県内から公募で集まった小学生が、力を合わせながらファンタジーな舞台を創り上げていく「野良のあそび箱~学習発表会をぶっ飛ばせ~」。その姿を追うドキュメンタリー映像を作って発信し、全国の子ども達に自由に発想する楽しさを知って体感してほしい!

プロジェクト本文

●ご挨拶(NPO法人企画on岡山)


 

私達(NPO法人企画on岡山)は、「場所(ここ)から生まれる」「時代(いま)から生まれる」をテーマに、岡山という場の上でこの時代に要求されていることを感じ考えながら、企みを続けるために立ち上げました。会員数は15名の小規模な団体ですが、20代前半から60代後半の幅広い年齢の会員がそれぞれに文化・芸術企画を作ったり、地域で文化・芸術活動をする方をサポートしています。

今回ドキュメンタリー映像をつくる『野良のあそび箱~学習発表会をぶっ飛ばせ!~』は、会員が企画立案し、参加する子ども達の保護者で構成された実行委員会をサポートしています。


●『野良のあそび箱~学習発表会をぶっ飛ばせ!~』を知ってほしい!

 

『野良のあそび箱~学習発表会をぶっ飛ばせ!~』は、その地域の子どもと大人が開催することで、地域の活力になります!

昨年には静岡県の南伊豆町で10人の子ども達が神社で野外公演を行い、人口2000人の町で200人弱の観客が集まる大イベントとなりました。この企画をもっと多くの人に知っていただき、各地で子ども達のエネルギーに充ちた舞台を体験してほしい。もちろん私達もサポートします! 

 

 

●ドキュメンタリーDVDをつくる!

舞台公演に向けて準備していく様子や舞台づくり、そして舞台本番や舞台裏を記録します。特定の子どもを追うのではなく、子ども達が過ごした時間を記録していきながら、テーマの『学習発表会をぶっ飛ばせ』にどれだけ近づけたのかを追っていきます。同時に、舞台専門家や保護者、NPOの大人が子ども達にどのようにかかわっていくのか、その過程等も記録します。その記録をドキュメンタリーに仕上げます(長編と短編の2つ)。

DVDは映像だけで伝わるようにして、テロップや音声による説明は最小限にし、ニュース番組的ではなく一つの作品となるように、地域で活躍する映像作家に製作をお願いしました。加えて、この企画で生まれた素敵な11曲の歌を子どもたちが吹き込んだCDと記録集を作成します。これらをひとつのパッケージにして全国の文化施設や小学校に発信します!

 


 

● 『野良のあそび箱~学習発表会をぶっ飛ばせ!~』とは?

かつての路地裏にあったように、子どもが自分達の物語を共有して一緒に遊ぶ場所を劇場(ハコ)につくりたい。そして学校教育とは違った方面から、また教育の現場ではなかなか体験できないようなことをやりたいとの思いから、この企画が生まれました。

「演劇」「影絵」「音楽」を1つの舞台に織り込み、子ども達は3つの中から好きなジャンルを選び参加することで、「身体を動かす」「手先が器用」「リズム感がある」などの得意なことを使って遊びながら、舞台を創作します。影絵はもちろん、効果音に使う一部の楽器まで竹や木を使った手作りです!

保護者も空いている時間を使って衣装や舞台美術をつくったり、影絵や楽器を子どもと一緒につくったりして舞台づくりに参加します。子どもだけではなく大人も「つくる」楽しさや達成感を感じることができる舞台です。

 

●子ども達が本来持っているチカラを思いきり表現するために

「演劇」「影絵」「音楽」のプロが子ども達のイメージや思いを掬い取り、子ども達の持つ発想力や創造力を活かした舞台を一緒につくりあげていきます。 そうすることで、子ども達の本来持っている知恵や思いやエネルギーを思いきり表出することができる場所をつくります。

4年目を迎えた今年は、昨年までに参加した子ども達でチームをつくり、少し大人になった中・高校生の作品を入れることで、肉厚な舞台となりました。

 

 

●クラウドファンディング限定品も(リターン品について)

今回つくるDVDやCDのコースに加えて、エコバックのコースをご用意しています。エコバックはクラウドファンディングのみで入手できる限定品です!さらに、来年8月に予定している「野良のあそび箱」の公演のご招待券付きハガキをお送りします!リターン品のお届けは1月末を予定していますが、ハガキだけ来年の夏休み前にお届けしますので、うっかり忘れていても大丈夫!子ども達のエネルギー溢れる舞台を是非ナマで感じてください。

*次回公演の予定:2019年8月23日(金)19:00/24日(土)14:00・16:00 於・西川アイプラザ(開演時間は変更の可能性があります。)

 

 

 

●さいごに

現在「路地裏や軒下」が消え去り、スマホ等が子どもの世界まで普及してきて、地域で「あそぶ場所と時間」が減少しています。その結果、保護者までも孤立していき、お互いが支えあい喜び合う時間が消えていっています。そのような中で、「舞台づくり」は、文化・芸術活動を通して「あそぶ場所と時間」を提供するのに優れた方法です。

「夏休み」を利用したこの方法を、県内にとどまらず全国各地の文化施設、教育機関、NPO法人等に届けたいと願っています。加えて、短編映像をSNS等のインターネットでも流します。その結果、この試みが広がることを願っています。

 

  

● 支援金の使いみち 

・DVD制作・編集費

撮影機材費(HDカメラ、三脚)¥40,000(8日¥5,000)

撮影人件費 ¥80,000(8日¥10,000)

編集費(尺調整、テロップ入れ他) 1式 ¥30,000

DVDマスターディスク制作費  1式 ¥10,000

DVDダビング費(盤面印刷含む)¥20,000(50枚 ¥ 400)

・CD制作費

録音機材費(アンプ、ミキサー、マイク)1式 ¥20,000

録音人件費  1日 ¥10,000

CDダビング費(盤面印刷含む)¥20,000(50枚 ¥ 400)

・その他

印刷費(冊子印刷)¥30,000

メディア代(SDカード,HDD,DVD-R,CD-R) 1式 ¥20,000

交通費(車両費込み) ¥10,000(10日 ¥1,000)

雑費(ジュエルケース、プリンタインク等)1式 ¥10,000

小計¥300,000

 

● 実行スケジュール

【DVD】

*準備

・5月15日(火)  演出家の末原拓馬氏との打ち合わせ。

・6月  1日(金) 映像作家のサライジュンスケ氏への依頼と打ち合わせ

・6月  4日(月) サライ氏と末原氏の打ち合わせ(電話にて)

*撮影

・7月 22日(日)  保護者説明会

・8月1日(水)  練習(劇A,B)

・8月3日(金)  練習(劇A,B)

・8月9日(木)  製作(影絵)

・8月11日(土)  製作(楽器)練習(劇A,B。中高校生グループ)

・8月21日(火) 合同準備(劇、影絵、楽器)

・8月24日(金) リハーサル、本番(1回)

・8月25日(土) 本番(2回)*3回とも90余名の方が観劇にいらっしゃいました。

*編集

・9月~10月末 

*完成

・11月下旬

【CD】

*録音

・11月21日(水)

*完成

・11月下旬

【記録集】

*完成

・11月下旬          

 

 

● お問い合わせ先

NPO法人企画on岡山 担当:浦西朔TEL:080-2941-0675

E-Mail:kikaku.on@gmail.com

  • 2018/12/17 19:22

    過去の写真や、公演毎に配布されたパンフレットからの抜粋でつくる記録集に、独占インタビューを追加で掲載することが決まりました! この記録集だけで読む事が出来る特別なインタビューです。   末原拓馬さんとのお話で、インタビューを載せたほうが多くの方にこの企画が生まれた動機やきっかけ、そして4...

  • 2018/12/11 00:00

    「野良のあそび箱」の作品の一つ、『野良の方舟』の挿入歌『しょっぱいうみ』が、末原拓馬さん主宰の劇団「おぼんろ」のYoutubeで公開されています! 『しょっぱいうみ』は4年前、末原拓馬さんがはじめて岡山の子ども達とあそんだ時に生まれた名曲です。「野良のあそび箱」第一弾となった曲を聞いてみてく...