コロナウィルスの影響で、4月21日に休業した“Kariya Ryokan Q ” 。赤穂市で初めて生まれた古民家旅館を守りたい!!

プロジェクト本文

はじめまして。
赤穂市の花岳寺のとなり、明治から大正期に建てられた古民家を当時の風情を残してリノベーションした旅館“Kariya Ryokan Q”を運営する井戸綾乃と申します。

私たちは赤穂で初めての古民家を改装した古民家旅館を昨年5月にオープンし自分たちで考えた手作りのおもてなしをモットーに頑張ってきました。
昨年末までは、徐々にではありますがお客様が増え今年は「何とか軌道に乗るかなぁ」、スタッフ全員で頑張ろう!と思っていた矢先に新型コロナウイルスの流行。
宿泊のキャンセルが相次ぎ、今では予約はない状態です。

全国の飲食業や宿泊業の皆さんも同じ苦境に立たされていらっしゃるのは重々承知していますが、私たちで少しでも何かできることは?

現状の苦しさを知ってもらうには?

クラウドファンディングで皆さまにご支援を呼び掛けることが、正しいのか?悩みましたが私たちのできる術はそうありません。

何卒、ご理解下さい。

私たちの街のご紹介

Kariya Ryokan Q は赤穂駅から徒歩5分、赤穂藩浅野家の菩提寺である花岳寺のとなり、石畳が風情を醸し出す町並みにあります。

赤穂城跡までも徒歩ですぐです。

(花岳寺)

(赤穂城跡)

しかし街は新型コロナウィルスの影響で観光でいらっしゃるお客様はほとんどなく、お店も閉まり、観光の名所・赤穂城跡も閉門されています。

“Kariya Ryokan Q”と私たち

Kariya Ryokan Qは元呉服屋の建物で当時の瀟洒な趣を出来る限り残し“和モダン”な佇まいです。

(Kariya Ryokan Q)

Kariya Ryokan Q  
兵庫県赤穂市加里屋1996


奉仕と“おもてなし”で最高峰を目指そう!

「奉仕とおもてなしの最高峰を目指そう」と言う私達の考えのもとに、お客様と社会への奉仕と、ご利用の全ての皆様へ最高のおもてなしを提供する事に励んで参りました。

私達は、Kariya Ryokan Qを通じて見つめてきたのは「人」であり続けました。
私達のよりどころは、この「人」に対してどう向き合っていくかだと信じています。

花岳寺周辺の地域活性化に向けて!

私達は昨年12月に関西学院大学西本ゼミの皆さんと“街リノベーション”計画をスタートさせました。Kariya Ryokan Qだけではご利用いただいたお客様に本当の満足を提供できないと考え、今後周辺の商店街の皆様の協力を得てより多くの人に愛される、活気ある街に蘇らせる計画です。

(関西学院大学・西本ゼミの皆さん)


花岳寺商店街「岩佐屋」さんとは、私たちのカフェで提供するスイーツのひとつとしてQの焼き印をいれた“ふらいまんじゅう”の提供を始めました!

4月21日に休業いたしました。

私達が今向き合っているのは「人」ではなく、この「ウイルス」です。
いつ終わるかもしれないこの戦いに私達は一丸となって取り組んでいくべき時ですが、私達が取り組んできた日々の営みは今この状況下では必要とされていません。
辛く、悔しい気持ちで一杯ですが、この状況を乗り越えた先にはいつもの日常があると信じて、今の行動を考えねばなりません。

しかし現実は、昨年古民家をリニューアルした経費などが重く圧し掛かってきます。
苦しんでいらっしゃる方々が多く居られることも重々承知しています。
わずかでも私たちにご支援いただける方がいらっしゃるならと、藁をもすがる思いでこのクラウドファンディングを立ち上げました。
「甘ったれるな」とご批判されることも覚悟でお願いいたします。


そしていつもの日常に戻ったその時には、私達にもう一度皆様に対して、潤いと安らぎを与えるKariya Ryokan Qでの一夜を提供させて下さい。

応援メッセージをいただきました!

(花岳寺 片山厚子様)
「地域への貢献をしていきたいという想いにいつも勇気をいただいております。赤穂の為、赤穂を訪れて下さる皆様を笑顔でお迎えできますよう応援いたします」

(リピーターのお客様)
「今は大変な時期ですが、収束したら美味しい食事と全てにおいて満点なお宿に泊まりに行きます!」

(リピーターのお客様)
「いつもお昼の穴子飯を美味しくいただいています。頑張ってください。営業が再開したら、また友達を連れていきます!」

(リピーターのお客様)
「また、加里屋旅館さんで美味しい食事とキレイなお部屋で楽しい旅行が出来ることを願っています。頑張ってください!」

ご支援いただいた皆様には、私どもの姉妹旅館の赤穂温泉「祥吉」、姫路市の塩田温泉「夢乃井」、「夕やけこやけ」の商品もお返しの品でお付けさせていただくことが出来ました。

(赤穂温泉 祥吉)
 〒678-0215 赤穂市御崎2-8
 TEL 0791-43-7600
 FAX 0791-42-1241
 https://www.ako-syokichi.com/




(塩田温泉 夢乃井)
 〒671-2103 姫路市夢前町前之庄187
 TEL 079-336-1000
 FAX 079-336-1027
 https://www.yumenoi.com/




(塩田温泉 夕やけこやけ)
 〒671-2103 姫路市夢前町前之庄187
 TEL 079-336-0457
 FAX 079-336-1027
 https://www.yuyake-koyake.com/




資金の使い道

・再開までの運営資金90万円
・発送費、手数料10万円


  • 2020/07/02 21:34

    皆さまたくさんのご支援をいただきましてありがとうございました。5月12日から始めたこのプロジェクトは6月30日に終了いたしました。おかげ様で目標金額を達成することができました。スタッフ一同皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。今回のクラウドファンディングを通して、温かい応援のメッセージ、ご支援...

  • 2020/06/22 19:13

    毎日暑い日が続いておりますが、皆さまいかがおすごしでしょうか当クラウドファンディングですが、本当にたくさんの方々からご支援をいただき、またご支援と共に温かいお言葉をいただき、大変嬉しく思っております。本当にありがとうございます。現在、皆さまにお会いできますことを楽しみに思いながら、発送準備にあ...

  • 2020/06/11 20:07

    昨日より梅雨入りしましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?当館は約一か月間の休業を終えてから、少しずつではありますが、お客様にお越しいただき、にぎやかさを取り戻しつつあります。当館の周りの飲食店やお店も続々と営業を再開されております!まだまだ以前のようには戻っておりませんが、お客様にお越しい...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください