わたしたちの学校にはたくさん県外から,授業を見に来る先生方がいます。そんな方々に,わたしたちが通う福岡「あらつ」の魅力を知ってもらうマップをつくりたいと考えました。自分達で調べて,マップをつくり,たくさんの人に見てもらいたいです。

プロジェクト本文

わたしたちが通う福岡「あらつ」の魅力を伝えるマップをつくりたい!

 

福岡「あらつ」を紹介するマップをつくりたい!

 

 わたしたちは,全国から研究発表会を見に来た人が,行ってみたいなと思ってくれるようなマップや,福岡「あらつ」について詳しく知ることができるマップをつくりたいと思いました。でも,印刷するお金がないので,クラウドファンディングをしてみることにしました。集めたお金で,業者さんに頼んで印刷してもらいたいと思っています。ご支援お願いします。

 


たくさんの人に,附属福岡小の周りにある,よいところを伝えたい!


 わたしたちは,たくさんの人に附属福岡小学校の周りにある,よいところを伝えたいです。これまでの学習でたくさんよいところを学んだわたしたちが,がんばってつくりたいと思います。

 

自分たちで調べて,マップをかきます!

 

 1年生や2年生で学校の周りを調べたり,商店街でお仕事体験をしたりしました。3年生では,福岡のことを知る問題をつくりました。そのときに調べたことや,もう一度調査をして,自分達でマップをつくります。

 

● 支援金の使いみち


 マップの印刷費・・・45000円

 リターンの切手代・・・最大5040円

 封筒・・・最大1000円

 しおり作成費・・・最大1000円

 お礼の手紙・・・最大1000円

 faavoの手数料・・・10200円

<子供が計算したノート>

  

● 実行スケジュール

 

 冬休みに調査をして,1月からマップの作製をします。 

 

●リターンについて

 ①マップ・・・子供たちが自分達で調査,作成した福岡「あらつ」の紹介マップです。

 ②お手紙・・・子供たちが書いたお礼のお手紙です。

        これまでの学習の経緯もお知らせします。

 ③しおり・・・子供たち手造りの押し花を使った「しおり」となります。

 ④マップへの名前の掲載・・・お名前をマップの裏に入れさせていただきます。

 

● お問い合わせ先

 

 福岡教育大学附属福岡小学校 教諭 井手 司(ide-t@fukuoka-edu.ac.jp)

<担当教師から>

 本校は平成27年度より文部科学省の研究開発指定を受け,未来社会を生きる子供たちを育むためにどのような学習が必要なのか研究しています。その一つとして,日本の教育における金融教育の改善に注目し,取り組んでいるところです。

 今回もその一環として,クラウドファンディングを通して,「投資は,信頼や信用,プロジェクトへの共感があってこそ支援がなされ,支援された方はそれをもとに実行する責任が生じる」ということを子供なりに学ぶことを目的にしています。

 自分たちのプロジェクトが成功する喜びとともに,社会の仕組みを学び,未来社会で大きく羽ばたく子供たちに育って欲しいと考えております。ご理解,ご支援,よろしくお願いいたします。

  • 2020/02/20 03:42

    できあがりました!あらつマップ!   業者さんからの出来上がりイメージのデータが届き,みんなで確認!とても嬉しそうです!21日(金),22日(土)の教育研究発表会に間に合いそうです!   みんなで完成を喜ぶ一方で,   まだ修正を加えたい部分がある! みんなで行って確認したい! ...

  • 2020/02/11 21:06

    リターンのお手紙書きを始めました。 手作りのデザインの便せんに,気持ちを書きます。 分からない漢字は調べます。これも大切な勉強です。   色も塗って,お手紙を完成させます。 マップももうすぐ完成です。 できあがったら,リターンの発送にうつると意気込んでいます。  

  • 2020/02/11 21:03

    リターンのお手紙書きを始めました。 手作りのデザインの便せんに,気持ちを書きます。 分からない漢字は調べます。これも大切な勉強です。   色も塗って,お手紙を完成させます。 マップももうすぐ完成です。 できあがったら,リターンの発送にうつると意気込んでいます。