新型ウイルス感染拡大の影響を受け、現在インドでは都市封鎖が続いており、日雇い労働で生計を立てている人々は現金収入がなくなり、十分な食事を取れないほど生活が困窮しています。私たちが活動しているインド東部のハンセン病快復者村も例外ではなく、食料や生活用品を手に入れられない状況が続いています。

プロジェクト本文

はじめに

はじめまして、「インドワークキャンプ団体namaste!」と申します。私たちは、インドハンセン病コロニーの自立支援活動を行っている「NPO法人わぴねす」の学生組織として、インドのハンセン病コロニーで年に2回、支援地に住みこみながらインフラ整備等を実施する「ワークキャンプ」という活動を継続してきました。

 (▲村人と学生の活動風景)

 世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス。日本では徐々に状況が落ち着きつつありますが、インドでは現在も毎日10,000人を超える感染者が出ており、いまだ厳しい状況が続いています。感染防止のために3月下旬から都市封鎖(ロックダウン)が実施されていますが、それによってハンセン病コロニーは危機に直面しています。コロニーで暮らす人々の多くは物乞いや日雇い労働で生計を立てており、日々の生活だけで精一杯という家庭がほとんど。にもかかわらず、ロックダウンによって働きに出ることができないせいで現金収入が得られなくなっているのです。ロックダウンが長引く中で日々の食料や生活用品、衛生用品を十分に手に入れられない状況が続いており、このままでは生きていくことすら困難な状況に陥ってしまいます。


プロジェクト発足の理由

 はじめのうち、インドでは都市部を中心にコロナウイルスが流行していると聞いていた私たちは、農村部に住んでいるコロニーの人々に危険が及ぶ可能性は低いと、どこかで安心していたのかもしれません。しかし、ロックダウンが長引くにつれて、コロニーの人々の生活がどんどん困窮した状態に陥っていることを知りました。政府からの支援はままならず、あったとしても主食の配給だけだといいます。それだけでは、生活は成り立ちません。また、感染が拡大している中で衛生用品が手に入らないということは、感染のリスクも上がります。彼らの住む地域は医療体制が整っていない農村部であり、栄養状態が悪く病気に対する免疫力が人よりも低い彼らがもし感染してしまったら、非常に深刻な状態に陥る可能性が高いといえます。

  (▲活動地の居住環境)

 そこで私たちはこのプロジェクトを立ち上げ、食料や衛生・生活用品を届けることで、彼らの生活を支援したいと考えました。


これまでの活動

 私たちが活動している「ハンセン病コロニー」は、ハンセン病に対する差別により故郷を追われた元患者(私たちは快復者と呼んでいます)と、その子供・孫世代が暮らす村です。インドではいまだにハンセン病に対する差別が根強く残っており、多くのハンセン病コロニーは周辺社会から孤立しています。そしてそこに住む人々は、いまだに続く差別と偏見の中で、貧しい生活を送っています。


 私たちがそんなハンセン病コロニーで「ワークキャンプ」という活動を始めたのは、2011年のことです。それ以来、コロニーに住みこんで村人と同じ生活をしながら、インフラ整備によってコロニーの劣悪な居住環境を改善するとともに、差別解消を目指す活動を続けてきました。これは単なるボランティア活動ではなく、コロニーが抱える問題についてコロニーの人々と共に考え、共に作業に取り組み、共に問題を解決していく活動です。私たちは「支援者」と「被支援者」という関係ではありません。

 (▲村人と寝食をともにする学生)

 私たちはこれまで、コロニーの人々の厚意で村に住みこませてもらい、活動を行ってきました。日本で生まれ育った私たちにとって、村での生活は慣れないことも多く、そんな私たちをコロニーの人々はいつも助けてくれます。そんな彼らが大変な思いをしている今こそ、私たちが彼らの力になるときだ、という想いから、食料や衛生・生活用品の支援をすることを決めました。


このプロジェクトで実現したいこと

 インド西ベンガル州にあるハンセン病コロニー住民の多くが日雇い労働や物乞いで生計を立てています。特にロックダウンの影響で、収入源が絶たれ困窮した7つのコロニーに住む家庭計572世帯に、生活必需品の物質支援を行います。


プロジェクト予算

 本プロジェクトでは、対象地域の572世帯に対して、緊急度の高いものを以下の〈緊急支援セット〉(700円/個)としてまとめ、1世帯に1セットを提供します。

〈緊急支援セット〉

食料品:

・米5kg /ダル豆1kg /じゃがいも2kg /大豆 1袋

調味料:

・食用油500ml /マサラ4袋 /塩1袋 

ヘルスケア用品:

・石鹸1個 

ーーーーーーーーー

手数料:

・14%

ーーーーーーーーー

計:700円×572世帯+(手数料) = 約450,000円

※上記はあくまでプロジェクト予算になります、ルピーの通貨変動やマーケット価格により、予算に多少差異が生じることを予めご了承ください。


を支給します。


物資提供についての詳細

 本プロジェクトは、実施されることが既に確定しているプロジェクトとなります。以下では物資の提供を受ける方々の詳細と選定、現地での支援活動を助けてくださる、協力団体について紹介します。

・物資提供を受ける方々とその選定

 NPO法人わぴねすが活動するインド西ベンガル州にあるハンセン病コロニー全体に対して、現在のコロニー状況をリサーチした上で、緊急度の高いコロニー(世帯)を対象として決定しました。

・現地の協力団体

 NPO法人わぴねすの現地カウンターパートであるFPSAが現地での物資購入から提供までの責任を担っています。  

最後に

ハンセン病による差別に苦しんできたコロニーの人々は今、さらなる窮地に立たされています。

 インドから遠く離れた日本にいる私たちにできることは、限られています。コロナウイルスの流行はいまだ収まらず、いつワークキャンプ活動を再開できるかもわかりません。それでも、いつも私たちを温かく受け入れ、家族のように接してくれる彼らに、少しでも恩返しがしたい。

 世界中の誰もが、先の見えない不安を抱えつつ生活している今、他の誰かに手を差し伸べることは、決して簡単なことではないでしょう。しかし、皆様のご支援が、ハンセン病コロニーに住む人々の命をつなぎます。

 彼らの未来のために、どうか、皆様の力をお貸しください。


実施スケジュール

6月中旬 団体HPにて特設ページ開設、本プロジェクト始動

8月下旬 現地にて物資支援実施

9月中旬 リターン送信

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


リターン

支援をくださった方々に対して、活動報告メール、お礼のメッセージ、お礼の動画を以下のようにお送りします。

700円の支援をいただいた方:活動報告メール

3,000円の支援をいただいた方:活動報告メール、お礼のメッセージ 

5,000円の支援をいただいた方:活動報告メール、お礼のメッセージ、お礼の動画 


  • 2020/07/02 11:00

    いつも応援ありがとうございます!最近は気温も高く、雨も降り、じっとりとした嫌なお天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。私たちが活動する西ベンガル州も、雨季真っ只中で、地方では落雷による死者が出るほどの天候の荒れ具合のようです。感染症対策、熱中症対策と気にかけることが多い夏になりそうで...

  • 2020/06/30 13:19

    いつも応援ありがとうございます。目標金額はすでに達成しましたが、より多くのコロニーに支援を届けるため、まだまだ頑張ってまいります!今回の活動報告書では、なぜ私たちがクラウドファンディングを始めようと思ったのか、について皆様に知っていただければと思います。きっかけは、コロナウイルス感染症の流行に...

  • 2020/06/26 11:00

    いつも応援ありがとうございます。皆様のご支援のおかげで、なんとプロジェクト始動から9日で目標金額を達成することができました!メンバー一同、心よりお礼申し上げます。本プロジェクトは、インド西ベンガル州にあるハンセン病コロニーのうち、緊急支援の必要性が特に高い7つのコロニーへの支援を予定しています...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください