世界中で猛威を振うコロナの影響は、私達が毎日必死に夢を追い走り続けたこの美容室にも深い爪痕を残しました。例年に比べ売上は70%の激減。このままでは大事なスタッフもお店も失う危機的状況です。今後もお店を存続させスタッフ全員で大切なお客様を綺麗にしたいという想いからこのプロジェクトの実施を決めました。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

この度はアピッシュのクラウドファンディングをご覧頂き誠にありがとうございます。
アピッシュ代表 坂巻哲也と申します。

『美容の力で日本を元気にしたい』をモットーに
22年前7人で裏原宿に小さなサロンをオープンしました。


今では子育てをしながら働くママさん美容師も多く、

アットホームな美容室に成長することが出来ました。

ここまでこれたのも日頃応援して下さっている皆様のお陰と心より感謝申し上げます。


私達アピッシュは常にお客様に寄り添い

【美容でお客様の人生を豊かにするお手伝いをさせて頂きたい】

と全力を尽くして参りました。


そんな中、新型コロナウイルスの影響でサロンの立て直しの目処が立たない危機的状況に陥っております。



経営者一同できる限りの手を尽くそうと四苦八苦している中、若いスタッフたちが『自分たちも何かできないのか、サロンを守るにはどうしたらいいのか』と自ら動き提案してくれたのがこのクラウドファンディングです。


お客様への想いを未来に繋ぎたい!

人との絆で明日は変えられる!


自分たちが愛したこのサロンを自らの手で守りたいと言う若い彼らの熱い想いを無駄にしてはいけない!家族同然の大切なスタッフの未来を奪ってはいけない!


そして誰一人も辞めさせることなく全てのスタッフの生活を守り続けていく!


そんな覚悟で私自身、改めて今出来ることは何でもやろうと決断致しました!!

 

大変心苦しいお願いではございますが、大切なスタッフや大切なお客様の為にも何としてでも存続させていきたいと強く願っております。

どうか皆様、応援の程よろしくお願い致します。


プロジェクトをやろうと思った理由

緊急事態宣言で「理美容は国民の安定的な生活を確保するため に事業継続が必要なサービス」といった内容の発言があり アピッシュでは4月7日から全店舗自主休業ののち営業を再開いたしました。

しかし一部のサロンは、緊急事態宣言延長により2ヶ月間は営業再開が出来ない状況です。

スタッフを守るための休業延長ももちろん検討しましたが『事業継続が必要とされている』という使命感とサロンとスタッフそしてスタッフの家族を守るため営業を再開致しました。


お客様、スタッフの安全面から【3密ルール】そして【消毒の徹底】を守り、出勤人数や予約制限をさせて頂きつつ営業して参りましたが都内近郊の外出自粛要請により、売上はもちろん来客数の大幅な減少がございます。


美容室の運営を続ける理由は2つです。


1つは休業を続けて行くとお店が閉店に陥ってしまうから。

もう1つは美容師独特な心意気です。


美容師は『お客様をキレイにしたい』 その想いだけを原動力に働く不思議な生き物です。


上手くなるなら寝ずに練習したい!
お客様の為ならどれだけでも無理をする!

そんな心意気をもっているのが「美容師」なんです。


これまでの活動

7人で始めた小さな美容室時代からスタッフが増えた今でも
ずっと大切にしてきたことは

『未来あるスタッフの育成』です。

サロンスタッフへの教育だけではなく、近い将来美容業界に携わるであろう美容学生への授業を行うなどこれからを担う若いスタッフ、美容師の育成に力を入れさせて頂いております。


資金の使い道

ご来店頂くお客様の感染予防対策、美容室を存続させる為の費用や人件費、家賃、諸経費に全額使わせて頂きます。


リターンについて

いくつかのリターンを作成しました。
中には美容師の方のみに向けたリターンもございます。





実施スケジュール

期間は40日間としAll-in方式とし目標額へ達成しなくともプロジェクトを実行し順次リターンをお配りします。
*場合により営業再開見込みをお伝えできるより前に、
一部リターンを発行する場合がございます。
各店営業再開時期、利用開始時期については各店ホームページやSNS、お電話等でお問い合わせ下さい。


最後に

私たち美容師にとって『カットをする』というのは
切るという意味だけではございません。

『生きる』という意味です。


私たちアピッシュスタッフにとってお客様は

神様ではありません。

もっと身近な生涯共にする身体の一部のような存在です。


この状況になり、感じたこともない不安を将来に抱え

身体の一部が欠けてしまったような気持ちになってしまっている大切なスタッフと

『未来のお約束』をさせてくこのプロジェクトにどうがご賛同ご支援よろしくお願いします。




<All-in方式>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください