世代を超えて楽しめる音楽イベントを開催して久留米市を更に元気にしたい!! そんな想いを抱く元バンド少年のオヤジ達が集結し、子どもが主役の音楽祭を企画いたしました。会場はくるめシティプラザ ザグランドホール。9月4日(日)開催です。

プロジェクト本文

おかげさまで目標金額到達!
NEXT GOALに挑戦いたします!!

おかげさまで目標の70万円に達しました。ご支援いただいた皆様に心から御礼申し上げます。皆様の応援メッセージを拝見し勇気が込み上げ、身が引き締まる思いです!本当にありがとうございました。

プロジェクト終了まで残り4日間。
ここで新たな目標100万円を設定し再スタートさせていただきます。

実は音楽祭の運営費用は総額で100万円以上かかります。その一部をクラウドファンディングと久留米市の補助金でまかなおうと計画しておりますが、照明等の舞台設備やボランティアスタッフへのお礼がまだ十分足りていないのが現状です。
例えば、舞台照明設備につきましては、観覧いただく皆様に満足いただける(プロアーティストのコンサートのような)レベルの演出は難しく、照明の数を増やすスモークマシンを導入するなどグレードアップに期待を寄せております。

また、本イベントは学生ボランティアスタッフに諸々の業務を担当していただきますが、お弁当交通費などの経費をぎりぎりの予算で捻出しているのが現状です。

私たち実行委員は、何が何でも音楽祭を大成功させようと、メンバー全員が本業の合間を縫って、家族の協力を得ながら毎日必死に頑張っていますがどうしても行動範囲に限界があり...同じ想いを抱く全国の方々に本サイトを通じてご支援を募りたいと思います。

ご支援いただいた皆様へのお礼としての支援者優待席名前入り記念Tシャツバックステージツアーアフターパーティー参加権などの枠もまだまだ余裕がありますので、こちらの方もご支援へのきっかけとしてお申込みいただければ幸いに存じます。

9月4日、来場される皆様の笑顔のために私たちは努力と工夫を惜しみません!
ぜひご支援と情報拡散に残り4日間ご協力をお願いいたします。


音楽があふれる久留米市。
プロジェクトを通じて、久留米市を訪れたことがない遠くに暮らす方からも、応援、ご支援をたくさんいただきました。きっと音楽を媒介するコミュニケーションは、ネットが普及した社会においては、距離も国境も軽く超えて、新しい機運を生みだしていることを実感しています。


私たちはこのまちが音楽をきっかけに世代を超え、出会いと交流が生まれ、さらに発展していくことを願っています。

くるめジュニア音楽祭のためにどうか力を貸してください!
引き続きよろしくお願いいたします。






 



【起案者からの挨拶です♪】


 

 はじめまして。福岡県久留米市在住の大渕勝敏(中央・ウクレレ)と申します。2011年に音楽好きのオヤジたちが集まり、ハワイアン音楽サークル「KANIKAPILA Music Club」を設立。地域の子供たちに楽器の演奏指導や発表の場をつくるなど音楽活動をサポートしてきました。

 

 2012年8月17日西日本新聞に私たちのサークル活動が紹介されました。

 

くるめジュニア音楽祭とは…

 今回、支援を募るプロジェクトは、「くるめジュニア音楽祭2016」の開催です。
夢を抱くジュニアミュージシャンを全国から募集し、ヴォーカル、バンド、ダンスなど自由なパフォーマンスを披露し合うコンテスト形式の音楽祭を開催します。
 イベントの随所には大人も輝く演出を仕込み、大きな舞台に挑む子供たちへ「音楽」でエールを送ります。久留米発、世代を超えて楽しめる音楽交流イベントです。

 

 平成28年4月27日に開業した久留米シティプラザ(久留米市六ツ門町)

 

晴レ舞台はザ・グランドホール。4階層の大空間は最高の音響を生み出します♪


1500名の観客席と最新の音響・照明システムを有する本格的なコンサートホールに、一次審査を勝ち抜いたジュニアミュージシャンたちがパフォーマンスを披露しグランプリを目指します。

 

くるめジュニア音楽祭2016案内チラシ(イラスト:MYU THE "K")  

 



MYU THE "K" Instagram ⇒ https://www.instagram.com/myu_the_k/

また、オープニングアクトとして、地元久留米を拠点に30年以上活動を続けているアコースティック・フォークバンド 浪夢(ろむ)が決定!!愛情いっぱいのハーモニーを届けてくれるます。
♪「小さな手」 by浪夢


 

審査委員長は、キティパブリッシング代表取締役の大平太一氏。
 
ガールズバンドSCANDALのプロデューサーで舞台プロデュース、スタジオ運営等、多方面に活躍する音楽プロデューサー。プロの眼で出演者を審査し夢への足掛かりとなるアドバイスをしていただきます。
また、特別ゲスト審査員として地元久留米在住現役女子高校生バンド「KANIKAPILA」を迎えることも決定! 音楽祭の締めくくりを迫力のライブパフォーマンスで盛り上げていただきます。

ゲスト:いちご姫ユニット


ゲスト:BIЯTH

 

音楽祭のラストを盛り上げてくれるのは、現役女子高生バンドKANIKAPILA

 



9月4日『音楽祭スケジュール(予定)』

12:30 開場

13:00 開演・オープニングアクトステージ

13:30 ミュージシャン部門

15:00    サポートミュージシャンステージ

15:45    パフォーマーステージ

16:30 ゲストステージ 
       いちご姫ユニット

       BIЯTH

               KANIKAPILA

17:50   審査結果発表・表彰式

18:00 終演

 

 

なぜ「ジュニア音楽祭」を開催するの?

私たち実行委員メンバーはこれまでのサークル活動を通じて、音楽を媒介することで様々なベクトルへのコミュニケーションが生まれていくことを学びました。 世代間のコミュニケーション不足や同世代でも人間関係の希薄化が問題とされている昨今ですが、理屈抜きに楽しめる「音楽」は、子どもと大人、更に地域をつなげる鍵になるはずです!

 

 
ここにこれまでのサークル活動を紹介させていただきます。 


▲サークル活動の様子。公共施設の音楽室でオヤジ達がボランティアで楽器演奏や作曲の指導を行います。(KANIKAPILA Music Clubブログより)

 

 


▲地域の夏祭りや音楽イベントなど、子どもたちの発表の場を広げてきました。



▲2014年第4回SCANDALコピーバンドコンテスト グランプリ受賞(写真:teenaホームページより)

 

この活動を新たなまちおこしの一例として、久留米から発信していくことに意義がある!久留米の魅力を多くの方に知っていただきたい! きっと音楽を媒介する世代間コミュニケーションづくりは全国各地に広がる可能性を秘めているはず!!

私たちはこの想いを具現化するために、昨年、イベント企画書を久留米市に提出したところ、久留米シティプラザの開館初年度を飾るオープニング事業の一つとして採択され、平成28年9月4日、ザ・グランドホールでの開催が決定いたしました。

 

 

【集まった資金の使いみち】

久留米市をはじめ、久留米市教育委員会、久留米観光コンベンション国際交流協会などの後援をいただいて開催する公的なイベントですが、ご来場いただく皆様に心から満足していただけるように会場設備を整えていくと、持込み機材や業者への委託経費などどうしても運営経費が膨らんでしまい、自己資金と市からの補助金では対応できず、

資金の援助が必要となりました。


<ご支援いただきたい運営資金の内訳>

 ●会場使用料  20万円

 ●音響・照明設備費  20万円 

 ●印刷費  15万円

 

今回、FAAVO で集まった資金は、会場使用料、音響・照明設備費、印刷費に利用させていただきたく思います。

 

本格的なコンサートホールの演出を子どもたちに体験させて「夢」への足掛かりにして欲しい! 

観客席で見守る仲間や家族の笑顔、関わる人全ての笑顔を見てみたい!

 

このビジョンに賛同して頂ける方は、ぜひ出資をご検討下さい。
そして9月4日、音楽あふれるまち久留米市にぜひお越しください!!
ご協力のほど、何卒お願い致します。 

 

【プロジェクトのスケジュール】

5月:クラウドファンディング支援者募集開始 音楽祭エントリー受付開始

6月:音楽祭エントリー受付 クラウドファンディング支援受付終了

7月:エントリー受付終了 音源による一次審査  本選出演者決定

8月:リターン品準備 

9月:音楽祭開催 

9月中旬:リターン品を発送

 

【起案者情報】

SCANDALコピーバンドコンテストグランプリ受賞 2013.12.22 SHIBUYA-AXにて

 

最後まで一読いただきましてありがとうございます。
ひょっとするとお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが... 私たち実行委員は久留米在住高校生ガールズバンドKANIKAPILAメンバーの父親、母親たちとその仲間たちです。

 

 

「KANIKAPILAの活躍を機運に、何かイベントを開催して音楽のまち久留米を更に盛り上げよう!」最初はそんなノリでした。 
しかし、準備を進めていく中で、サークル活動を通じて生まれた人と人のつながりを最大限に活かし、この経験を広めることに意義があり、さらにまちづくりに貢献できるかもしれない...そういう想いが次第に強くなりました。
 


2014年FBS福岡放送ニュース5ちゃんでKANIKAPILA特集が放送され、我々オヤジバンド「AUANA80's」も紹介されました。

 

私たちのサークル名でありモットーでもある「Kani Ka Pila(カニカピラ)」とはハワイ語で「音楽を楽しもう」という意味。 私たちは文字通り、音楽の楽しみを世代を超えてシェアし、新しいコミュニケーション活性化モデルとして、そしてまちの賑わいづくりのモデルとして、音楽あふれるまち久留米市から発信していく所存です。

私たちのプロジェクトに賛同いただけましたらどうかご支援のほどよろしくお願いいたします。

 
くるめジュニア音楽祭2016

・Facebook

https://www.facebook.com/jrkurume

・Twitter

https://twitter.com/kurumejr_2016

 

実行委員スタッフブログ「Kani Ka Pilaなオヤジたち」

http://ameblo.jp/kurume-jr
(公式ホームページ⇒準備中)

 

KANIKAPILA Music Club
これまでの活動をご覧いただけるサイトです。

・Facebook

https://www.facebook.com/kanikapilamusicclub/


・ブログ

http://kanikapila-kurume.blogspot.jp/


・Youtubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCIgiTO98awqcbnpZ8nsqqeg



 

  • 2017/08/18 18:48

    ゲストアーティスト紹介:床櫻なつ美 今回のリポートでは昨年のグランプリ受賞者床櫻なつ美さんを紹介いたします。 昨年、澄んだ歌声とウクレレの演奏でザ・グランドホールの空気を一変させたパフォーマンスが記憶に残る床櫻なつ美さんですが、実は中学生時代に「しんまち七色ばんど」という3ピースガールズバン...

  • 2017/08/18 00:45

    こんばんは。本日のレポートはくるジュニ2017ゲストアーティスト「爆裂パンダ」を紹介いたします。爆裂パンダ(写真:公式ホームページより)   大分を中心に九州で活動しているポップロックバンド。2015年4月から活動を開始。結成から2年で、現在まで述べ200本以上のイベント、野外ライブ、学園...

  • 2017/08/17 00:25

    本日のレポートはバックステージツアーのご案内です。クラウドファンディングにご支援いただいた全ての皆様へのリターン(お礼)として、今年もバックステージツアーを企画いたしました。昨年はザ・グランドホールでの初開催ということもあり、とても興味を持っていただき、約40名様をご案内させていただきました。...