はじめまして!わたし雑貨店です!

https://watashizakkaten.com

総合リサイクル店での11年の勤務経験を活かし、古物を扱うオンラインショップとして、2019年の4月岡山市にてオープンしました。

古物商許可番号      第721130024596号 


最近のリサイクルショップはだいたい同じ商品のラインナップ 


11年の実務経験の中、リサイクルショップのおもしろさに疑問があります。
本来のおもしろさが失われつつあります。
魅力ある商品は回転率を求められ、すぐに売上(現金化)になっていきます。
そうなると必然的に店頭に並ぶ商品はだいたい同じ物。
お店の看板が違っても同じ商品を取り扱っていれば、商品のラインナップは同じ。

言い方は悪いですが、

売れ残りを取り扱う店=リサイクルショップ

「だっていいものはネットで売っちゃったんだもん!」

の店が多い。

わたしが知っているリサイクルショップはもっとワクワク、お宝があるかも、探すことに時間を忘れて、結果、見るだけで満足をするような、そんな空間が好きでした。


リユース業態の規模は年々増加傾向 

これまで、オンラインショップ(通称・概念店舗)での販売や、ご近所の方向けの出張買取サービス、遠く離れたお客様には宅配買取サービスをご提供してまいりましたが、高齢化社会、オンラインでの個人間取引、デジタル化が進み、慣れない方にはご利用頂きにくいサービスになっていっていると思います。
だからこそ、実店舗(通称・リアル店舗)で地域に根付いたサービスを地道に行います。


わたし雑貨店ではアンティークな雑貨、生活品、おもちゃ、ゲーム、楽器、釣具、オールドチックなブランド品、アクセサリー、骨董品、美術品など・・・
今まで携わってきたお品物で、わたし雑貨店の商品としてセレクトした、ちょっとニッチな感じのラインナップのお店を目指します。
わたし雑貨店が自信を持っておススメしたい、新品商品、クリエイターさんが作ったハンドメイド作品・アート作品も販売したいと考えています。



現在後楽窯跡地には、ガランとした倉庫と元工房が並んでいます。

実は、このプロジェクトの最終目標は、この後楽窯跡地を、小さな観光地にすることなのですが、
他の空き物件を、同じ気持ちで盛り上げて下さるお店で埋めなくてはなりません。

そのためにはまずわたしたちが、イマジネーションをモチベーションに、新しい後楽窯の形を、模索しなくてはなりません。


後楽窯跡地、最大の魅力はロケーション!

後楽窯跡地の最大の魅力は、春は桜が満開になる、そのロケーションです。

はじめてここを訪れた時は桜の季節の終わりかけ。
大量の桜が舞っていました。

市街地から少し離れただけで、まるで旅行へ来たかのように心がワクワク踊るのです。

繁華街のにぎやかさも楽しいですが、このコロナ禍の中、今までとは違う生活様式へと変わり、物事の価値が少しづつ変わってきたように思います。
なんとなく寄れるお店、ではありませんが、ここへ行きたいと思ってもらえる場所になります。



「自分に時間を投資する」


岡山県に移り住み11年。


地域に根付いた生き方をしたいと思うようになりました。


人生を面白いと思えることに時間を使う「時間投資型の生き方」を目指して挑戦してみようと考えている中、この物件と偶然出会いました。

自然と「ここでやりたいこと」がたくさん思いつきました。



今はひっそりと眠る工房の跡地に、人を集め、岡山の小さな観光地を作ろう・・・ムーヴメントを起こしたい・・

そう、あっという間に、動き出してしまったのです・・!!

お金はもちろん、時間ももちろんかかりますが、

この活動を成功させるには、なるべく多くの人に後楽窯を、そしてわたし雑貨店を知ってもらう必要があります。

そして同じ気持ちの方に出会えたら、もっと最高!それがわたし雑貨店の目標であり、このプロジェクトを通して実現させたいことです。


堀川南山氏との出会い

後楽窯二代目 堀川南山氏と出会い、備前焼をお買取りさせて頂く事になりました。
蔵出し品、長期保管されていたものであり、また焼き物ですので、ひとつひとつ柄も、色味も違う事をご了承ください。

出会いからうまれたリターンが、これから出会うあなたに届きますように!


資金の使い道

集めた支援金は店舗改装・設備費、商品仕入れ、広告費、返礼品、クラウドファンディングの手数料に使用します。

今後、

7月中旬クラウドファンディング終了

8月実店舗オープン

9月順次リターン発送

を、予定しています。



<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください