【はじめに】


皆様、初めまして!本ページをご覧いただきありがとうございます。


この度、株式会社BasicIncome(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:池内慶)が運営する根幹サービスのベーシックインカム受給者候補に選ばれました前川哲成(マエガワテッセイ)と申します。


ベーシックインカムとは、最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を定期的に支給するという政策です。


フィンランドやアメリカの一部地域では試験的な導入が進み、昨今の新型コロナウィルスによる金銭的な不安や社会不安を解消できるサービスとして注目が高まっています。

 

本クラウドファンディングは、

国内初のベーシックインカム受給者社会起業家として、社会問題解決に挑むドキュメンタリーを制作するための費用を集めるために実施致します。


【自己紹介】


まず初めに、

私について以下にまとめますので、お付き合いいただければと思います。

 

滋賀県出身。

京都教育大学を5年半かけて卒業。そして、小・中・高の3つの教員免許を取得しました。

 

「人生は一度きり」。自分の目で、耳で、そして肌で世界を感じたいと大学時代から思っていた私は、


大学卒業後にJICA(国際協力機構)のプログラムに参加し、約2年間東アフリカのウガンダ共和国に住み、学校の先生として体育授業の普及に尽力しました。


郷に入っては郷に従えで頭丸めてます 

当時、標高2,000mに位置する山岳地帯の電気も水も安定しない家に住んでいましたが、日々の生活は日本と比較すると


非常にサバイバル感が強く、過酷に感じることもありました。

 

蛇口を捻ると泥水が出る事もしばしば


電気の無い日が続くと、電子機器は全て電池切れ。休日に電子書籍も読むことができません。


そんな生活が続く中、私は気づいたのです。電気も何もなくても楽しめる、素晴らしいツールがあることに。

 



そのツールとは…

 

 


筋トレです。私はウガンダ共和国で力強く生き抜いていくために、筋トレを開始。そして、習慣化していきました。

 


筋トレを習慣化した結果、私はボディメイクに成功し理想の身体を手に入れました。

また、私の中に起こった変化は身体面にとどまらず、メンタルの部分でも超ポジティブ思考を手に入れました。


人生にフルパンプ人生にフルパンプ

 

筋トレと言うと、マッチョがするもの。健康な人が好んでするもの。という認識がかなり強いかもしれませんが、実はそうではない人(筋トレをしたことが無い人・してない人)にこそメリットが多くあると私は考えます。


 

筋トレのメリットは、大きく分類すると以下の2つに分けられます。



1. 各ホルモン分泌による自己肯定感の向上(精神面)

2. 見た目の美しさ・カッコよさの獲得(身体面)

 


ここで私が特に皆様に注目して頂きたいのが、1の自己肯定感の向上です。

例えば、うつ病改善や意欲の低下を防止する効果のあるテストステロン

気分を高揚させ、ポジティブな気持ちに導いてくれるセロトニンドーパミンなど、幸せホルモンの分泌が筋トレによって活性化されることが研究によって証明されています。

 

 

筋トレはホルモンバランスを整え、心と身体の両面を健やかに保つ最強ツールなのです。


「世の中のマイナス要素のほとんどは、筋トレを習慣化することによって解決することが出来る!」


私自身の実体験と多くのトレーニング仲間とのコミュニケーションを通して、そう確信しました。


 

しかし、こんなにも素晴らしいツールが日本では普及していない。

日本にもっと筋トレによって救われる人を増やしたい!


そして、※人生にフルパンプ する人たちを増やしていきたい。

 

※人生を最高に楽しみ、謳歌している状態

 

そんな想いを持った私は、当時日本国内のフィットネス業界で1番勢いのあるRIZAP株式会社に入社します。

 

入社後、最初の1年は日本国内店舗にてパーソナルトレーナーとして100人以上の人生をフルパンプさせて頂きました!

 

その後は海外駐在を経験し、帰国後は経営企画部・海外事業部の本社社員として海外事業に携わりました。



シンガポール駐在時に取材して頂いた記事です

 

そんな経験をしてきた私ですが、ベーシックインカム社の受給候補者選考通過が決まり、かねてから挑戦したかったことに挑むことを決意。7月に同社を退社しました。


 

【私の挑戦】


私がこれから取り組んでいく挑戦は、悩めるTeenager達を筋トレというツールを生かして救っていく事です。


教育系の大学出身ということもあり、大学の仲間たちの多くは教育現場で働いています。


学校によって差はあるものの

国籍差別やハーフ差別・生まれつきのコンプレックス・家庭環境・人間関係・学校内での問題など、さまざまな要因によって辛い経験をしたり、苦しんでいるTeenager達が学校現場にいるという話をよく耳にします。

 

実際にインターネットで

厚生労働省の「令和元年版自殺対策白書」というページを閲覧すると、2018年の19歳以下の自殺死亡数(人口10万人あたりにおける自殺者数)は統計を取り始めた1978年以降最悪となっているそうです。

 

さらに、日本における10~39歳の死因1位は自殺であり、世界的にも、15~34歳の死因1位が自殺となっているのは、G7の中でも日本のみという残念な結果が出ています。

 

前章で述べた通り、筋トレを実施することによってTeenager達 の自己肯定感を高い状態に保つことが可能になれば、救われるTeenager達 も多いのではないかと推察しています。


私はこれまでの経験から

筋トレを通じて鬱を克服したり、新しい自分に出会ったり、人生がさらに楽しくなったり、前向きになったり、人生が好転した方をたくさん見てきました。

 

アスリートや、マッチョのための筋トレだけではなく、何らかの理由で心身共に苦しい状況にある人たちへのお助けツールとしての筋トレに明るい未来を感じています。


【ベーシックインカムを受給して行うこと】
 

クラウドファンディングが成功し、ベーシックインカムが月々支給されることで得られる資金は、Teenager達 を支援するサービス立ち上げ初期投資、運営費用、人件費、サービス拡大などの原資を補填するために使用します。


サービス内容を簡単に説明しますと


オンラインカウンセリングでヒアリングを行い、状況を細かく把握したうえで最適なプログラムを提案。

パーソナライズされたオンラインコーチングオンラインフィットネスプログラムを提供します。

 

料金体系としては、継続的にサービスを利用すること(習慣化する)で相談者の自己肯定感を高い状態に保つことができるため、サブスクリプション方式(月額制)をとり持続可能なサービスを提供できるようにシステム構築する予定です。


【ベーシックインカムシネマズに応募したきっかけ】

 

日本初のベーシックインカム受給者である、篠塚康介氏のTwitterがキッカケです。

彼の生命力に心を打たれ、自分も挑戦したいと思ったのがきっかけです。

 

彼は、私の心をフルパンプさせてくれました!

 

 


【これまでの活動実績】

 

1.ウガンダ共和国の子供達約1,000人をフルパンプ

 

ウガンダの教え子たち

 

2.パーソナルトレーナーとして携わった方々200名以上をフルパンプ


世界をフルパンプ~シンガポール編~

 

 

【資金の使い道】

 


ご支援いただきました資金は、今回のベーシックインカム受給に関する前川哲成のドキュメンタリー映像制作費用(55万円)、キャンプファイヤー使用手数料(11万円)として大切に使用いたします!

 


【さいごに】

 

皆様は毎日、人生にフルパンプしていますか?

 

私は悩めるTeenager達を元気付け、救うことにフルパンプします。

 

皆さまのご支援が、悩める子供たちの未来を大きく変えるきっかけになります。

そして、ご支援を通して皆様も人生にフルパンプしてほしいです!

 

私の想い、そしてベーシックインカムの日本国内普及にご賛同頂ける方は是非、応援して頂きたいです!!

 

そして、このサービスに共感し共に事業を進めていきたい同志も募集中です。

コーチング・カウンセリング・教育・社会課題解決などに興味がある方は前川までご連絡ください。



ワニでデッドリフト

 

#人生にフルパンプ 

 

▼ご挨拶

はじめまして、ベーシックインカムシネマズという短編動画配信事業を運営している株式会社BasicIncome代表の池内慶(いけうちけい)と申します。

 

                

当プロジェクトをご覧になって頂き、ありがとうございます。

今回のプロジェクトは、ベーシックインカム受給者のドキュメンタリー映画の制作費用を集めるため、そしてベーシックインカム受給者の活動を広く知って頂くためのプロジェクトです。

まず最初に"ベーシックインカムシネマズ"というサービスについて説明させてください。

 

▼ベーシックインカムシネマズ 

 




ベーシックインカムシネマズとは、経済的な懸念に悩む人を解放し、誰にとっても気持ちの良い社会を創るという使命に基づき、民間ベーシックインカム制度を実現させることを目標にした短編動画配信サービスです。

具体的には公募で選出した一般の方に、1年間毎月10万円〜20万円のベーシックインカムを支給し、ドキュメンタリー映画を配信しています。

 

▼ベーシックインカムとは

ベーシックインカムとは「全ての人が最低限の生活を送れるように、そのための収入を無条件で政府が支給する」という制度です。

ベーシックインカムのメリットとしては、貧困対策、労働環境の改善、自身が望む時間の使い方ができるようになるなどが挙げられます。

 


▼なぜベーシックインカムシネマズをつくろうと思ったのか

僕にはトラック運転手の友人がいます。彼の仕事は拘束時間が長く、深夜労働が多くて、道路状況や荷受人の都合に振り回され、家に帰ればお風呂に入り、ご飯を食べ、そのまま寝るという生活をしていました。

本来やってみたいことをする気力さえもでてこない、毎日を生活することだけに必死だった彼は

「この生活が一生続くと思うといやになるが、それでも、お金を稼がないといけない。最終的に行き着くとこは孤独なんだ」とよく口にしていました。

それは、当時、配達業をしながら生活をしていた自分にも当てはまることでした。

経済的な懸念とともに、満足度の低い生活をしている人はたくさんいる。

やりたいこともできない、十分に睡眠もとれない、家族との時間もない。

それによって、孤独感に悩んでいる。

そういった人たちが、今いる状況から一歩抜け出すためには、経済的な懸念を解放することで社会を変えるサービスを創る必要があると思い、ベーシックインカムシネマズのアイデアを思いついたのです。



▼ベーシックインカムシネマズのこれから

最終的に、ベーシックインカムシネマズでは自社サービス内の月額課金によって継続的かつ安定的な収益によりベーシックインカムの原資を集めたいと考えています。

具体的には動画配信サービスであるベーシックインカムシネマズ内に多くドキュメンタリー番組を保有し、月額制に移行して加入者を増やすことで、より多くの人にベーシックインカムを支給していきたいと考えています。

また、ベーシックインカムシネマズが契機になり、政府がベーシックインカム制度を導入することで、より多くの人にベーシックインカムが支給され、さらに世の中を健全でクリエイティブにできると考えています。

これまで活動してきたベーシックインカムシネマズを、これからも長く、そして安定して運営できるように、より多くの方に知って頂き、支援をして頂きたいと思っています。

ご支援のほど、よろしくお願い致します。


※本プロジェクトは、前川哲成がベーシックインカムシネマズに応募し、企画、出演を中心になって行い、株式会社BasicIncomeが映像撮影・編集・配信等をサポートする共同起案になります。


  • 2020/08/14 21:40

    こんばんは!人生にフルパンプしてますか?皆さまのお陰で、目標金額を達成致しました!誠に有難う御座います!今後1年間、私のドキュメンタリーの放送を楽しみにお待ちください!!また、本クラウドファンディングは1か月の挑戦です。これからは達成率200%を目標にストレッチゴールを設定致しました!これから...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください