こんにちは。旨焼もぐり代表の盛島英欽です。

旨焼きもぐりは2007年8月に東京都港区(広尾) にオープンしました。

私自身、豚肉が大好き!

豚肉に大いなる可能性を感じ、「豚の価値を広めたい!」そんな想いで豚肉専門の焼肉店を立ち上げました。

しかし豚肉は牛肉に比べて美味しく焼くのが難しい、焼きすぎると硬くなる。

どうやって美味しく食べてもらえるかを模索した結果、訓練したスタッフがお客様の前で美味しく焼き上げる今のスタイルを確立しました。

焼肉のタレは私の祖母が愛知県尾張小牧でやっている焼肉屋「福ちゃん」の付けダレと、もみダレを受け継ぎました。

そして、絶対にお客様においしいものを食べてもらおう!その誓いを胸にいちいち旨い「旨焼きもぐり」と名前を付けました。

今は沢山のお客様に愛して頂き、13年間続けて来られた事に感謝の気持ちでいっぱいです。

2011年3月に起きた東日本大震災の際は、震災当日もお店をオープンし、開け続けることがもぐりを愛して下さるお客様と街への感謝の気持ちだと思い営業を続けました。

想いもよらぬ今回の新型コロナウイルスは、大切なお客様とスタッフ、スタッフの家族の健康を守るため、自粛休業を余儀なくさせました。

スタッフがお客様と会話をしながらテーブルでお肉を焼くもぐりのスタイルも、ウイルス拡大の中では難しいということもありました。

自粛中も店舗維持にかかる固定費、最低限の経費やスタッフの給与等々、支払いは止まりません。

今は飲食業界に限らず日本中の方々が先の見えない不安と戦い、困窮されている状況だと思います。

弊社も緊急事態宣言の延長によりさらに厳しい状況にあり、この度は恥も外聞もなく皆さまに支援をお願いすることにしました。

目的は「もぐりを継続させ、皆様に美味しい豚肉を食べてもらう、皆さんと笑顔で再会したい」為に他なりません。

このような形でお願いをするのはとても心苦しくもありますが、同時にお客様の助言や応援の気持ちに後押しを頂き、クラウドファンディングをする決意を致しました。

もちろん公的支援や融資も最大限活用させて頂こうと思います。
もぐり再開のために最大限の努力をし、必ず復活する事をお約束します。

もぐりの灯を灯し続けるために皆様のお力を貸して頂ければ幸いです。

何卒よろしくお願い致します。


代表 盛島英欽


※リターンは下図を見ていただくとわかりやすくなっております。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください