。

JA石垣牛取扱認定店と生産農家ご協力のもと 、行き場を失った石垣島の特産物を皆様のもとへお届けし、石垣島を、農業を、そして観光業を、支援していきたい!との思いで立ち上げました。

発起人は個人ではございますが、本プロジェクトにご賛同・ご協力いただいている皆様は卸売業者様、生産農家様、その他法人を含みます。 

新型コロナの影響下で石垣島の果物農家や畜産業、観光業界が危機的状況です。

このプロジェクトで、石垣島の観光業、生産農家を支援して活気ある以前の石垣島を取り戻したい!

観光と農業、漁業が盛んな石垣島ですが、今すでに観光業・特産物生産者が瀕死の状況です。

このままいけば石垣島の経済は破綻し、全てが危機的状況に陥るのは目に見えています。

新型コロナで石垣島の全てを終わらせるわけにはいけません!

石垣島復活支援プロジェクトにぜひご協力賜りますよう宜しくお願い致します!

(現在は、一部のJA石垣牛取扱認定店・果物農家からの発送になりますが、需要のバランスに応じ順次協力していただく予定です。)

・リターン品の石垣牛は、
 JA石垣牛取扱認定店から直接発送致します。

・リターン品の果物は、
 提携先農家から直接発送致します。

石垣島は、沖縄本島から南西約410㎞、宮古島から西南西約125㎞、台湾から東約280㎞の位置にあります。 島の中部は、県内で最高峰の於茂登岳(おもとだけ、標高526m)をはじめとする山々が連なる山岳地帯になっており、それを背にする格好で、南部には平野が広がっています。湾岸、半島、岬、海浜など多様で豊かな自然環境を有し、亜熱帯気候と島嶼郡からなる特性を活かした農業、漁業、観光業を中心に経済活動が営まれています。 国指定名勝地の川平(かびら)湾や世界屈指のサンゴ礁が広がる白保など多くの観光資源を有する石垣島は、アジアのみならず太平洋地域に広く開かれた、日本列島の最南端に位置する国際交流拠点都市として栄えています。

そんな周囲162kmの八重山郡島内で飼育される黒毛和種はおよそ3万5千頭にも及びまさに大繁殖地帯であり、和牛の育成に適した条件が揃っています。この自然豊かな繁殖地で和牛のブランドである「石垣牛」は子牛の段階より年間5回は刈り取りのできる粗飼料をふんだんに与え、長期の肥育期間を愛情込めて育てられています。

 また、起状ある石垣島の土地は琉球サンゴ石灰岩でできており、サンゴの大地に一度蓄えられ流れ出るミネラルを豊富に含んだ水と、厳寒を知らない亜熱帯特有の温暖な気候が石垣島特産の南国フルーツを育みます。

愛情込めて育てた、信頼、安心、安全な生産者の真心をお届けします。


新型コロナの影響で石垣島の生産農家や観光業界が瀕死の状態です。

石垣島の観光業、農業を支援していきたいと思いこのプロジェクトを立ちあげました。

石垣島産の果物、石垣牛は2月頃から新型コロナ影響下で全体の需要が減ってきており、流通量の減少は取引価格の下落につながり、そしてそのまま生産農家さんの収入減少につながります。生産者が愛情を込めて育てた石垣島特産の果物や石垣牛が行き場を失っている状況です。

支援してくださった皆様からの石垣島復活支援金は、リターン商品の購入金(農家、畜産農家への支援)とさせていただきます。

本プロジェクトはALL-in方式で実施します。費用は特選石垣牛・石垣島産マンゴー・石垣島産パッションフルーツ購入費用と発送費用に当てられ、目標金額に満たない場合も計画を実行し、リターン品をお届けします。

  〈スケジュール〉
   5月15日〜6月20日 クラウドファンディング
        7月1日〜    発送準備
        7月1日〜    順次発送

・リターン商品の石垣牛は、JA石垣牛取扱認定店の提携先から発送します。

・リターン商品の果物は、提携先農家から発送します。


石垣島産マンゴーやパッションフルーツ、石垣牛畜産農家厳選の☆特選☆石垣牛をご用意しています。

農業の支援、畜産農家(石垣牛)を支援します。

※JA石垣牛定義

 「石垣牛」とは、八重山郡内で生産・育成された登記書及び生産履歴証明書を有し、八重山郡内で生後おおむね20ヶ月以上肥育管理された純粋の黒毛和種の、去勢及び雌牛のことをいう。2、出荷期間は、去勢で24~35ヶ月、雌で24~40ヶ月の出荷範囲以内とする。3、品質表示は、日本食肉格付協会の格付を有する枝肉

☆特選☆:歩留等級(A・B)肉質等級(5等級・4等級)

銘産:歩留等級(A・B)肉質等級(3等級・2等級)4、1~3までの条件を満たした枝肉に対し石垣牛ラベルを発行する。5、店舗販売業者においては、JAおきなわの発行する「石垣牛」ラベルで表示致します。


JA石垣牛銘柄推進委員会では、厳しい審査を受けた62店舗(2018年認定)をJA石垣牛取扱指定店をして認定し ています。

・信頼・安心・安全な石垣牛JA指定取扱店

※一頭ごとに証明書を発行しています。

※各取扱店・スーパー等で掲示されている証明書です。

※固体識別番号で牛の品種や生まれた日、生まれ育った都道府県、育てた人やと畜された施設などを調べられます。

・リターン商品(石垣牛)には全て個体識別番号証明書が添付されています。

・個体識別番号検索サービスをご利用下さい。 → (独)家畜改良センター 


※リターン商品の発送は、JA石垣牛取扱指定店が発送いたします。


最後までページをお読みいただき、誠にありがとうございます。

石垣島は今、新型コロナの影響下で危機的状況にあります。垣根を越えて石垣島の観光業者・農業生産者の助言と協力を得まして、リリースまでたどり着くことができました。

改めて「石垣島」が観光客の皆様を含め多くの方々に支えられ成り立っているのだということを再確認させられました。

観光立市である石垣市は緊急事態宣言が出て以降、新型コロナの感染者も発生し予断を許さぬ状況です。きっと大変なのはどこも同じです。

大変な今だからこそ、石垣島自慢の特産品をおうちで美味しく食べてもらい、皆様の元に届いた生産者の気持ちが、家族や大切な人との楽しい食卓を囲む時間の一助になっていただけたら幸いです。

そして何より、新型コロナが落ち着いた際には是非、石垣島に遊びに来てください。

石垣島で食べる石垣牛・特産フルーツも、また格別間違いなし!!です!

新型コロナ収束後に、石垣島が元の姿で皆様を迎え入れることができるよう応援して頂けたら幸いです。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください