プロジェクト本文

▼    はじめにご挨拶

 こんにちは、oops代表のDANです。

”oops”は世の中の反骨心から生まれたファッションブランドです。

アートは、社会へのアンチテーゼを含むものが少なくありませんが、oopsは、情報がとめどなく溢れる現在社会において、思わず立ち止まってしまうような「遊び心や社会に対する少しの皮肉を込めたデザイン」を落とし込んだブランドを目指し、2015年に設立しました。

 

 

現在は、ストリートラインとオートクチュール(オーダーメイド)の2ラインを展開し、公式Onlineショップや店頭でのPOP UPを中心に販売しています。

また、代表のDANはデザイナーとしての活動、肩書きにとらわれず、イベントなども積極的に開催し「イマのトウキョウ」を生きる「若い力」の集まる場所、新たなクリエーションが生まれる場所を創っています。

 

 

“oops”のデザインは、集まってきたクリエーターたちと、日々、新たな表現を追求していく過程で、インスピレーションを受け生まれたものも少なくありません。

また、自身がインスピレーションを受ける同世代のアーティスト、これからの日本発のクリエーションを支えていく、新進気鋭のアーティストへの衣装提供なども積極的に行っています。

 

「oops」は、「イマのトウキョウ」を生きる「若い力」から生まれた創造で、世の中に「oops!」と言わせることを目指すブランドです。

 

【実績】

・2015年VOGUE ITALIAのフォトコンテスト10月作品の月刊ピックアップ

・ヒューマンビートボックスアーティスト”Sh0h” 衣装提供 ※日本チャンピオン、世界大会ベスト16位

・シンガー”YU-A” 衣装提供

他、様々なアーティスト様へ衣装提供。

 

-oops-


・公式webサイト  http://d-oops.xyz

 ・公式Onlineショップ  http://oops.theshop.jp


・Twitter  https://mobile.twitter.com/d_oops_xyz


・Instagram  https://instagram.com/d_oops_xyz/

 

 

▼    このプロジェクトで実現したいこと

 

「アートを身につけて街にでよう!」

服をキャンバスに見立て「アート」を身につける

 

この度、oopsは既存の2ライン以外に新たなラインを設立・展開します。

 

   

新たなラインでは、『アートを持ち歩く』をテーマに、

世の中に存在する絵描きや様々なアーティストのアートを

oopsがシルエットやプリントといった手法を使い、

oopsとのコラボレーション作品として、服をキャンバスに見立て落とし込みます。

 

 

そして、新たなレーベルの立ち上げにあわせ「新レーベルをお披露目する展示会・販売会」を開催します!

 

今回の「受注会・販売会」は、一般的な「新作アイテムを一般販売に先行してご覧頂き、バイヤー様に対しては買い付け、一般のお客様に対してはいち早く新作を手に入れる」という機会の提供のみとは、少し異なります。

代表DANが、周りに集ったクリエーターとともに空間演出・コンテンツを盛り込み、ブランドコンセプトである『アートを持ち歩く』を感じて頂けるような会場づくりをしていきます。

単なる「受注会・販売会」ではなく「来るだけで感性が刺激されるアートの展示会」を目指します。

 

 
【展示会・販売会詳細】

■日時

2017年

6月9日(金) 13時00分 − 20時00分 ※プレス、関係者のみ

6月10日(土) 13時00分 − 20時00分

6月11日(日) 13時00分 − 20時00分

6月12日(月) 13時00分   −   18時30分 ※19時〜関係者アフターパーティ


■場所

@COMMUNE 246 IKI-BA

東京都港区南青山3-13

http://commune246.com


■展示会・販売会参加アーティスト一覧

・DAN (oops代表)

・TOMO¥A(絵描き)

・HITOMI(肖像画アーティスト)

・TANI(グラフィックデザイナー)

・UU" (グラフィックデザイナー)

・MAI(フォトグラファー)

・CURE EARTH(絵描き)

  

▼    プロジェクトをやろうと思った理由

今回、この企画を通して、「これまでoopsを知らなかった方々」にも当ブランド、そして新レーベルを知って頂きたく、クラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げることを決めました。 

「服が売れない、CDが売れない」などクリエーターにとって厳しい世の中ではありますが、少しでも多くのオシャレ好き・アート好きの方々にこの企画を知って頂き、ご支援を頂ければこれほど嬉しいことはありません。

 「流行の移り変わりがはやい時代」だからこそ、ひとつ一つの「モノづくり」に対し丁寧に、過程を大切に制作に取り組む姿勢を貫いていきます。

既存の「展示会・販売会」の概念をいい意味で裏切るような、来て頂く方々の感性を揺さぶるようなアートが溢れる「展示会・販売会」に致しますので、ご支援を宜しくお願い致します!

 

▼   新レーベルを立ち上げようと思った理由

「『アートを持ち歩く』をテーマとした新レーベルを始めよう!」と思い立ったのは、「服をキャンバスや表現の場と見立てることで、まだ見ぬ素晴らしいアート作品を世に少しでも出していけるのではないか」と考えたからです。

 

この新設するレーベルには、「お客様には、アーティストの表現をオシャレとして楽しんで頂きたい!」、アーティストの表現を気に入って頂いたお客様が服を着て街に出て行くことで、「アーティストの表現がより多くの方々の目に留まれば!」という想いが詰まっています。 

 

  

 

 
 

▼    資金の使い道

「新レーベル」立ち上げの制作費、「展示会・販売会」の会場費、制作費として使わせて頂きます。

  

▼リターンについて

ご用意したリータンは、この度のクラウドファンディング限定の非売品アイテムです。

今後、生産の予定も無くこのプロジェクトのみで入手できるアイテムの展開になります。

展示会・販売会関係者パスや関係者アフターパーティーのご招待、限定のTシャツ、パーカーなどのリターンをご用意しました。

オーダーメイドに関しては、オフィシャルHPのオーダーメイドの手順通りに作成させて頂きますので下記リンクをご覧くださいませ。

http://d-oops.xyz/オーダー【oops】|オートクチュール-アクセサリー.html

■リターンイメージ一覧

   

▼最後に

 ファッションとは自分を知り、自分の身の丈にあったアイテムをチョイスし、「自分らしさの表現方法」として自由に楽しむことが出来ます。

ある意味、「自分がしたいコーディネートを自由にする」というのが正解なのかもしれません。

ファッションは、誰かが決めた流行や「周囲の人が着ているから」だけが正解ではないと思います。

その日の環境、心情に合わせ、様々なアイテムを身にまとい「自分らしくいること」を楽しんでほしいのです。

「皆様一人一人が『素敵!』と感じ、思わず手に取るモノ」それらすべてが、あなたにとってのかけがえの無いアイテムとなっていくことこそ、「正解」だと私は思っています。

「新レーベル」と今回の「展示会・販売会」が、皆様にとって「本当に自分らしい服を探す」きっかけになれば幸いです。

 

 ▼プロフィール

 

 【oops代表】DAN

<デザイナー・アーティスト>



・DAN Instagram  https://www.instagram.com/officialblackdan/



ファッションブランド”oops”のデザイナー、ディレクター。
現在ファッションを軸に、クリエーションをしているアーティスト。
幼少の頃に、Black Musicに魅了され数多くのジャンルを辿り、中高生で再度、Black Musicに目覚め、
高校卒業直後に音楽での表現を始める。当時のDANにとって音楽とファッションは、「想いを表現し届ける表現方法」だった。


20歳になる頃に某デザイン会社に見出され、アパレルの道を本格的に志す。
そして、2015年にファッションブランド”oops”をスタート。
現在はイベント主催、スタイリスト、楽曲提供、アート作品の制作にも力をいれ、自らできる表現方法を十二分に発揮し
アーティスト、デザイナーとして活動している。

また、ファションブランド『REBERTAS』デザイナー、点描画を中心としたアシッドな雰囲気のアートを描くアーティスト”TOMO¥A"とクリエイティブユニット『DAT』を結成し、活動中である。

  

-oopsについて-


2015年VOGUE ITALIAでのピックアップや、ヒューマンビートボックスアーティストSh0hのスポンサーになったことがきっかけとなり、10代20代を中心に人気を誇るファッションブランド。
オーダーメイドラインでは、世界で一つの完全オーダーメイドにこだわり、ストリートラインはオンラインを中心に販売。

ラフォーレ原宿でのポップアップストアー、期間限定ショップや展示会を年数回開催している。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください