外食ができない今、ご自宅に料理人のお弁当を‼︎自宅でお店の味を味わってみませんか⁉︎外出が規制される今、私たちにできることをこのプロジェクトとして提案します!withコロナが終わった後に、また地域が活性化できるようにみなさんの応援が必要です!どうか応援のほどよろしくお願いします!

プロジェクト本文

はじめに あいさつならびに「きずな屋」を立ち上げるまで

みなさんはじめまして!

きずな屋の従業員の山崎と申します!

私は今年新卒で現在「きずな屋」を経営する飲食店に入社いたしました。12月から研修ということで住んでいた宮城県から札幌市のすすきのに乗り込み、見習い店長として働くという毎日を過ごしていました。

知り合いもいない未開の土地での不安をよそに、あたたかい人たちに歓迎され、札幌の寒さを感じさせないくらい楽しく働かせてもらっていました。右前;山崎 その他バイト子達

12月ということもあり店も町も繁盛し「これがすすきのか」と思っていました。

しかし、その繁盛もコロナの影響を受け次第に客足は途絶え、現在では町を歩っている人すらほとんどいないような状況になってしまいました。

なんとか店の経営を存続させようとバイトのシフト調整したり集客方法を見直したりとギリギリまで営業を続けていましたが、その努力虚しく休業をせざるを得なくなりました。

時間と不安だけが取り残されました。

私たちに出来ることはコロナ収束を待つしかないのかと思っていた矢先に、ある記事を発見しました。

医療従事者への弁当無償提供。

私たちの会社には無償提供できるような力はありませんが、お弁当を作り食卓にあたたかいご飯を提供することはできる!また医療従事者だけでなく在宅でちゃんとしたご飯を食べられていない人も助けたい!

収入減や経済の悪化が懸念される中、なるべく安価で美味しい弁当を届けたい。

そんな思いから「きずな屋」を立ち上げるまでに至ったのです。


きずな屋 https://meal-delivery-2836.business.site/?m=true


このプロジェクトへの想い

現在、札幌だけでなく日本、世界が不安でいっぱいの中、「自分たちに出来ることは何かないのか」と考えながら日々を過ごしていました。医療のこともよくわからないし、寄付できるような財力も持ち合わせていないのに大きなことはできないと思い、まずは身の回りにいる人たちと力を合わせて、身近な人から守っていこうと考えました。

普段飲みにきてくれているお客様、一生懸命に働いてくれているアルバイトの子たち、普段取引してくれている業者の方、在宅で苦労している近隣の方に少しでも力を分け与えられるような存在になりたいと思い、このプロジェクトを発足するに至りました。

またアルバイトの子達とも協力しどうしたら知ってもらえるかと模索しているところです。
可愛い絵を描いてくれたりSNSで宣伝したりと一致団結してこのプロジェクト成功に突き進んでいます。

もしこのプロジェクトに興味を持っていただけたら、SNSでかわいい絵を広めたり、Instagramをフォローしたりなど応援よろしくお願いします。


プロジェクトの目標

私たちは「きずな屋」を全速力で立ちあげました。よって知名度も配達範囲もまだまだ拡大させていかなければいけない状態です。また最近では、ご飯を食べるお金がなくなっているというニュースも見ました。なのでなるべく早くこのプロジェクトを進行させたいという思いもあり、設定期間を約2ヶ月とさせていただきました。

そこで私たちが目標とすることは以下の通りです。

1,このプロジェクトを通じて「きずな屋」を知ってもらう

2,お弁当を食べたお客さんを笑顔にしたい!

3,すすきのをまた元気な町に!

4,活動範囲を拡大する!

5,範囲拡大を伴い従業員の働く場所の確保したい!





なぜ資金がいるのか

ほとんどの飲食店は経営難により、休業・閉店になってしまうほど追い込まれています。

存続のために資金を募ることも検討しましたが、私たちは新しいことにチャレンジするために資金を募ることに決めました。

募っていただいた資金は、すべてこのプロジェクト遂行のために使います。

1,知名度向上のためチラシ、広告等の資金

   2円×5000枚(チラシ)=10,000円

2,範囲拡大に伴う移動手段の原付、自転車等の購入

   10,000×3台(自転車)=30,000
           50,000×3台(原付) =150,000

3,従業員に対する賃金

   1000円(時給)×6時間×4人=24,000(1日の人件費)
   24,000×30=720,000(推定)

4,その他必需品購入等

以上のことをふまえて目標金額を1,000,000円とさせていただきました。

資金は目標額に満たない場合でも、すべてこのプロジェクトのために使わせていただきます。


お礼の紹介

私たちは様々なパターンを考えリターンをご用意しました。

1,ポストカードを作成しおくります!

500円、1000円、3000円のパターンをご用意しましたので、応援してくださる方はぜひよろしくお願いします‼️


2,お弁当の引換券としてお渡しします!

お弁当2個分、30個分の引換券をご用意しました。在宅期間が長引いてますので、ぜひこの機会に検討していただければと思います!

※全てのお弁当対象にします。

(500円〜1190円のものまで全てok!)

メニューはこちらから

https://meal-delivery-2836.business.site/?m=true


3,私たちが経営する居酒屋で使える食事券をおくります!

12000円分、35000円分のお食事券をご用意いたしますので、また宴会などできるようになった時に
ぜひお食事券を持って御来店いただきたいと思います!

※お使いいただける店舗について

個室×海鮮居酒屋 蔵之庵 すすきの店  https://kuranoiori.owst.jp/
産直牡蠣しゃぶと炭焼き酒場 炭リッチ  https://warich.owst.jp/

※使える店舗は記載のある店舗のみです。


4,きずな屋でご利用いただける35000円分のお食事券をお渡しします!

きずな屋は弁当だけでなく、サイドメニューやオードブル、ドリンクなども充実させていく予定です。
お家でのパーティーや日々のお弁当配達にもご利用できますのでよろしくお願いいたします。


5,きずな屋特製のTシャツを作成しおくります!

アルバイトの子が描いてくれた絵を使い、かわいいTシャツを作成する予定です!
可愛らしいデザインで仕上がる予定ですのでぜひ着てほしいです。


※リターンについて
支援してくださった皆様に上記のようなリターンをご用意していますが、状況により店を閉めざるを得なくなった場合リターンをお渡しできない場合いがございます。
予めご了承ください。

※期限について
発行した食事券等の期限は発行してから1年ほどで期限切れと
させていただきますのでご了承ください。


最後に

今はみんなが不安の中で生活し、ストレスも徐々に溜まって息ぐるしい生活をしていると思います。

私たちにはこのぐらいのことしか思いつきませんでしたが、あたたかいご飯を提供することができます。

札幌にきずな屋を浸透させ、また小さな力でも守れるようにみなさんの力を貸してください。

拙い文章で申し訳ありませんが最後まで読んでいただきありがとうございます!

みんなでこのコロナを乗り越えていきましょう!


あとがき

思いのままに文章を綴らせていただきましたが、この状況に関してプロジェクトに対する賛否両論はあると思います。デリバリーの需要が高まりつつある、外食がなかなかできない状況をふまえ、このプロジェクトを遂行しています。

なので私たちはお客様と従業員の安全を最優先するため以下のことを約束します。

感染症の対策として従業員の手洗い、うがい、消毒の徹底

マスク着用しての配達

規則により配達ができなくなった場合、即廃止する

以上のことを約束とし、あとがきを終わらせていただきたいと思います。

意見、ご質問等の連絡は  yama51546@gmail.com  までお願いいたします!



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください