らはじめに・ご挨拶

私は緑豊かな長崎県・五島列島で小さいながらに農業を営んでおります。

農業が衰退しつつあるこの島で、これからも農業を継続していくにはこれまでと同じ野菜を栽培して販売するだけでなく、自ら加工し付加価値をつけて販売してくことが重要で、今回の養鶏を足掛かりに様々な展開をして島の活性の一助になればと考えています。

                           株式会社シマテラスファーム

島の海水浴場 ハマンナ

2回目のチャレンジ!

初回は養鶏をスタートするチャレンジだったためリターン開始が一年後と支援する楽しみが薄れてしまったと思います。2回目のチャレンジでは鶏はすでに孵化直前で半年後には皆様のもとへ最高に美味しい安全な卵をお届けできます!


このプロジェクトで実現したいこと

この緑豊かな五島列島のストレスのない環境で鶏を育て、副産物であるカキ殻や焼酎蔵の焼酎かす(季節限定)、自社の野菜を飼料として手作りして、輸入配合飼料に頼らない安全で良質なレモンイエローの卵を目指します!

飼料は知人が経営している牡蠣養殖のカキ殻、豆腐屋さんからでる豆乳・おから、焼酎の焼酎かす(※1)、自社栽培で育てた野菜をメインに使用し島内での循環を目指したいと考えていますが、どうしても飼料用として栽培が間に合わないものもあるため、その場合は国産の材料を取り寄せる予定です。
今後は飼料用の大豆や小麦も自社栽培する予定です。


※1焼酎かす・・焼酎のアルコールを取り出した後のモロミです。微量のアルコールを含む栄養満点の液体です。これを与えることができるのは10月~12月末の期間だけで、その期間の卵は特別なものになりそうです。


ホシノブラックの種卵


プロジェクトをやろうと思った理由

まず、最高に美味しい卵かけご飯が食べたい!!
そして全国の皆様へ届けたい!!

いずれは、農業から事業を展開していくうえで自社栽培の野菜(さつま芋等)を使った洋菓子や、その他加工品を考えていました。洋菓子を作る際に欠かせないものが卵であり、他商品と大きな味わいの違いを出せるのではないかと考えました。そして島に養鶏(採卵)をしている農家が無く、島で卵ブランドを作り上げていくことで旅行客が多いこの島での特産品の1つに成りうると思います!

ホシノブラック

これまでの活動

五島列島でカンコロ餅と焼酎用の原料である、サツマイモ栽培をメインにしてきました。今後も農業から派生できる展開を考え食品製造、農家カフェ、宿泊業の展開を考えています。

特産品 かんころ餅


資金の使い道

・鶏舎建築費
・その他必要設備購入費
上記に使用します。費用を抑えるため全て自分たちの手で行います。


リターンについて

1,000円→お礼のメッセージを送ります!

3,000円→ホシノブラック卵20個+お礼のメッセージ 

6,000円→ホシノブラック卵20個×2セット(月に1セットずつ発送)+お礼のメッセージ  

9,000円→ホシノブラック卵20個×3セット(月に1セットずつ発送)+お礼のメッセージ 

15,000円→ホシノブラック卵 20個×5セット(月に1セットずつ発送)+お礼のメッセージ 


実施スケジュール

2020.7月18日 ホシノブラック 孵化予定

孵卵器内の種卵

2020.  8月頃 鶏舎 建設予定 

2021.2月頃~リターン品の発送開始 (卵を産み始めるまで半年以上かかります。安定的に出荷できるのは2月ごろとなります。) 

2022.6月頃リターン終了(15,000円のリターンは2021.2月から5ヶ月間、毎月20個ずつ発送します。その為2021.6月がリターン最終月となります。)


最後に

農業は希望しかない!
ここ数年農業に携わるようになって特に感じます。
ただ野菜を栽培するだけでなく、加工、販売まですることもできるし、
自分たちで調理することにより飲食業まで派生させることができる。
「何を作りたいか」を考えることで、野菜の栽培方法からコントロールし、欲しい食材を自らつくることができる。

アフターコロナに備えて今できることを!
最高に美味しい卵を育てることで島の新たな特産品としてブランド卵とすることを目指します!

※使用している画像は権利者の掲載許可を得て使用しております。 


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/07/20 11:24

    次々に殻を破って雛が誕生しています!品種:ホシノブラック名前の通り真っ黒な雛です、この時点から手作りの発酵飼料を与えて大切に育てていきます!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください