プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして、福島県白河市、日本最古の公園「南湖公園」内にある
魔法のランプ&LampCafe 代表の薄井克彦と申します

震災を乗り越えた明治記念館のカフェの存続をかけての心からのお願いです。 



那須連峰を望む南湖公園 



・南湖公園とは

寛政の改革で知られる名君・松平定信によって1801年に築造された日本最古といわれる「公園」です。定信は、この公園において、身分の差を越え誰もが憩える「士民共楽」という理念を掲げ、塀がなく、いつでも誰もが訪れることのできる地を造りました。 

また、松平定信公を深く尊敬していた渋沢栄一ゆかりのある南湖神社も公園内にあります。 

素晴らしい日本庭園の翠楽苑、おいしい南湖だんご、手打ちそばを販売しているお店や、旅館などもあり、ほのぼのとした観光地です。

私も南湖公園から車で3分ほどの場所で生まれ育ち、小さいころから慣れ親しんだ公園です。

 

・お店が作られた背景

2003年、南湖公園の一角のお土産屋さんを借りることができ、ケーキ&カフェとして「魔法のランプ」をオープン

2010年、魔法のランプと同じ敷地内ある明治記念館を借りることができ、カフェ部門を分けて1階に「LampCafe」としてオープンしました。


魔法のランプ店内 魔法のランプ外観、10坪ほどの小さなお店です 


明治記念館とは

明治16年(1883年) 西白河郡役所として建てられ、南湖公園に一部移築・復元された建物です。

福島県に残る3つの旧郡役所の一つとなりましたが、記念館としての役割を終え、10年以上、人の出入りもなくひっそりとたたずむ存在でした。

2010年3月の明治記念館 

2011年8月の明治記念館(LampCafe営業中) 


外装はもちろん、建物内部も素晴らしく、ステンドグラスや、太い柱など明治時代の状態を保っております。 

LampCafe客席からの眺め

LampCafe出入口

LampCafe 客席 

建物を見学しながら、明治の空気を感じてもらうため大規模改修を行い
2010年10月に県内食材を使用したカフェレストランとして、LampCafeをOPENしました。

使用している家具や照明などは、私が一つずつ、建物と仲良くなるようなものを買い揃えました 。

しかし半年もたたない翌年2011年3月、東日本大震災での原発事故の影響により、福島県産の食材が一切使えなくなり、どん底に突き落とされました。

やむなく、スタッフを解雇し、食事類は全てやめて 最低限のケーキと飲み物だけの提供に切り替え、さらには、規模を縮小し、こじんまり営業を続けてきました。

震災後は、 お好きなケーキを選んでもらうスタイルに変更
ケーキはすべて、魔法のランプで作成


もともと7組しか入れない、落ち着いたカフェを目指してたので、隠れ家的な営業をしていました。

 

震災直後の2011年4月は、なんとか明るい材料を提供しようとする目的で、地元のお店や作家さんと協力しながら「ランプマルシェ」という、雑貨やパンなどの食べ物販売、ワークショップなど行うイベントを立ち上げました。

今では、毎年4月の第2日曜日に開催、1000人以上の集客がある地域に密着した大きなイベントに認知されました。

ランプマルシェブログはこちら

2015年のランプマルシェ 


左奥に見えるのが明治記念館「LampCafe」、右側の赤い屋根が見えるのが「魔法のランプ」


ランプマルシェオープン前にはたくさんのお客様が並んでくれました 


明治記念館の2階は、レンタルスペースとして開放しており、音楽ライブや、個展、ヨガ、セミナー等でご利用頂いております

明治時代のステンドグラスから差し込む優しい光や、とても高い天井が、奏者の方々にも好評です。

明治記念館2階 明治記念館2階 

明治記念館2階で行われた四重奏のミニコンサート 

リターンのご紹介

LampCafeで使えるチケットや、魔法のランプで作成している焼き菓子、

明治記念館をご利用できる権利など、いろいろな種類をご用意しております。

コーヒー豆→ハブティーに変更や、記念館の貸切プランの内容など、支援者様のご意向に沿えるような提案をしていきたいと思います 。


今回のクラウドファンディングに至った背景

カフェがある場所は、日本最古の公園「南湖公園」の中にあります。
春は梅や桜が満開になり、夏は力強い緑にエネルギーをもらい、秋は見事な紅葉に囲まれ、冬は渡り鳥の癒しの地として、地元の方や観光客が散策する光景が日常にあります。

春は桜が咲き、今まで寒かった季節が終わりをつげ、心も身体も開放的になる4月、5月です。

1年の中で最も、カフェの需要のある時期です。

 

*今年4月、満開の桜に人がいない南湖公園

しかし新型コロナの影響により、お客様がぱったりと出歩かなくなりました。

もちろんテイクアウトを実施したりしてますが

今年4月は売上は70%減、5月に至っては、連休期間が営業自粛となり、さらに売り上げは落ち90%減という経験したことがない厳しい経営状態が続いてます。

毎年4月開催のランプマルシェも初めて中止となり、レンタルスペースのイベントも全てキャンセルになりました。

これから先のことを考えると、目の前が真っ暗なネガティブな感情が支配したり、どうにかなるような根拠のない明るい未来を予想をしたりと、様々な感情が頭の中を駆け巡り、落ち着かない日々で心が苦しくなります。

建物は管理することで長持ちさせることが出来ますので、スタッフが毎日換気をし、床を磨いて管理してますが

店舗家賃や、借入金の返済、光熱費、人件費などの負担が非常に重く、苦しい状況が続いています。

このままでは閉店せざるを得ない苦境に立たされています。

建物を守るため、スタッフを守るため、どうかみなさんの力を貸してください。

 

資金の使い道・スケジュール

皆さまからのご支援は、カフェ継続のための運転資金および建物の管理として使わせていただきます


最後に

支援をおねがいすることは、誠に恐縮ですが、カフェを存続させるためには クラウドファンディングに望みをかけるしかない現状です。

この危機を何としても乗り越えて、もっともっといろいろな方々に、日本最古の南湖公園の自然の持つ力、明治時代の素晴らしい建物の存在感をご覧いただけるよう、頑張っていきたいと思います。

どうか、皆さまの温かいご支援を頂きたく、宜しくお願いいたします。

★LampCafe(明治記念館1階)

12時~18時(LO 17時30分)

水曜日定休
1月、5月、8月に連休あり
0248-29-8170
〒961-0815 福島県白河市五郎窪38-1


★魔法のランプ
10時30分~17時30分(売切れの場合早めに閉まります)
水曜日定休
1月、5月、8月に連休あり
0248-22-0727
〒961-0815 福島県白河市五郎窪37-1

LampCafeは、魔法のランプと同じ敷地内にあります。

LampCafe&魔法のランプHP

LampCafe Facebook

魔法のランプ Facebook


  • 2020/06/10 07:08

    今回、皆さまの心のこもったご支援のおかげで、1つの目標としていた金額を達成する事が出来ました。本当に本当にありがとうございます。とても暖かいメッセージも頂き、感謝しております。コロナ感染拡大の第2波も警戒しながらの営業となり、まだ予断を許さない状況にあります。クラウドファンディング終了まで、引...

  • 2020/06/05 11:13

    クラウドファンディングを公開して1週間がたち、皆様のたくさんのご支援、気持ちのこもった温かいお言葉を頂き、本当に本当にありがとうございます。反響が大きく、予想以上のご支援に驚くと同時に、カフェの存在意義を改めて感じさせていただきました。少しずつですがお客様も戻りつつあり、感染対策を徹底し営業し...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください