新橋の居酒屋文化を失いたくない

プラチナフィッシュのスタートはたった11席の小さなお店でした。以来、新橋界隈にて皆様に愛されれる飲食店を目指し邁進してきました。新橋にはビジネスマンを中心にいろいろな方が集まってきます。そんな皆さんが、楽しく飲む、美味しく食べる、笑顔が溢れる、そして皆さんから元気をいただき私たちもお店も成長してきました。そんな新橋の居酒屋文化を失いたくありません。

新型コロナウィルス感染症が終息するには、まだまだ時間がかかるかもしれません。店舗の家賃と従業員の雇用維持だけでも、相当な負担がのし掛かっています。しかし、いつか活気を取り戻し、皆さんが笑顔で集える居酒屋で英気を養っていただきたいという思いで頑張っています。将来を夢見て日々頑張っているスタッフもいます。食材を送ってくれる全国の生産者の皆さんもいます。その一杯が明日の活力となり、その時間が明日への希望となるのは、居酒屋の力であり魅力です。まだまだ諦めるわけにはいきません。お弁当やデリバリーなどできることはやり尽くしましたが、如何せん新橋は閑散としています。自分たちの力だけで何とかなるという状況ではなく、悔しさと不安が入り混じっています。

「今来てください」とは言いません。落ち着いたら、安心して飲みに来られる状況になったらご来店ください。皆さんにまた集っていただくために、店舗を存続させるために、誠に厚かましいお願いではございますが、皆様のご理解ご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。


全てのお客様へ、食べる幸せと笑顔をご提供する

私どもプラチナフィッシュのコンセプトは「全てのお客様へ、食べる幸せと笑顔を」です。お客様の食に対するニーズに、一切の妥協なく、全力で応えていくプロフェッショナルであるために、スタッフたちが自ら探して選んだ、本当に美味しいと思うものだけを仕入れて、お客様へご提供しています。単純ですが、飲食店の本質を追求していくことを大切にしています。

そして拘りは「産地直送の食材と旨いお酒」。プラチナフィッシュの一番の自慢は、なんといっても四季によって変わる様々な旬の魚たちです。三浦半島から新鮮な魚を、毎朝直送。その日のうちにご提供しております。また、各店の店主が仕入れた食材で創るオリジナリティ溢れる料理に合わせて、ワインや日本酒等のお酒も全店舗、非常に拘っております。

「全てのお客様へ、食べる幸せと笑顔をご提供する」そんな使命のもとに個性溢れる店舗を揃え、あらゆるご利用シーンに対応し、楽しんでいただきたいと考えています。


新橋を愛しプラチナフィッシュを応援してくださっている皆様へ

新橋の賑わいがを取り戻し、プラチナフィッシュにお越しいただき、みんなで美味しいお酒で笑顔で乾杯しましょう。皆様の応援ご支援をどうぞよろしくお願いいたします!

以下の4つの方法でご支援ください。

【1】「プラチナフィッシュグループ39店舗共通食事券」で支援
【2】「プラチナフィッシュグループに寄付」として支援
【3】「鈴木社長“おもてなし”貸し切りプラン」で支援
【4】「平野準(創業者)なんでもやります10日間貸し出しサービスプラン」で支援

クラウドファンディング期間:6月1日(月)~7月15日(水)


“新橋”への想い

現在、プラチナフィッシュ39店舗のうち30店舗あまりがここ“新橋”にあります。4半世紀を越え本当に長いあいだ“新橋”にはお世話になり心より感謝しております。「居酒屋はサラリーマンの永遠の恋人」をテーマに、いろいろなお客さまにお引き立ていただき現在に至っております。

私は、この“新橋”を心から愛する居酒屋のオヤジだと自称しています。そんな私も何か“新橋”に御返しができないかと、居酒屋経営の傍ら、微力ながら愛宕警察署の防犯協会、芝消防署の懇話会などに参加し、また港区とも連携した盛場対策などに協力しています。少しでも“新橋”を愛しお世話になっている者として貢献したいという思い=新橋愛です。

現在、新型コロナウィルス感染症が日本を東京をそしてこの“新橋”も苦しめています。私共も感染を拡めないまた感染しないように、都の休業要請が出る前の4月1日より大半の店舗を休業させており、やっと緊急事態宣言解除を受けて5月26日より営業を順次再開させていただきました。

助成金等、政府の支援もございますが、とても店舗を維持することなどできません。現在、借入れをしてスタッフの給料や家賃の支払い、社会保険料などに充てていますが、いつまでも耐え抜く体力はありません。2ヶ月あまりに及んだ自粛が終わっても以前のような賑わいが戻るには時間がかります。そこで、皆さまにこの“新橋”にプラチナフィッシュの灯が消えないようにご協力をいただきたく、このような形を取らせていただきました。

がんばって乗り切って、また皆さまの笑顔にお会いできることを楽しみにしております。皆様のご理解ご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

株式会社ジェイダヴリュエーグループ 代表取締役 平野準


“生産者”への想い

開業したときから“生産者”の応援をスタートし、“生産者”とプラチナフィッシュは一緒に手を繋ぎ成長してきました。今では200を超える“生産者”と協力し産地直送を実現しています。その繋がりを失いたくない、これからも“生産者”と一緒に歩んでいきたいという強い思いがあります。

その取り組みを少しずつ認めていただき、農林水産省6次産業化プランナー、公益財団法人みやぎ産業振興機構登録専門家、島根県浜田市との連携協定等、“生産者”と消費者をつなぐ大事な仲介役として、“生産者”の想いを形にしてきました。

今回の新型コロナウィルス感染症により“生産者”の方々も大きな影響を受けています。沢山の関係者が悲観な想いを押し殺し、「前に進もう」「力を今こそ合わせるときだ」「倒れるものが隣にいたら支え合おう」「これからが本当の時代だ!」と奮起を促す言葉をたくさん発信しています。

私達プラチナフィッシュグループができることは何か・・・。それは『“生産者”から消費者まで食に携わる人々の魂にもう一度、雄叫びをあげ、前に進み、今以上のGROOVEを起こすこと』です。

「新型コロナ前以上にガチャガチャするぞー!暴れまくるぞー!」ということが我々の使命ではないかと捉えております。暴れてやります。今まで以上に・・・。そこで、日本の食を!新橋のガチャガチャ感を守るため、皆様にお願いがあります。そんな私達に応援してください。新橋を、日本を盛り上げ、“生産者”、お客様にもう一度楽しんでいただくためのご支援を是非ともよろしくお願い申し上げます。

プラチナフィッシュ 取締役社長 鈴木基次


プラチナフィッシュ「地方創生プロジェクト」

「日本の生産者に、プラチナの光を」と、ひとつの県や市の食材に特化した料理を提供したり、イベントなどを通して土地の魅力を発信するプロジェクトを行っています。

生産者やその街に関わる方などをお招きし、リアルな街の人の声を伝えていくことで、食材の認知普及や観光誘致に寄与し、地元活性化のお手伝いをさせていただきます。

「産地への恩返しをしたい」「生産者の想いを伝えたい」ということがきっかけになりプロジェクトを発足しました。「産地直送」が評判を呼び、成長してきたプラチナフィッシュグループを支えてくれたのは、なんといっても食材を送ってくれる産地のおかげです。そんな産地に恩返しをしたい。それがこのプロジェクトへの熱い思いです。

2016年8月~9月「宮城の輝き 食材フェア」を皮切りに「黄金の國 岩手フェア」「まるごと 福井フェア」「まるごと 沖縄フェア」「南国土佐 高知フェア」「収穫の 秋田フェア」「ご来福! 冬の福岡フェア」「日本のひなた 宮崎県フェア」「海の京都 丹後フェア」「本州最北 青森県フェア」「おんせん県 おおいたフェア」を行ってきました。

生産者が「すごく美味しいものを作ってる」と自信が持てるお手伝いが出来たらと思い、食材の良さを生かした独自のメニューを考案し、それを東京で沢山の人に食べていただいております。


プラチナフィッシュ「食育プロジェクト」

「生産者とお客様を繋ぐ架け橋になりたい」という想いから生まれたのが「食育プロジェクト」です。 地方創生に取り組んでいると、その地域独特の素晴らしい食文化や、伝統を知る機会が多々あります。どうにかしてお客様にも伝えたいと 、「私たちの体=食」という考えを元に、イベントを通して食育を伝える活動を続けています。

2016年10月に「宮城県 湊水産 たらこ体験づくり」を開催。以来「岩手県 長根商店 きのこの素晴らしさを知る会」「山内かぶらを使って日本カブの大切さを知る会」「宮城県赤間フーズ ワカメを楽しむ会」「宮城県 伊豆沼農産 ソーセージ作り体験」「泡盛のカクテルづくりレッスン」「究極の塩について学ぶ 塩の授業」「日本酒を飲んで学ぼう! 日本酒を楽しむ会」「食べて学ぼう!麹の食育体験。」「福岡県食材のフルコースを楽しむ会」「森と食と旨みの授業」「温泉だけじゃない!おおいたの食材を知り尽くす会」の食育イベントを開催して多くの皆さんにお集まりいただいております。


プラチナフィッシュグループ店舗のご紹介

以下の39店舗でご支援金のリターンとなる食事券がご利用いただけます。
●プラチナフィッシュバル 本店 新橋
●プラチナフィッシュバル 個室 新橋
●プラチナフィッシュバル Primo新橋
●プラチナフィッシュHideout 新橋
●プラチナフィッシュ クラフトビアバル 新橋
●プラチナフィッシュ 本店 新橋
●プラチナフィッシュ 倶楽部 新橋
●プラチナフィッシュ Salon新橋
●プラチナフィッシュ KAPPO新橋
●プラチナフィッシュ ガーデンキッチン 新橋
●プラチナフィッシュEX 新橋
●プラチナフィッシュ 魚菜市庭 新橋
●プラチナミート グリルアンドバーベキュー 新橋
●プラチナフィッシュ神谷町 鉄板バル
●くずし割烹 白金魚 プラチナフィッシュ 銀座
●くずし割烹 白金魚 プラチナフィッシュ 東京駅サピアタワー店
●くずし割烹 白金魚 プラチナフィッシュ 秋葉原UDX店
●ダイヤモンドフィッシュ 新橋
●RESTAURANT 白金魚 プラチナフィッシュ 神田万世橋店
●プラチナフィッシュ クラフトビアバル アトレ川崎店
●プラチナフィッシュ ビアマルシェ アトレ川崎店
●プラチナ ベジ シャポー 船橋店
●プラチナ UDON シャポー 船橋店
●IZAKAYA OMOTENASHI SHINBASHI
●IZAKAYA OMOTENASHI VIP SHINBASHI
●ジャイアント馬場 バル 新橋
●炭火焼肉有田牛 銀座本店
●炭火焼肉有田牛 新橋店
●炭火焼肉有田牛 泉岳寺駅前店
●個室居酒屋 萬屋伍平 新橋
●居酒屋 海辺下浦港 新橋
●居酒屋 魚殿 新橋
●福炎や 新橋
●居酒屋 おば九 本店 新橋
●居酒屋 おば九 新橋駅前店
●居酒屋 おば九 本店 溜池店
●わびさび 本店 新橋
●わびさび SHINOBI 新橋
●お好み焼 おか福


資金の使い道

集まった支援金の全ては、必要手数料を差し引き、事業継続の固定費(従業員の賃金と店舗家賃)及び運転資金にさせていただきます。


All-in方式

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


最後に

新橋駅周辺には多くの飲食店が存在しています。その中で、プラチナフィッシュグループの店舗は30あまりしかありません。しかし、新橋において飲食店を引っ張っていく存在であると自負しています。また、そんな存在でありたいと願って頑張っています。プラチナフィッシュが元気であれば、新橋も元気になるはずです。新型コロナウィルス感染からの復活の象徴となり、新橋の飲食店に希望の光を輝かしたいと思います。

どうか、皆さんの大好きな新橋の活気が取り戻せるよう、お力をお貸しください。皆様の熱いご支援をどうかよろしくお願い申し上げます。

<プラチナフィッシュ公式サイト>
https://platinumfish.jp

<株式会社 ジェイ・ダヴリュウ・エー>
http://www.jwa.co.jp
〒105-0004 東京都港区新橋3-2-12 高松ビル4F
TEL. 03-3581-0700  FAX. 03-3581-0707

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください