はじめに・ご挨拶

はじめまして。

新橋で2020年の1月22日にOPENしたばかりの【島の台所 まさむぬ】というお店の

オーナーの久留誠史と店長の酒匂智弘です。

僕らは沖縄と奄美群島の間にある小さな離島与論島出身で保育園からの同級生です。

与論島は奄美群島に属しますが、立地的に沖縄文化の影響や関係も強い島で育ちました。

その中で「似ているようで違う、違うようで似ている」沖縄と奄美群島のそれぞれ独立した良さを体感

この場所がそれぞれの島の事や色々な島から出てきた人達が【知り・伝え・繋がる】場所になれればと思い,ライブイベントを開催するなどしてお店を盛り上げていました。

しかし今回の新型コロナウイルス感染症により予約のキャンセルが続き、深刻な売上減少に直面し、さらに緊急事態宣言の自粛要請を受けさらに飲食店離れが加速し、営業を続けるか迷いましたが、

ウイルスの拡大・拡散防止とスタッフやスタッフの家族の健康が第一と考え現在国の要請解除まで休業する事にしました。(20年5月3日現在)※緊急事態宣言延長の発令により期間延長の可能性有り。

そんな中こちらのプロジェクトを知り、心苦しいお願いではありますがサポートをお願いできればと思い登録をさせて頂きました。


僕らのお店について

店名の【まさむぬ】とは与論島の方言でおいしいものやご馳走の意味になります。

小学生の頃に、おばあちゃんや親せきの家、友達の家などにお呼ばれする時に

『マサムヌ用意して待っているからおいでねー』と優しく色んな方々に声を掛けてもらったことを思い出し、そんなその時の温かい島の雰囲気などがこの場所でも出来ればと思い店名にしました。

当店では沖縄・奄美群島の定番メニューからここでは珍しいヤギのお刺身などをご用意しています。

ご要望次第でお昼に貸し切りママさん会なども出来るお店です。


東京で知り合った仲間たちや、関東で活躍してる地元の先輩方に支えられながら元気に営業しています。


当グループでは毎年行われるヨロンマラソンにお客様からランナーを集い一緒に参加しています。

月に1~2回ほどライブイベントを開き沢山の方に来て頂きました。

今改めて思う島で習った大切な事

島での生活の中で親や先輩たちは【とーとぅがなし】という【ありがとう】という意味の方言をよく使い。親や先輩たちから感謝の気持ちを持って伝える事が大事なんだと教わってきました。

この状況になり飲食店をやっていて、お客さんが来てくれる事は改めて本当にありがたい事だと思いました。そして知人や友人、常連のお客様からの応援や励ましの連絡もらい本当に嬉しかったです。

今後は改めて感謝の気持ちを持って営業していかなければならないと強く思いました。

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、店舗存続が厳しい状況で私共もその中の1つであり

大変なのは皆同じではあると思いますが、皆さんのお力をどうかお貸し頂けないでしょうか。

出来たばかりのお店ですが想いをもってオープンし、少しずつ出来た常連さんと共に愛着が出来てきたこの場所でなんとか今の状況を乗り切ってお店を存続していきたいです。

よろしくお願い致します。

最後に

今回の新型コロナウイルスにより非常に多くの方々が実際に感染し、亡くなられております。

亡くなった方々には心からご冥福をお祈り致します。

島の台所 まさむぬスタッフ一同。

ACCESS

〒105-0004 東京都港区新橋2丁目16−1 ニュー新橋ビル 329 


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/05/12 19:00

    島の台所 まさむぬ  です。昨日、初めてのプロジェクト掲載をスタートさせました。1日が経過し、スタートしたばかりとは言え、多くのご支援を頂き本当に有難うございます。応援してくださる皆様の声を力に頑張って行こうと思います。目標達成すべく日々の記録や出来事をお知らせしていけたらと考えております。今...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください