-「明日生きるためのお金が欲しいです。」-コロナの影響により失業した・収入が著しく減少した・住む家が無い、等の深刻な問題を抱えているシングルマザー、シングルファザーの方々を、私たちは応援します。

プロジェクト本文


どうしてひとり親支援?日本の社会問題のひとつでもあるシングルマザーの貧困問題。父子家庭を含めた「ひとり親世帯」は、貧困に陥りやすい傾向があり、日本のシングルマザーの貧困率は先進国の中でもトップクラスだと言われています。収入が少ない・仕事と子育ての両立が難しいなどの問題がある中で、今回のコロナウイルス感染症の影響により、失業した・子どもを預けられなくなり働けなくなった・頼れる人もいないなど、ダブルショックを受けている。そのような困窮されている方々の支援をしたいという想いから、この「ひとり親支援プロジェクト」を立ち上げました。


私たちには今このような声が寄せられています。

『小学校は休校になり、保育所にも預けられず、仕事を休まなければならなくなりました。給料は一部しか保証されず、生活費が全く足りません。』

『子供の給食が無くなり家で食事を食べるため食費が増えてしまった。小学2年生と4年生の育ち盛りなのに、1日2食しか食べさせることが出来ない。給食のように栄養バランスを考える余裕もなく、子供の栄養不足が不安です。』


子供の学校が休校になったため仕事を少し休みたいと職場に相談すると、「これだからシングルマザーなんて雇うんじゃなかった。もう来なくて良いですよ。」と言われたとの話もありました。頼れる人もいないままこのままの生活が続けば、"独り"親のお母さんお父さん、そして子ども達はどうなってしまうのでしょうか...?

その他にも、ネットカフェで生活していた親子が、コロナの影響でネットカフェを出なければならなくなりホームレス化しているなど、経済的にも、精神的にも非常に厳しく苦しい状況の方が多くおられます。

頂いたご寄付の使い道▪コロナの影響で住まいがなくなってしまった方への住宅支援・一部生活補助
▪失業や大幅な収入減により生活が困窮している方々への食糧等の支援
▪その他コロナの影響により被害を受けているシングルマザー、シングルファザーの方への支援 など

頂いたご寄付とお気持ちは私たちユナイテッド・アースが責任を持って大切に使わせていただきます。

募集方式についての説明
本プロジェクトは<All-in方式>で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

◽支援の実施について
ひとり親の生活環境を支援するシェアハウス(シングルマザーシェアハウスideau 他)やNPO団体等と連携し、相談会を実施します。
新型コロナウイルス感染症の拡大以前と比較し、収入が2割以上減少した方を対象として、必要に応じて、生活費の支援、生活物資の提供をおこないます。


2020年6月20日 支援先の決定
      7月1日 支援を開始
      8月20日 リターンの送付


__


想像してみて下さい。
「今自分がコロナウイルスに感染したら子どもはどうなるの…?」そんな恐怖や不安を感じながらシングルマザー、シングルファザーの方々は毎日を生活しています。


__

わたしたちと一緒に実践しませんか?当団体は「心育まれる希望あふれる社会」を実現すべく、海外の貧困地域への自立支援活動環境保護活動災害支援活動人材育成など、様々な社会問題への取り組みを継続しています。詳細に関しましては是非公式ホームページをご覧下さい。

https://united-earth.jp/



<寄付型クラウドファンディングについて>
NPO法人ユナイテッド・アースは『NPO法人』として認定されていますが、
このクラウドファンディングを支援することで支援者が税制優遇を受けることはありません。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください