はじめに

プロジェクトの概要


保護猫をモデルにしたオリジナルカレンダーを沢山の方に手にしていただき、保護猫や成猫の可愛さを知ってもらい、里親制度譲渡会に興味を持ってもらえるきっかけになりたいです

資金は保護猫の治療費、活動費として使わせていただきます


解決したい社会課題

猫ブーム以降、SNSでも沢山の方が猫の魅力を発信する機会も増え、猫と暮らしたい、飼いたいという方が増えました

しかし、その裏で全国的に殺処分されている猫がまだまだ沢山います(全国的に殺処分の大半が猫です…)

環境省のデーターから↓

30年度の殺処分数

犬、猫合わせて38444匹

そしてそのうち猫は30757匹

うち幼齢(仔猫)は20234匹

収容はもっと多い、所有者不明つまり野良猫の収容は成猫仔猫の合計で五万匹超えです…1年間でこれです…凄い数ですよね…

産まれてもすぐ猫に消えてしまう命…

現実は厳しいです…

保護犬、保護猫、という言葉は最近聞く人も多いのではないでしょう?

なんらかの事情で保護が必要になった犬や猫、うさぎ等は全国的に沢山います

愛護団体、ボランティア、保健所等が、保護しお世話をしながら里親募集をしています

保健所の場合は残念ながら全ての保護動物に里親という探すという訳にはいかず、譲渡候補になれない子達は殺処分となってしまいます…


その殺処分を少しでも減らす為、各地でボランティアが頑張って保護譲渡活動や野良猫さんへの避妊去勢手術(TNRや地域猫活動)をしています

(Trap(トラップ): 捕獲すること)

(Neuter(ニューター): 不妊手術)

(Return(リターン): 猫を元の場所に戻す)

さくら猫と言った言葉もありますね

この様な野良猫さんへの不妊化活動もかなり大切なものになります

そして、里親制度や譲渡会を知らない人もまだまだ沢山いるので、沢山の方に知ってもらいたいです


このプロジェクトで実現したいこと

カレンダーのモデルは全て保護猫です、カレンダーを通して保護猫の可愛さを知ってもらいたい


猫と暮らしたい方が保護猫や、里親制度譲渡会に興味を持ってもらえるきっかけになりたいです

そしてこのページを見た方にも知って貰える事はクラウドファンディングの良さだと思います

長くなりますが目を通していただけると嬉しいです

里親(家族)を探している保護動物とペットと暮らしたい方とを繋げ、マッチングするのが里親制度譲渡会になります

本当に様々で各地域の愛護センターや保健所、愛護団体やボランティア等、今は殆どがホームページ、ブログやSNSでもお知らせされていますので見て見て下さいね!


何となく難しいそう、面倒くさそう…

と言われる方もいらっしゃいます

確かにペットショップやブリーダーの様にお金さえ払えばポンと簡単にとはまた違うと思います…

ただそれには理由があります、やはり一番に保護動物が幸せになる為、また捨てられるとか大切にされないという事は絶対に避けたいので、きちんと飼う環境にあるか、ご家族の方も賛成している等々、大なり小なりの条件は聞かれます


だけど、本来ならペットショップやブリーダーでもきちんと飼う環境、飼って大丈夫な人なのかという事を考えて売らなければならないと思ってます


うちにいる保護犬は、前の飼い主さんはペットショップで買いました、娘さんが結婚した為実家に放置して誰も世話をせず、狭いケージに入れたままの状態でした、そして最終的に家を売るから保健所に…と言われ、うちが保護しました

里親制度の場合は終生飼育をお願いする事が多いです、どうしても事情がある場合は後継人がいるかや、次の里親さんを探す事を約束してもらったりします(もちろんボランティアさんも一緒に探したり)

里親制度を利用した場合、面倒と思われる過程の中で命を迎える覚悟や決意、責任感がわきます、そして色々な過程を経て、自分の家族になった時の嬉しさは言葉にならない位だと思います

(里親詐欺という悪い人に渡らない為にもある程度の過程が重要になっています)

施設や各ボランティアにより、条件面やシステムなど様々ですから、色んなところへ条件面等を含めた運命の出会いを探してみて下さい!

資金の使い道

カレンダー制作費、リターン製作費、配送費、クラウドファンディングの手数料(14%プラス税)以外は全て、野良猫活動、保護活動、保護動物にかかる費用(避妊去勢手術や治療、薬)などに使わせていただきます


優先順位1

6/26に保護した野良猫さん(茶々)が状態が悪く保護しましたが、FIV猫エイズウィルス)陽性で、貧血、腎不全があり保護当時は少し危なかったですが、現在少しずつ回復気味です

しかしFIV陽性で口腔内の状態が悪く、歯肉炎と口内炎で出血がある為、隔離期間が過ぎても他の子たちとは一緒に出来なくなりました…

転居先のプレハブ小屋を茶々の部屋にしなければならなくなりました

優先順位一番は茶々の部屋になるプレハブ小屋に、エアコンかスポットクーラーを設置(冬は暖房機器)

希望はエアコンですが、電気工事に費用がかかりそうならスポットクーラーや窓につけるエアコンを考えます

後は、床を多少綺麗にしなければなりません…

エアコンかスポットクーラー等

5万〜10万(電気工事、設置費用入れて理想はこの範囲内で)

床材

2、3万円でDIYします

優先順位2

茶々の治療費、サプリなどに使います

猫の腎不全は何かをしたら完治するものではなく、一生涯数値が上がるのを防ぐ為に皮下輸液、吸着剤、治療食、サプリメント等の管理が必要になり、定期的な通院がずっと続きます

そちらの費用に充てさせていただきます

✳︎治療経過や病院明細書は活動報告にて続けます(腎不全はずっと続く治療の為ある程度の期間で報告はブログに切り替えていきます)

あと、転居時に保護予定をしている野良猫さん(一匹)の初期治療等に充てさせていただきます。


優先順位3(優先順位1、2、で余った場合、また目標金額以上が集まった場合)

保護動物の治療やフードの費用、活動費など
積極的に次々に保護活動はしていませんが、明らかに捨てられた動物や弱っていたり、怪我をしている子を見つけた場合は放ってはおけない性分です、今後そのような保護が無い方が一番助かりますが、もしそのような事が起きた時に治療費、活動費が少しでもあると自費が少なく済み助かります

TNRも今後も続けて行く中で手術以外(手術費用は頑張って自腹でする覚悟はしています)に治療や投薬が必要な事もある場合の資金
(多いのは、疥癬や怪我の子です、TNRに治療をプラスしています)



リターン

保護猫の写真を使った2021年度のカレンダーです

猫ちゃんからの一言応援メッセージ入りですので、お仕事や家事、学業の合間に癒されて下さいね!

ハガキより少し大きいサイズです

※募集方式についての説明

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


新型コロナウィルスの影響で世界的に厳しい状況になりました、厳しいのは私だけではない事も重々承知しています

そんな中クラウドファンディングをするのが良いのかどうか…はとても悩みました、広く沢山の方に知ってもらう為チャレンジさせていただきました

ただ、ご支援だけをあてにした活動では個人では長く続けるのは無理があります、なのでオリジナルのカレンダーを製作しグッズ販売という意味でのリターンにしました。

正直、今回のコロナで色々と想う事もあり、今後の活動についても、少し見つめ直す時期に来たのかなとも思っています

気持ち的には頑張れるまでは何としてもTNRはやり続けたいと思ってます

保護猫、保護犬というのはなんらか事情があり手を差し伸べ無ければならはい子達であり、その事情というのは社会全体が、世界全体が作りだしているのだと思っています

早く動物が置き去りではない本当の意味での動物愛護法が進む事や、保護しなくても動物が不幸な結果にならない世界になってほしいと思います


そして猫ちゃんと暮らしたい、飼いたい、という方が里親制度というのがある事を知ってもらいたいし、譲渡会の参加や興味を持ってもらえるようなきっかけになるように頑張りたいと思います

応援よろしくお願いいたします


自己紹介・活動実績など

私は2009年に生まれたばかりの仔猫を保護したのをきっかけに地元滋賀県で猫の保護譲渡活動、野良猫さんへの避妊去勢手術(TNR)の活動を始めました

 
自宅を保護シェルターにしています

ケージに詰め込んだり、一部屋に皆んなを集めるのではなく、グループ毎に部屋わけし完全に室内フリーにしてます

感染予防を大切にしたいので、新たな保護する時は三週間ほどの隔離、隔離後のウイルス検査、次亜塩素酸水等での部屋の消毒等はきっちりしています

健康に問題がない子は適正時期に皆んな避妊去勢手術をしています、個人的に繁殖には反対派ですので、里親さんに譲渡する前に避妊去勢手術をする

手術にまだ早い時期の仔猫の場合は、適正時期に避妊去勢手術する事を条件とした誓約書を交わしています

個人活動でありますので派手な活動は出来ませんし、団体さんのように次々と保護譲渡をし効率よく回転?する様な完璧さはないのが正直なところです…
がTNRで関わってきた子達、保護した子達、関わってきた命に対しては責任を持って向き合って来ました、これからも覚悟と責任持って真摯に向き合って行く事は変わらず保護した子達には毎日快適に過ごせる環境を作る事を心がけています。


↑↑繁殖し増えすぎ崩壊した餌やりさん宅から保護した猫達


自分ができる範囲ではありますので派手な保護や無茶な保護は出来ないのですが、やはり多頭崩壊や状態の悪い野良猫さんに関しては見捨てるわけにはいかず…

多頭崩壊については色々な団体さんに相談したりもしてきましたが、中々協力してはもらえませんでした…

残念ながら滋賀県には大きな愛護団体はない状態で、個人がそれぞれ頑張っている状態です


そして野良猫さんへの避妊去勢手術(TNR)はやはり重要な活動だと考えていて、自分の周りはもちろんですが、ご相談がきたり、ネコパトロール(虐待を防ぐ為、事故や轢かれた子が放置されていないか、捨て猫がいないかをパトロール)の時に餌やりさんに出会ったりして話を聞いたりして、やはり野良猫さんへの避妊去勢手術は早くしないと、次々に出産しあちこちに崩壊がおきてしまいます

↑↑↑野良猫さんへの避妊去勢手術(TNRや地域猫活動)をした場合、片耳に手術済みの証がある場合が多いです、さくらの花びらの様にカットされている事からさくら猫とも呼ばれています


全国的に殺処分が圧倒的に多いのは仔猫です…

特に所有者不明の猫、つまり野良猫さんの仔猫が殆どです…産まれてもすぐ亡くなったり、殺処分される運命になるという悲しい現実を減らすには野良さんへの不妊化は大切です


自分の中では保健所に連れていかれる子を減らす、という意味でも野良猫さんへの不妊活動であるTNRに重きを置いています

産まれても結局は不幸になってしまうので、やはり今は野良さんの数を減らす活動は大切だと思っていますので、TNRはずっと続けています

個人活動ですので助成金などはありません

滋賀県は野良猫さんへの避妊去勢手術に対しての助成金もなく全て自腹になります。

猫だけではなく、犬も保護してきました

↑↑飼い主さんが亡くなった後、無人の庭に放置されていた犬(保護後フィラリアの治療、ケアして、今は里親さんの元で幸せに暮らしています)

飼い主さんが引越しで捨てたり、飼い主さんが亡くなった後、庭に放置されていた犬、理由は様々ですが、やはり放置しておけない案件が多いです

飼い主さんの都合、事情、あるとは思いますが、動物には何の罪もありません、どうか終生飼育、最後まで大切にして欲しいです…


最後に

正直、活動を始めた頃の若い時のように色々とスムーズに行かない現実もあります…
資金の壁や闘病看取りが続いている…等々

今回の新型コロナウイルスの影響で収入も減ってしまいまして(7月からは改善する予定ではありますが…)
今後の活動についても色々考えていかないといけない時期にはきた様な気がします…
ただTNRは今後も出来る限りは頑張りたい気持ちは強いです
 

現在、特病ありの子含め保護猫29匹、プラス6/26保護の茶々、保護犬2匹です、長年自腹でTNR含めて頑張って来ました

可愛いオリジナルの保護猫カレンダーをリターンにしています、応援を頂けると嬉しいです、よろしくお願いいたします。

そして譲渡会や里親制度を知ったり利用される方が1人でも増えていけばとっても嬉しいです

そして、野良猫さんへの避妊去勢手術(TNRや地域猫活動)がもっと広まって欲しいです

長く読みにくい文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございました。


  • 2020/10/10 15:33

    われながら、可愛く仕上がっていると思います、嬉しくてニヤニヤしちゃいます^ ^早く皆さんにお届け出来るように頑張ります!11月中旬から後半あたりに順に届くような予定にしてます!発送まで全て一人でしますのでもうしばらくお待ちくださいね^_^茶々は最近食べてます!中々調子が良く自宅での皮下輸液やサ...

  • 2020/10/03 12:54

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/09/25 12:27

    活動報告がなかなか更新できず、すいません…バタバタしています、1日があっという間にすぎて( ̄∀ ̄)保護した親子猫の子猫さん1匹が軽度の気管支炎で熱も高く呼吸が早くハラハラしてましたが、少しずつ改善しました茶々も相変わらず、食べたり食べなかったり…少し前は全く食欲がなく、薬も飲まずで病院に通って...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください