外出自粛で感じた人と触れ合うありがたさ。そんな人とのつながりを持てる場所をキッチンカーで営むカフェで築いていきます! 現在すでに企業をすべく動き出しています! 現在の予定では、9月ごろの営業開始を予定しております。

プロジェクト本文

あいさつ

北海道釧路市で大学生の山下 隼采(やました はやと)といいます!


普段はサークルで大学内にあるカフェのカウンターに立ったり、バリスタライセンス取得に向けて知識や技術の向上に努めています。


カフェ起業のきっかけ

小学生の頃からお菓子作りを始めて現在に至るまで、手軽に作れるようなお菓子からオリジナルのホールケーキまで様々なお菓子を作ってきました。また、高校生活の中で珈琲と出会い、その世界の奥深さに引き込まれていきました。

初めは趣味の一環だったのですが、勉強するたび、技術を磨くたびに「多くの人に飲んだり食べたりしてもらいたいなぁ。」と思うようになっていきました。


大学では経済・経営学を学んでおり、経営戦略や組織構造について学んでいます。しかし、学んでいく一方で実践する場が少ないことを感じていました。4年間もある大学生活がそのまま終わってしまっていいはずがなく、実践の場がないのであれば自ら創り上げようと思った次第です。


そこで!

自分が今まで身に付けてきた技術や知識を生かして、より身近に人と触れ合えるキッチンカーよりカフェ起業を成そうと考えました。


起業ともなると様々な費用がかかってしまい、コツコツ貯めた貯金では到底足りません。

しかし、お金の問題でやりたいことをあきらめるなど絶対にしたくありません!

そこで、クラウドファンディングより皆さんにご協力を募っています。


理想のキッチンカー

コロナウイルスの影響により自宅での生活が続く中で知人や友人たちと会うことが減り、会話をする機会が少なくなりました。それと同時に、人と話すことの楽しさやありがたみを感じる日々です。

そこで、この事態が終息したときに『人と人がつながれる』ような場所づくりを目指していきます!


これまでの活動

まずは、経営していくにあたってカフェのノウハウを理解しておく必要があると考えてカフェプロデューサーの資格検定を取得しました。さらに、食品を扱うにあたって必要となる食品衛生責任者の資格も獲得しました。

また、知識があっても実際に動けなければいけないので、カフェでアルバイトをして接客・調理・仕込み・洗浄など現場の経験を積んできています。

現在では、バリスタライセンススクールを受講してバリスタとしての技術や知識を磨き上げるために精進しております。騒動が終息した際には資格取得の試験を受ける予定です。


今後の予定

現在、相棒となるキッチンカーを制作しているため今後の大まかな予定は…

7月:釧路管内での営業場所交渉・確保

8月:納車・内装工事・保健所届け出

9月:営業開始

↑このように予定しております!


リターンのご紹介

・1000円→お礼のメッセージ

感謝の気持ちを文章にして届けさせていただきます。

・3000円→レモンケーキ引換券

来店時にご利用いただける引換券を提供させていただきます。

・5000円→レモンケーキ&ドリンク引換券

来店時にご利用いただける引換券を提供させていただきます。

・5000円→お礼のメッセージ&オリジナルレシピ

感謝の気持ちを綴った文章と希望に合わせたレシピを作成いたします。

(例)洗い物が少ない、パスタ料理、コストパフォーマンスがいいものなど。

・10000円→お礼のメッセージ&レモンケーキ引換券&オリジナルレシピ

感謝の気持ちを綴った文章と来店時にご利用いただける引換券、希望に合わせたレシピを作成いたします。

(例)洗い物が少ない、パスタ料理、コストパフォーマンスがいいものなど。

・20000円→お礼のメッセージ&出張営業

感謝の気持ちを綴ったメッセージとイベントなどへの出張営業をいたします。

*交通費、滞在費はもちろん不要です!

資金の使い道

キッチンカー外装工事費25万円

キッチンカー内装工事費20万円

保健所などへの営業許可手数料5万円

その他消耗品やサイト手数料などへの費用10万円


最後に

学生だからと言って味に手を抜いたり、遊び半分にやるわけではありません。

来てくれた方・応援してくださる皆さんの笑顔を第一にがんばっていきたいと思います!


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください