千葉・金谷にある合掌造りの珈琲専門店「カフェえどもんず」台風15号からの復興の最中、コロナによる営業自粛で経営存続の危機に直面しています。このまま撤退してほしくない。マスターにこの町、この建物で「カフェえどもんず」を続けてほしい。そんな想いでクラウドファンディングが立ち上がりました。

プロジェクト本文


はじめに・ご挨拶

はじめまして。私達はお店スタッフと地元金谷の有志で構成されたカフェえどもんず公認のプロジェクトチームです。現在、2019年の台風15号に続くコロナの営業自粛で、店舗での営業再開が見込めず、非常に厳しい状況が続いております。スタッフとして、ファンとして、何としてもこの町、この建物でマスターにカフェを続けてほしいという想いが発端となってクラウドファンディングを立ち上げました。


お店について
〜合掌造りの古民家珈琲専門店「カフェえどもんず」〜

◉金谷合掌舘で始めたきっかけ

3.11の津波による風評被害で観光客が激減した海辺の町、金谷。町おこしの一助にでもなればと、毎日東京から通い、古民家「合掌舘」でカフェえどもんずは誕生しました。230年を超える大型古民家で提供される世界最高品質の珈琲がベストマッチしてか、ひっそりとはじめたお店が、「すごいカフェがある!」と来店したお客様の口コミが広がり、30年間空き家だった古民家を再生後、国内外問わず海外からお客様も急増していました。

開店当初から大切にし続けている「珈琲は心のBGM」心に寄り添うマスター流の「おもてなし」は、多くのファンを魅了し、日本初の会員制珈琲店として、珈琲通にも支持され続けていました。



◉お店、商品へのこだわり

築230年以上の世界遺産でもある合掌造りの古民家で、世界60カ国の農園から取り寄せた新鮮な生豆から焙煎した珈琲をお客様のお好みに合わせてご提供しております。店内焙煎、挽きたて、淹れたてでおもてなしをしております。館内には、歴史上貴重な日本美術品や世界から収集したアンティーク珈琲器具等も多数展示しておりギャラリーとしてもお楽しみいただけます。


カプチーノ(800円)

本日の珈琲スイーツ付き(1,000円)
地元ファンが見たこれまでの経緯
〜歴史的被害を受けた2019年台風15号〜

2019年9月9日。房総はこれまで経験したことのない台風が襲いました。翌朝私達の目に飛び込んできた、無残にも半壊状態の合掌舘。状況がわからず、だけど事の重大さは伝わり、ショックで、涙があふれたのを覚えています。今すぐにでも現地に駆け付けたい、そんな思いにかられましたが、自分自身の家も被災し、思うように行動に移れない自分がいました。



少し時間が経ってから、お店に足を運びました。がれきの山とビショビショになった店内、想像以上の被害、そして当たり前にあった特別な場所が、変わり果てた姿になり、ショックのあまり、呆然と立ち尽くしていたのを覚えています。そんな中、気丈にふるまうマスターの姿が印象的で、気の利いたことも言えず、何かしたいけど何もできない自分の非力さに、もどかしさが募っていきました。



しかしながら、数多くの災害ボランティアや支援者の存在により、少しずつ動き出した復旧作業は、メデイアにも取り上げられ、このままの勢いで想像より早く復旧するのではないかと淡い期待を抱いていました。


総勢500名以上ものボランティアにご協力をいただきました。


しかし容赦なく襲う度重なる台風と雨風。それでも再建へ向け、奮闘している姿がマスターの生き様を見せつけられているようで、自分ができること、やるべきことを深く考えるようになりました。合掌舘の修理には時間がかかり、時として現状から目を背けたくなることもあったでしょう。



そんなとき、マスターは「お客様からのあたたかいメッセージは支えになる。だから少しでも気持ちをお返ししたい」と始めた屋台カフェ。多くのご来店に喜び、言葉を交わすマスターの姿を久しぶりに拝見し、胸が一杯になりました。


被災後、土日限定で始めた屋台カフェ


スタッフがこのプロジェクトを立ち上げた理由
〜復興の矢先、コロナ営業自粛による経営危機〜

フェイスブックで復興の進捗やイベント情報も頻繁に発信し、これからの発展を信じていたのもつかの間。3月三連休を過ぎ、一連のコロナ騒動で時が止まり、台風に引き続き2度目の試練で営業自粛を余儀なくされました。

いつでも笑顔で気丈に振る舞っていたマスターも、時折見せる思いつめた様子に事の深刻さを感じた矢先、マスターから「合掌舘だけは後世のために残していきたい。」と言われ、このままではカフェえどもんずが無くなるかもしれない。無くしてはならない。と、私の頭をよぎるも、1人では何も出来ない無力さを感じ、地元ファンに協力を仰ぎました。

すると、「私たちはいつもマスターにたくさんのパワーをもらってきました。カフェえどもんずは心のもやもやができたり、素直になれなかったり、自信を無くした時、無性に行きたくなる心の拠り所でした。時を忘れて、自分と向き合い、そっと心に寄り添ってくれる場所だったので是非協力させてください。」と快諾してくれました。

こうして少しでもカフェ再建をサポートすべく、プロジェクトチームが結成され、クラウドファンディングの立ち上げに至りました。


プロジェクトで実現したいこと

店舗営業再開のための内装費のサポートをすることが今回の目的ではありますが、それ以上に大切なのはクラウドファンディングを通じて、全国にいる多くのファンのご声援をマスターに届け、のどかな漁師町金谷で、この合掌造りの建物で、カフェを続けてほしいという想いが発端となっています。マスターを応援したいという人がこれだけいるんだという事を、このプロジェクトを通じて伝えたい。


リターンのご紹介

カフェえどもんずの全面協力得て特別なリターンをご用意しました。一部、来店者様用のリターンをご用意しておりますが、もしオープンできなかった場合は別のリターンで代用する場合がございます。もちろん、そのような事にならないよう今回のクラウドファンディングを通じて全力で再開へ向けて動いていく所存です。

※「クラウドファンディング限定 特別仕様会員カード」はすべての皆様にお届け致します

◉5,000円・・・クラウドファンディング限定 特別仕様会員カード

◉10,000円・・・マスターによるハンドドリップ券+スイーツ付

◉10,000円・・・えどもんずクラウドファンディング限定グッズ

◉30,000円・・・オープニングパーティご招待券

◉30,000円・・・最高級スプーンプレスセット(3種)

◉30,000円・・・クラウドファンディング限定 「ありがとう珈琲」

◉50,000円・・・コーヒーチケット10杯分

◉50,000円・・・あなたをイメージしたあなただけの焙煎コーヒー 「You Coffee」

◉50,000円・・・合掌舘にお名前を掲載

◉100,000円・・・数量限定VIP会員カード

◉100,000円・・・マスター&支配人の出張カフェ

◉200,000円・・・合掌舘日帰り貸切券

◉500,000円・・・上記全リターン(追加リターン除く)

※建物の修繕状況やスケジュール等の関係でお届け日が前後する可能性があります。

資金の使い道・スケジュール

店舗営業再開のための内装費の一部として資金を活用致します。合掌造りという特殊な構造上、実際の内装費はもっと多くの費用が必要なため、少しでも補填できるようにキャンプファイアーへの手数料を除く全額を内装費に充てたいと思います。


最後に

全国にいらっしゃる、えどもんずファンならびにご興味のある皆様へ。

金谷合掌舘でマスターの笑顔に会いたい。

「マスター、また、珈琲飲みに行きます!」の約束を果たしたい。今度は、私たちが、マスターを支え、力を合わせて、あの特別な場所を守る時が来ました。

「千葉・金谷合掌造り「カフェえどもんず」の存続をかけた挑戦」へ、皆様、ご支援を宜しくお願い致します!


〒299-1861
千葉県富津市金谷2185-2合掌舘
カフェえどもんず
電話070-6478-7778

■営業日未定

修復作業中にて休業中です。修復作業は危険を伴うため敷地内の立ち入りをお控え下さい。

最新情報はFacebookでご確認ください



<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/06/19 16:05

    【えどもんず物語】〜支配人(美光)との出会い〜2014年、カフェ店内で行われるイベントの打ち合わせで、お客様として来店されたのが初対面でした。その時はお仕事の話だけでしたが、イベントでの美光さんの動きや、人への気配りを目にし、その後開催されるイベントにはイベントスタッフとしてサポートをお願いし...

  • 2020/06/18 18:58

    【えどもんず物語】〜合掌舘との出会い編〜  都内を生活の拠点としていた私は、息抜きの場所として度々、ここ鋸山へ足を運んでいました。 2008年のある日はいつもと違い、導かれるように鋸山へと向かいました。 無心に登り、一息つこうと歩いて来た道のりを振り返ると、金谷の町並みが視界に飛び込んできまし...

  • 2020/06/17 17:45

    【最新情報】合掌舘 進捗状況クラウドファンディング立ち上げから6日目。皆様から心温まるご支援、コメント、情報拡散のご協力、心より感謝申し上げます。本日は、現地スタッフより昨年の大型台風直撃から約10カ月の時が経った最新の合掌舘状況をご報告させていただきます。クラウドファンディング以前より進めて...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください