円谷英二の師・枝正義郎が1934年(昭和9年)に制作した映画「大仏廻国・中京編」の復活プロジェクトプロジェクトの支援をお願いします。公開予定時期は2018年12月。戦災により観ることができなくなった「幻の特撮映画」の復活にご期待ください。

プロジェクト本文

▼大仏廻国とは...

ゴジラやウルトラマンの生みの親、円谷英二監督の師匠・枝正義郎が1934年に製作した映画、それが『大仏廻国』。急に起き上がった大仏が全国を徘徊するという内容は、多くの映画ファンの度肝をぬいた。

しかし現在、戦災によりフィルムは見つかっておらず、それだけに観たい!という気持ちが抑えきれないという声も。

紹介サイト

 

▼幻の特撮映画、復活

枝正義郎の孫である佛原和義の監修のもと、特撮を愛してやまない映像クリエーターたちが「新・大仏映画製作所」を設立。「鈴鹿1000km」の実況・解説等で知られる安田崇がアナウンサー役で出演する。

​ストーリー、内容を現代に置き換え、なぜ大仏が「動く」かを徹底的に問う。

詳細や追加情報などはオフィシャルサイトにて随時公開!

大仏廻国 オフィシャルサイト

 

●概要

作品タイトル『大仏廻国』

上映時間:60分

公開日:2018年12月

上映館(プレ公開):東京芸術大学、他

 

●出演
安田崇 「鈴鹿1000km」実況・解説 ロッテ「ブラックブラック」CM出演


​●スタッフ
新・大仏映画製作所
監督:横川寛人
脚本:米沢有機/米山冬馬
大仏造形:米山啓介
大仏3D監修:木本諒/石川ヒロキ
コンセプトアート:浅井拓馬

●Special Thanks

佛原和義

●原作
枝正義郎 「大仏廻国・中京編」

●配給​
​株式会社3Y

 

▼コンセプトアート

大仏動く

 

スカイツリーに現る!

 

浅草に現る

 

画・浅井拓馬

 

▼CG造形

造形師が制作した大仏像を3Dスキャンし、CGオブジェクトを重ねて、テクスチャーを投影。
テクスチャーが足りない部分は元画像、モデルデータ、光源の合成処理を行う事で、
違和感のない3DCGモデルが映像の中に再現されます。

大仏造形:米山啓介
大仏3D監修:木本諒/石川ヒロキ

 

▼最後に

特撮映画制作には、非常に多くの費用がかかります。

開発、設定、本制作などを含めると、約1000万円以上の費用がかかることとなり、今回の目標金額はその必要な費用の一部と、皆様に対するリターンへの制作費用などに使わせて頂きます。支援していただいた方々には、映画鑑賞券はもちろん、パンフレット、作品 DVD、大仏3D雛形フィギュアなど、多くのリターンをご用意しています。

皆さんの支援で、素晴らしい作品となればと思いますので、どうぞ、宜しくお願い致します。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください