はじめに・ご挨拶

自由が丘の地で30年近く、今は夫婦二人で営む小さなライブ&バー『マルディグラ』。

このマルディグラが今回の新型コロナパンデミックの影響を受け営業の存続危機に瀕しております。

今後の営業持続実現の為に、皆様からのご支援を受け賜りたく、この度プロジェクトを立ち上げる運びとなりました。

商品・お店が作られた背景

Mardi Gras(マルディグラ)は1992年に初代マスターが

アメリカ南部、ルイジアナ州の都である大好きなニューオリンズの音楽と

地元家庭料理の代表ガンボを楽しんでいただこうとスタートしました。

名前の由来はニューオリンズのお祭りから頂戴しました。

1997年私共が二代目として引き継ぎ、2002年より、

いわゆるライブハウスとはひと味違ったパフォーマンスを、寛いだ雰囲気でお楽しみ頂けたらという思い

から、ジャンルにこだわらず、リラックスして楽しめるプログラムをお届けしています。


私たちの商品・お店のこだわり

当店メインのメニュー、ルイジアナの名物料理ガンボは初代より受け継いだレシピを基に、少しずつ手を加え、より日本人の口に合う自慢の一品に仕上がっています。
初めてお召し上がり頂くお客様から、本場ニューオリンズに行った方まで広く好評をいただいています。

またライブにおきましては、ニューオリンズミュージックは勿論のこと、今のJ-POPを支えるベテランミュージシャン・個性溢れる人気アーティストまで、良質で十分楽しめるプログラムをお届けしています。

そのようなライブを文字通り同じ地平で間近に感じる、まるでリビングルームの様な店だとの
評判をいただいております。

また、ライブの無い時や合間などには当店の誇る、数千枚におよぶアナログレコードやCDで
洋楽・邦楽問わず楽しく飽きのこない時をお過ごしいただいています。



リターンのご紹介

ご支援いただいた方々にはその金額により
リターンをご用意いたしました。
内容につきましてはリターンの項目をご覧くださいませ。

プロジェクトで実現したいこと

プロジェクトで実現したいことは、今後も店を存続させ、ミュージシャンの皆様、お客様方とともにGood Live Musicを取り戻し、再び皆様と笑顔で素晴らしい時間を共にし、継続して行くことです。

資金の使い道・スケジュール

ご賛同頂いた支援金は、営業自粛中期間、及び再開以降の軌道に乗るまでの家賃/光熱費/仕入れ他の諸経費/返礼品の制作費+送料に使用させて頂きます。

最後に

ライブハウス、ライブバーは感染の元凶として広く知らしめられる結果となり、
収束後もすぐには軌道には乗らないと覚悟はしています。
しかしながら音楽をはじめアートは、人が豊かに創造的に、そして幸福に生きる為に無くてはならないものです。
生演奏の音楽を気軽に楽しみ、そして知らない人とも喜びを共有し、みな笑顔で仲良くなれる場として
この様な店は必ずまたご支持をいただけるものと信じています。
一刻も早く安全に、楽しく、賑わいが戻って来る事を祈るばかりです。どうぞ皆さま必ずお元気で、きっと笑顔でお会いできますように。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください