かつて大塚台は市内随一の新興団地で、中心部にある大塚台商店街では毎年のように夏祭りが開催されていました。しかし一昨年祭りが休止となり、住民からは夏祭りの復活を望む声が多く寄せられました。今回祭り復活に向けてミニ夏祭りを企画をしました。   

プロジェクト本文

大塚台に夏祭りを復活させ、地域住民の絆を深めよう!

 

写真は一昨年に開催された中央商店街の夏祭りの様子です。

 

かつて大塚台は子ども達で溢れかえる市内随一の新興住宅でした。最盛期の宮崎西小学校は全校生徒1700名を超えるマンモス校で、学校行事や地域毎の自治会,こども会活動、夏祭りやスポーツ活動など、まさに子ども達が中心の地域でした。

また、大塚台商店街では毎年のように夏祭りが開催され、一昨年まで連続で行われていました。しかし、近年では、少子高齢化に伴い小学校の生徒数は300名を下回っています。

スポーツ活動も減り、各自治会毎の夏祭りも次第に休止、一昨年には大塚台商店街の祭りも休止となり、地域住民はどこか寂しげな雰囲気を感じている昨今です。

この停滞する大塚台団地の状況を「夏祭りの復活」で元気づける為に今回小規模ではありますが「ミニ夏祭り」の復活に取り組むことになりました。

 

写真は一昨年の夏祭りでの生目ソーラン会の演技です。

 

今回の「夏祭り復活」の事業については、大塚台を明るくする会と現役世代の「おやじの会」で実行委員会を作り、学校関係、高齢者クラブや、地区社協や包括支援センターなど大塚台の様々な団体の協力を得て「ミニ夏祭り」を復活させたいと思っています。 


   


写真は一昨年の夏祭りでの「金魚すくい」を楽しむ子ども達です

今年のミニ夏祭りは子供を主な対象にしたイベント内容を予定しています!


 

大塚台を明るくする会のスローガン①

大塚台に生まれてよかった!!

 

 

 

大塚台を明るくする会のスローガン②

大塚台に住んで良かった!!

 


 

大塚台を明るくする会のスローガン③

大塚台に住み続けて良かった!!

 

「大塚台を明るくする会」の設立目的は大塚台地区住民がここに住んでいて良かったと実感できるような「まちづくり」を進めていくことにあります。

 そのような事業の一環として今回の「大塚台夏祭り」は位置づけたいと考えています。


 


● リターン品の紹介

3000円の方へは  大塚台郵便局おすすめ切手セット(720円)
5000円の方へは  上記切手セットに加え、大塚台団地40周年記念誌又は山形屋お買い物券 
10000円の方へは  上記切手シート&大塚台団地40周年記念誌(又はお買物券)に加え,大塚台団地内唯一のベーカリー「パナリー」のケーキ詰め合わせ


 

 

● 支援金の使いみち

夏祭り運営資金   60%

リターン費用    20%

手数料       20%

 

 

● 実行スケジュール

7月7日  第1回夏祭り実行委員会開催

7月19日 CFページ立ち上げ

7月20日~大塚台出身者へのDMなどでの協力呼びかけ

7月21日~大塚台地域自治会への支援要請

7月31日 目標額の50%達成

8月10日 目標額100%達成

8月11日~夏祭り準備作業

 

 

● お問い合わせ先

 

大塚台夏祭り実行委員会 副実行委員長 青木喜由(090-7989-5451)