映画『食卓の肖像』は、過去様々な地域で上映してまいりましたが、1968年のカネミ油症事件発覚から50年を経た今年、多くの被害者が出た北九州市のうち、長崎県長崎市と五島市での上映会開催のため準備をしています。どうかご協力をお願いいたします。

プロジェクト本文

● カネミ油症事件ドキュメンタリー『食卓の肖像』長崎県上映会開催に向けて


 

● 未上映の長崎市と五島市での上映会開催を

戦後最大級の食品公害事件「カネミ油症事件」は、1968年に発覚し、九州・四国・関西など西日本一帯で14000人以上の被害者を出しました。被害者たちの証言とその後の生活を、金子サトシ監督が10年間追いかけ取材し製作した本映画の上映会を、被害者が多く、未上映の長崎市と五島市で開催し、できるだけ多くの方々に見ていただきたいと思います。



● 事件発覚から50年

カネミ油症事件発覚から50年が経ち、社会からは忘れ去られています。被害者の多かった長崎県などでは50年を契機に、新聞をはじめマスコミで大きく取り上げられています。カネミ油症は孫の代まで被害が続いています。「美容と健康に良い」と謳われて発売されたカネミライスオイルによる被害は、現代の我々にとっても決して他人事ではないはずです。美容や健康に関心のある人、ナチュラル志向の人も増え、必ず関心を持っていただけると思います。

 

 

 

● 長崎市と五島市の公共ホールで開催

長崎県出身のスタッフがおります。上映会開催に向けて長崎、五島両市の公共ホールを借りての実現が可能ということになり、11月開催のため(会場の予約が3ヶ月前に必要)長崎市はNBCビデオホール、五島市は福江総合保険福祉センターを上映会場として予約することができました。また、上映会開催に向けて、以下の新たなチラシを作成中です。

● 支援金の使いみち

東京在住の金子監督、ゲストにお招きする証言者の方、スタッフ派遣の旅費、滞在費がかなりかかってきます。長崎でのお手伝いの方の人件費も必要です。会場費は公共のホールのため多少安くすみそうですが、主に往復の飛行機代と宿泊費が足りません。多くの方に上映会のお知らせをするため、チラシも出来る限り多めに印刷したいと思います。

 


 

● 実行スケジュール

8月末チラシ完成。各地区に配布。

11月23日(金・祝)長崎市のNBCホール

11月25日(日)五島市の福江総合福祉保険センターホール

どちらも13:00〜開始の予定です。

映画は103分、終了後にゲストのトークも行う予定です。

 


 

 

● お問い合わせ先

田村 tamura@omuro.co.jp  090-8101-7805