現在【森の庭】として公開している兵庫県赤穂市にある幸灯工房の庭の空き地は放置竹林で荒れています。 そこを開発して、間引いた竹を今後みんなで利用していくための【木と竹のツリーテラス】を作って 大人の秘密基地として公開し、地元の方々や観光客がゆっくりくつろげる拠点を作りたいと思います。

プロジェクト本文

 ▼【森の家】の庭につくる「木と竹のツリーテラス」


▲スケッチ①▲


▲スケッチ②▲

現在の森の家の庭には、放置された竹が生い茂っています。
赤穂御崎地区も高齢化が進んで、家も山も手入れが行き届かない状況で、特に森の家の周辺は車が入らない坂道が続き、空き家も増え続けるばかりです。このまま見捨てられた地域になってしまうのでしょうか?

車が入れないところには美しく静かな自然環境が残っていて、坂道で息を切らせて立ち止まると風の音だけが聞こえて周りには絶景が広がります。こんな地域を愛してくれる人たちを増やしたいという思いで、このプロジェクトを計画しました。

今回の木と竹のツリーテラスは、今後伐採した竹林の竹でみんなで手を加えていけるように制作します。
現在、森の倶楽部をはじめとする地域の方々と一緒に少しずつ竹を切って整備を行っています。
伐採後の開けたスペースに竹こまいで仕切ったテラスを、大木の根元には階段状のベンチを作る予定です。


▲ツリーハウス建設予定地伐採中▲

「木と竹のツリーテラス」を作ってくれる人たち

●設計:八木健吾建築設計事務所 八木健吾    

 

●造園:庭のジプシー 橋口陽平

●大工:伝統建築一 笹下昌平

●ワークショップ指導:井上晴登建設

▼今回舞台となる、森の家とは?


▲上から撮影した、森の家▲


▲銀杏坂を上がると、ジブリの世界が待ってます▲

幸灯工房 濱坂 幸代
ゆきあかりこうぼう / 照明作家/森の家 管理人
※和紙あかりの工房とギャラリーです

兵庫県赤穂市御崎で和紙のあかりの制作を行っています。この春に幸灯工房【森の家】という和紙のあかり工房をオープンしました。庭に面した二部屋と整備中の庭はセルフドリンク付きで公開中。
また、灯台が丘を訪れる方々のためにゲストルームも用意して宿泊していただけるようにしました。
自然の音しかない静かな環境。梢ごしに見える海へ沈む夕日、和紙のあかりや赤穂緞通、仲間の工芸家の作品で設えた室内。本やハンモック、ロッキングチェアなどの夢みた時間を過ごすための道具も用意しています。


▲縁側とゲストルーム▲


▲化粧室▲


▲ゲストルーム▲

 

▼私がここに来た理由!

  

私は卒業制作で和紙のあかりを制作したことから、展示依頼などのお話をたくさん頂くようになり、卒業後ずっと制作活動を行ってきました。
ですが、結婚・離婚で生活環境が大きく変わりました。
生活の為に仕事を探しましたが、作家活動が長くその間キャリアがない為に正社員になることが難しく、派遣で住宅メーカーなどで働いていました。

いつかタイミングが来たらまた制作活動に戻りたい・・・
とずっと思いながら毎日が必死で、長時間残業に追われ日々があっという間に過ぎて行き、どんどん制作活動から離れて行ってしまいました。

このまま時間だけが過ぎて行く事に焦りを感じ始めました。
最後に「やりきった」と思える後悔のない人生にしたい、もう後がないと思いました。

そんな時期に久しぶりに店舗用あかりの依頼を受けました。
形が降りてくる感覚があり、寝る事も忘れて無我夢中で制作しました。やっぱり私は作る事が好きなのだと再確認しました。

もう一度頑張ろうと思い、それから残業で遅い毎日と少ない休日だけを利用して必死に制作をして個展を開きました。
それまで当たり前にやってきた事だったのに、忘れかけていた感覚でした。

個展のサブタイトルが「再開」。

自分の中での宣言と本当に今後の制作活動の再開につながるように思いを込めてつけたサブタイトルでした。

それが本当に活動の再開につながるとは・・・
その時既に会社を辞める事を決意していた私は、今回のこの【森の家】プロジェクトに誘われました。

赤穂には何度か来た事がありましたが、御崎には初めて来てその景色に感動しました。
悩み考えた結果、ここでもう一度自分が一番やりたい制作活動をするという覚悟をし、ここに来る選択肢を選びました。

そして、幸灯工房【森の家】を4月にオープンすることができました!
作品をつくりながら森の家を作り上げて行く忙しい日々の中、大変な事もたくさんありますが、制作活動に戻る事ができた喜びと、以前にはなかった違った充実感を味わっています。

 

▼森の家がある、兵庫県赤穗市御崎灯台が丘とは?

赤穂は新快速で神戸まで1時間ちょっと、大阪まで1時間半の便利な所です。でも美しい自然がいっぱい。清流千種川が流れ、海岸線の絶景は息をのむような開放感があります。

 

  

この森の家がある、御崎地区のてっぺんには白い灯台が立ち、中腹には手積みの石垣に守られた細い坂道が続きます。

西には御崎港

南には「海の見える露天風呂」で有名な御崎温泉旅館群 

海岸には絶景を楽しみながらのんびり歩く遊歩道  

 

ゆるやかに時間は流れて、
でも気がついたら辺りが夕焼けに染まって、
充実した一日が終わりに近づくのです。

私たちが愛してやまない灯台が丘はこんな地域です!



◆灯台が丘探検地図◆
灯台が丘の詳細情報→ http://todaigaoka.com/

 

 ▼資金の使い道

 ツリーテラス建設資金
・材料費
・伐採作業費
・設計、経費
の合計、250万のうちの200万を集めたいと願います!

▼リターンについて

<一部を抜粋しています!詳しくは右ボックス内をご覧ください!>

◆灯台が丘探検マップ
◆森の庭入場チケット回数券 ※竹や森の植物をどうぞお持ち帰りください。 
◆【限定6枚】中村達薫オリジナルタイルコースター
◆ 森の家宿泊券(素泊まり:3人まで泊まれます)
◆赤穂緞通額(15×15)
◆冬至のキャンドルナイト入場券(12月22日金17時以降)
◆赤穂の牡蠣食べ放題バーベキュー
◆御崎マルシェ前日のみ限定宿泊券
◆「おくとう市」前日宿泊券※限定酒のお土産付き
◆「満月バー」開催前日宿泊券+送迎付き
◆赤穂国際音楽祭前日、宿泊付き+入場チケット2枚
◆宿泊券付き、本気のワークショップ(あかりつくり)
◆幸灯工房オリジナル作品限定販売
※その他、追加していきます!

  • Default image my
    活動報告 - パトロン限定公開

    ご支援くださったみなさまへ

    2017/10/11 06:12

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • Default image l
    活動報告

    10月9日ツリーテラス完成記念パーティ

    2017/10/11 06:07

    台風のため順延いたしましたツリーテラス完成記念パーティを10月9日に無事行うことができました。参加されたみなさまからの写真をご覧になってください! 森の庭はまだまだ継続発展中。一番高いところにある木の根元ベンチにはテラスから階段で上がれるようにする予定。台風で倒れた梅の古木の代わりにしだれ梅...

  • Default image my
    活動報告 - パトロン限定公開

    ご支援いただいた65人の方々へ

    2017/09/10 19:26

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください