見出し画像12.jpg を表示しています

プロジェクトをご覧いただきありがとうございます。
株式会社Msです。
弊社はAR事業 動く卒業アルバム『ソツアル-卒ARu-』アプリをリリースしています。


この度、コロナの影響で子どもたちの時間が突然奪われてしまいました。

最終学年の子供たちは最後の思い出の時間が無くなり、

部活を一生懸命頑張っていた子どもたちは最後の大会を迎えず引退。

今まで当たり前だと思っていた学校での生活ができないまま日々を送っています。

いつか子どもたちが大人になり、学生時代をふり返った時に楽しかった思い出がコロナによって    かき消されてしまわないように何か私たちにできることはないかと思い、今回のプロジェクトを立ち上げました。

弊社の事業でもある 動く卒業アルバム『ソツアル-卒ARu-』を活用し、              色紙にスマートフォンをかざし、部活動の仲間一人一人が動画でメッセージを伝える         世界に一つだけの『動く色紙 コエアル-声ARu-』を作り、子どもたちに素敵な思い出を残してあげられたらと思っております。

今現在も子どもたちはお別れの言葉、思い出をつくれないまま最後の学生生活を過ごしています。

多くの子どもたちの思い出を繋ぐ為に皆様のお力添え何卒よろしくお願い致します。

集まった資金は全額制作費に活用させていただき一人でも多くの子供たちに【AR色紙-声ARu-】を

届けたいと考えております。

                                代表取締役 武田政揮

 卒業まであと数日のところで休校が決定してしまいました。

 私達は子ども達のために何かにできないかと思い、

 休校発表直後に東京都葛飾区立青戸小学校の学校関係者の方へ連絡しました。 

 すると校長先生と卒業生担任の先生とお話しすることができ、

 奪われてしまったクラスの思い出の時間や友達との大切な時間を

 繋ぐものとして卒アルアプリが導入されました。

・東京新聞掲載

 2020年4月21日夕刊で「ソツアル-卒ARu-」を取り上げて頂きました。


SNSの反応


 新型コロナの影響で引退試合が延期、そして中止に・・・

 卒業学年の最後の成果を見せる時期 新型コロナウイルスが流行し始めました。

 3月になると、学校に行けなくなり、部活ができなくなり、

 インターハイの中止・吹奏楽公園大会の中止・卒業式の中止など子ども達の努力と思い

 出が突然奪われてしましました。


-----------------------------------------------------------------------------------------------

 とある吹奏楽部員

・吹奏楽部は合奏ができない。1人で楽器を吹くという寂しさを虚しく感じた。

・いつも先生に怒られてばかりで嫌だったけど先生に怒られたいと思う。

・「このまま演奏会ができなくなったらどうしよう」とずっと思いながらも努力を続けた。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

 とある運動部員

・最後に仲間と大会をやらずに引退なんて考えられない。一試合でもいい。試合で終わりたい。

・運動部の活動は休止になっても、1人で練習を続けていた。

・目標だった大会の中止が伝えられた時は落ち込んだ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------


 私達は子ども達が集大成の夏に懸ける思いがあふれ出ているのを感じました。
 その後も感染拡大は止まらず、「総体も中止かな」と不安がよぎる思いが続く中、7月以降の開催に望みを繋ぐ。

 しかし、そうなれば部活の引退が遅くなり、受験勉強に響くという不安も襲いかかってきます。


「みんなと笑顔で終わりたい」


 学校関係者は、無観客でも演奏会・大会をさせたいと子ども達のために尽力しましたが、コロナの影響により中止が決定。

 子ども達はコロナが流行し、それなりの覚悟はしていたつもりだったと言っています。

 しかし、いざ決定するとなんとも言えない悔しさと涙が溢れている子ども達をテレビの画面で見る日が多くなりました。

 子ども達の安全が最優先でこの結果になったものの、自分達の代だけこのようなことになってしまったのは、本当に悔しくて苦しかったと思います。


 

 当社の事業のAR技術を活用したアプリ「卒ARu-ソツアル-」のサービスを子ども達の色紙に汎用し「動画付きの色紙を贈りたい」と考えました。

 子ども達の奪われた時間を少しでも繋げたい。

 そして子ども達に感動と笑顔・仲間の絆の声を贈りたいと考えています。





あなたのブラウザはhtml5 videoをサポートしていません。

 

 ①5月下旬  動画つき色紙の公募を行います。

 ②6月30日 調達資金全額分 AR色紙を作成します。

 ③7月30日 申込者の代表の方に色紙用動画を送っていただきます。

      (LINEでもUSBでも簡単にして利用者の負担を少しでも無くす)

 ④8月中旬 当社でシステム化し「AR色紙」完成

 ⑤8月末日 完成後子ども達の元へ色紙をお送りします



 

 ご多忙の中ここまでお読み頂きありがとうございます。

 一人でも多くの子ども達に届けるために

 皆様のお力添え何卒よろしくお願い致します。



 【1,000円のご支援リターン】

 【感謝色紙をお届け】

・子ども達の声 総編集動画付き色紙をお送りさせて頂きます。

・領収書の発行を致します。


 【3,000円のご支援リターン】
【感謝色紙のお届け+エンドロールのお名前掲載】

・子ども達の色紙の感謝動画のエンドロールにお名前記載(希望者のみ)

・子ども達の声 総編集動画付き色紙をお送りさせて頂きます。

・領収書の発行を致します。


  【5,000円のご支援リターン】

【感謝色紙のお届け+エンドロールのお名前掲載+子どもたちへの応援メッセージ動画掲載】

 色紙をかざすと子供達の動画総編集編AR動画が流れる色紙をお送りさせて頂きます。

・子供達の総編集動画

・支援者様のお名前掲載(希望者のみ)

・支援者様のメッセージを動画にします(希望者のみ)

・領収書の発行を致します。


【10,000円のご支援のリターン】

【感謝色紙のお届け+エンドロールのお名前掲載+子どもたちへの応援メッセージ動画掲載】

 色紙をかざすと子供達の動画総編集編AR動画が流れる色紙をお送りさせて頂きます。

・子供達の総編集動画

・支援者様のお名前掲載(希望者のみ)

・支援者様のメッセージを動画にします(希望者のみ)

・領収書の発行を致します。



【30,000円のご支援のリターン】

【支援者から子供達に感謝色紙のお届け+エンドロールのお名前掲載+子どもたちへの応援メッセージ動画掲載】

 子供達にAR動画色紙を【あなたの支援だけ】という形で子供達にお送りさせて頂きます。

・子供達の総編集動画

・単独支援者様のお名前掲載(希望者のみ)

・単独支援者様のメッセージを動画にします(希望者のみ)指定の団体の子どもに送ることも可能です。




 毎日のようにテレビから流れるコロナの影響には心苦しい状況と辛い思いをしている人々の映像が続い

 ています。当たり前と思っていたことができなかった子ども達の悔しさは考えただけでも辛いです。 

 コロナという見えない敵に戦うのは大人だけじゃない。

 子ども達のためにできることを私達大人がするべきだ!

 その気持ちからこのプロジェクトをできるだけ多くの子供に届けるためにクラウドファンディングをやらせていただきました。


 皆様のお名前・メッセージを記載させていただくことに実は裏テーマをもっています。

・国難と言われるほどの困難な状況でもみんなを笑顔にする力を誰でももっている

・みんながみんなを支える気持ちを持つ大人に育って欲しい

 子ども達にその気持ちが伝わるようにお名前とメッセージを頂ければ幸いです。

 日本の未来が笑顔であふれる国になるような壮大なプロジェクトだと考えています。

 1人でも多くの子ども達のために何卒お力添えお願い致します。




株式会社Ms       

代表取締役 武田 政揮

取 締 役 阿部 駿一

企   画 部 床井 龍馬

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください