フットサルはまだまだマイナースポーツですが、トップ選手は大きな「強み」を持っています。それは、フットサル業界での知名度、拡散力、影響力です。これらの強みを活かして、トップ選手が本格的な収入を得られて、競技に没頭する時間を生み出すための仕組みを持った、画期的なスポーツブランドを起業します。

プロジェクト本文

▼はじめに

フットサルの国内トップリーグであるFリーグは、プロリーグを目指して10年前にスタートしましたが、いまだにプロリーグではありません。この現状を打破したいと思っている方は、じつはけっして少なくないのではないかと、最近感じています。そんな方々の力を結集することができれば、大きなパワーになるのではないかと思うのです。

▼このプロジェクトで実現したいこと

目指すのはFリーグのプロ化ではなく、フットサル選手個人のプロ化です。
トップ選手はそのタレント性や情報発信力、拡散力を駆使して収入を得られる仕組みを作ります。その仕組みは選手を引退しても継続できるようにします。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

フットサル界では今年、若干21歳の才能ある選手が引退を決意しました。
彼の真意は我々部外者には分かりませんが、競技フットサル選手として得られるであろう収入とモチベーションのバランスが著しくアンバランスであることは、想像に難くありません。
フットサルは本当に魅力あるスポーツで、子供たちがトップレベルのフットサルを見たり、選手になることを目指したりすることが当たり前の業界にすることは、サッカーも含めたフットボール界にとって大きな成長の糧となりえます。

しかし、そんな素晴らしいスポーツに従事する人の収入がその価値に見合ったものでないと、先細りの業界になってしまいます。

この状況を打開するには、これまでの業界の常識を打ち破る全く新しい仕組みを作ることが必要だと考えました。それが、このプロジェクトをやろうと思った理由です。

▼木村悟のこれまでの経歴

2006年-2012年 京都府フットサル連盟理事

2006年-2012年 フュンフバイン京都(関西フットサルリーグ)代表兼監督

2009年-2012年 フットサル京都府選抜監督など

▼資金の使い道

会社登記費用、商標登録費用、ECサイト制作費用、教育費用、広告宣伝費などに使います。

▼リターンについて

リターンは僕からのサンキューメールと、このブランドのオリジナル自社製品になります。

▼最後に

この起業プロジェクトを成功させることが、壮大なる夢へのスタートラインです。
是非一緒に、壮大な夢に向かって進み始めましょう!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください