はじめに・ご挨拶

はじめまして、堂原有美と申します。

16年勤めた会社を辞め、2019年に世界の幸福国27ヵ国を巡り、「幸福」と「教育」の相関関係をリサーチする旅をしました。そこで感じたことは、日本の画一的な教育制度の窮屈さ。多様性国家の「個」が尊重され、好きなことをのびのびさせる教育と比べると、日本の子どもたちが可哀そうでした。子どもたち一人ひとりの能力を最大に引き出せるよう、多様性があり、「個」を見つめ直す環境ができないかと企画しました。






これまでの活動

■人にとって最も重要なことは「個」の尊重では?世界一周でリサーチを

「個」の重要性と、教育や幸福との関係性をみるため、2019年に世界の幸福国27ヵ国を巡り、リサーチしました。仮定した通り、多様性ある生きやすい国の教育は、日本とは違い、「個」を尊重するものでした。また、日本は多様性に乏しく、日本と世界との価値観や社会が大きく異なることにも気づきました。結果として、日本は世界から置いていかれ、日本の経済レベルや幸福感の低下につながっていることに危機感を感じました。



■「教室から世界一周!」授業に感動!大きな意義があると確信

この危機を何とかしたいと立ち上げたのが、本プロジェクト。オンライン授業にて子どもたちに世界中の多様性に触れさせ、違いに気づいてもらい、これからの人生や幸せを考えるきっかけにします。5月より授業を開始し、おもしろい反応が出ています。日本とガーナの小学生の交流では、生徒と先生の好奇心の昂りがこれまでにない程で、校長先生が驚いていたこと。普段は話さない生徒が、英語で話をしたこと。生徒が驚くほど英語の準備をしてきたこと。最後は、ガーナの生徒たちが日本語で歌を歌い、感動のフィナーレへ。また、ガーナの生徒たちは夢で日本を見るほど感激していたそう。

この授業が当たり前に普及したら、日本は変わるのでは、と。ものすごく意義あるものだと確信しました。また、この授業がもらたすパワーを活かし、今後は生徒の自主性を伸ばす探求型にチャレンジします。世界各国のダンスや音楽など、より多様性あるコンテンツを増やします。そして、より多くの人たちが受けられる授業にします。

<「教室から世界一周!」プロジェクトとは?>
日本と世界の教室をオンラインで繋ぎ、世界中の子ども同士が話し合える授業を提供。日本の小・中・高を対象に、3年間で世界の全地域と交流できるプログラムです。(※現在はメキシコ、ガーナ、フランス、ベトナム、フィジー、オーストラリア、イスラエル、コスタリカ、ロシアなど10か国。順次、拡大中。)
⇒詳細はこちら

以下は、ガーナの授業風景。




解決したい課題は?

■世界一周して気づいた課題

1、多様性に乏しく、世界から取り残される日本
2、「個」が尊重されない日本の教育
3、日本人の幸福感の低下

世界を見て気づいたことは、日本がとても独特であり、世界の価値観と大きくかけ離れていること。もちろんよい部分もありますが、よくない部分もあります。日本人は外を見る機会が大変少ないため、今の世界を生きるために必要な価値観が更新されず、昔のままの考えで止まっています。そのため、経済レベルや幸福感が低下し続けています。私が会った外国人の8割は日本好きだと感じたほど、世界中から愛される文化をもっているのに、それがすごく悔しいし、大きな危機感を感じました。


幸福先進国の教育は「個」を尊重し、それぞれの得意を伸ばすもの。大人は子どもを褒めまくり、子どもは政治の話さえも大人とする。子どもも大人も、自身の好きや得意が発揮できる環境に、イキイキと生きる姿が印象的でした。日本の教育はその逆で、皆が同じ場所を目指す前ならえのもの。同じ答えを探し、違っていたら正される。多種多様な才能が眠る中で、それを伸ばさないととても勿体ないと感じました。



幸福国で教わった、幸せで重要な要素は「自己決定の数」と「家族やつながりが生む助け合い」。好きなことを選び謳歌する北欧の人たちや、家族で頻繁に集まり楽しむフィジーやメキシコの人たちを見ていて、とてもうらやましく思いました。しかし、その両方が日本に足りていません。そんな違いに気づき、幸せを彼らから学ぶことはとても有意義だと感じます。




一歩先のビジョン

■世界中のあらゆる人がわかりあえる場をつくり、幸せを考えるきっかけをつくる

はじめの目標は、日本の子どもたちに多様性に触れる機会を与えること。それと同時に、本システムを利用する世界中の子どもたちが、世界中の様々な国と交流する機会も持たせていきます。最終的には、世界の誰しもに、多様な価値観に触れ、幸せを考えるきっかけを提供していく場所に進化させます。最終地点としては、「世界のあらゆる場所に、簡単に友達ができる社会」にすべく、世界の人と会話をすることが一般的な概念になるよう進めていきます。


資金の使い道

①10校分の運営資金獲得(2学期、3学期分) 100万円
10校×10万円=100万円
※学校で実施するための費用。事前打合せや、授業立ち合い、教材作成費用など。

②サイト構築、営業、教材作成費等 50万
※サイト構築、学校開拓費、打合せ交通費、教材開発、広報費、クラウドファンディング手数料など。
※プロジェクト1年目。今後、組織化に向けての初期段階の活動費用として使用します。



リターンについて



「大人も子供も!ガーナ、フィジーとのオンライン交流体験!」

実際に海外とつながり、英語学習や文化交流しませんか?
授業料の一部は、ガーナへの「WiFi環境の提供」、フィジーへの「オンライン端末の提供」と、
今後の子どもたちの授業環境整備に使用します。


■■■①追加リターンA : 30000円


・「未知の世界へ!ガーナの友人とお話しよう!」オンライン交流体験
さらに、お話したガーナの友人から直筆の手紙&写真が届く!

・授業報告書とそこへのお名前掲載 
・ウエブサイトSPECIAL THANKSへのお名前掲載

※9月12日(土)or 9月26日(土)19:00〜20:00
可能な日程お聞きし、調整致します。
※1授業の定員は10名。※ガーナの友人は英語と日本語(少々)を話します。
※最少催行人数は5名を予定、集まらなかった場合は別授業を設定させていただくなどの調整をさせていただきます。ご了承願います。
※体験授業はお一人様分で30,000円です。
※授業料の一部を、ガーナのWiFi環境整備に使用します。
※授業報告書(2021年4月を予定)はメール配信となります。



■■■②追加リターンB : 30000円


・「世界一幸せな国フィジーから、幸せを学ぼう!
」オンライン交流体験
さらに、お話したフィジーの友人から直筆の手紙&写真が届く!

・授業報告書とそこへのお名前掲載 
・ウエブサイトSPECIAL THANKSへのお名前掲載


※動画は、「教室から世界一周!」に参加してくださっている、日本語を学ぶフィジーの友人たちの「日本での夢」です。日本とフィジー(世界)の両国の生徒に意義のあるプロジェクトです。



※9月21日(月祝)or 9月22日(火祝)13:00〜14:00
可能な日程をお聞きし、調整致します。
※1授業の定員は10名。※フィジーの友人は英語と日本語(少々)を話します。
※最少催行人数は5名を予定、集まらなかった場合は別授業を設定させていただくなどの調整をさせていただきます。ご了承願います。
※体験授業はお一人様分で30,000円です。
※授業料の一部を、フィジーのオンライン端末提供に使用します。
※授業報告書(2021年4月を予定)はメール配信となります。



■■■■■


①3000円・・・・・熱い御礼メール
②3000円・・・・・堂原のオンライン講演『幸福国27ヵ国の旅から教わった、幸せへのルール』
③5000円・・・・・熱い御礼メール、授業報告書とそこへのお名前掲載、
          日本やガーナ、フランスなど、世界の生徒たちからの御礼メッセージ
④5000円・・・・・熱い御礼メール、授業報告書とそこへのお名前掲載、
          堂原のオンライン講演『幸福国27ヵ国の旅から教わった、幸せへのルール』
⑤10000円・・・・・授業報告書とそこへのお名前掲載、
           オンライン授業見学の権利(※30名まで)
⑥25000円・・・・・授業報告書とそこへのお名前掲載、
          ウエブサイトSPECIAL THANKSへのお名前掲載
           堂原のオンライン講演『幸福国27ヵ国の旅から教わった、幸せへのルール』
⑦30000円・・・・・授業報告書とそこへのお名前掲載、
           ウエブサイトSPECIAL THANKSへのお名前掲載
          オンライン授業見学の権利(※10名まで)
⑧10万円・・・・・・授業報告書とそこへのお名前掲載、堂原が講演にお伺いします
⑨10万円・・・・・・授業報告書とそこへのお名前掲載、 
          プロジェクト公式サイトへのバナーリンク(2020年度まで)

※堂原の実績:日経doorsやTABIPPOの記事連載、女性セブン、ウートピ、かがり火の 
       インタビュー掲載等。尚、実施予定だった講演は1回のみ実施し、
       それ以降コロナのため延期中。(⇒詳細プロフィールはこちら)    
※御礼メッセージや授業報告書(2021年4月を予定)はメール配信となります。
※オンライン講演会は複数回実施、日時は支援者と後日調整いたします。
 所要時間は1時間30分程度。 配信時間は、 平日は19時30分〜21時00分、
 休日は11時00分〜12時30分、もしくは18時00分〜19時30分を予定しています。
 日程がどうしてもあわない場合は、動画を送信いたします。
※オンライン講演及び、オンライン授業見学に使用するオンラインツールの詳細は、
 支援者へ別途ご連絡いたします。


実施スケジュール

2020年8月〜  日本と海外の学校開拓
2020年9〜12月 2学期より10校との授業を順次実施
        ウエブサイトオープン
        海外×海外との授業も展開
2021年1~3月  3学期より10校との授業を順次実施
2021年4月〜   日本30校以上との授業を開始(目標)
         海外30か国以上を開拓(目標)



最後に

世界一周をし、最も大きく心に残ったことは「日本が世界にどれだけ称讃されているかわかったこと。それと同時に、日本の経済や社会の危機的状況がわかったこと」でした。また、世界に住む多くの人たちと話しましたが、「日本のこれからを諦めている人や、海外に脱出をした」という人もいました。このままでは日本はやばい!と思いました。

私は日本が大好きです。だからこそ、どうにかして、今の日本の閉そく感や遅れを変えたい!と強く思っています。そこに大きな力をもたせられるのが「子どもたち」であり「教育」です。子どもたちには世界の多様性に触れてもらい、そのうえで自分の人生や幸せを考える機会にしてほしい。世界を知れば、思った以上に自由であり、新たな探究心が生まれるきっかけにもなるからです。世界の誰しもの「個」が尊重され、多様性が認められる社会に一歩でも近づけるため、全力で動いていきます。何卒、よろしくお願い申し上げます。

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/08/20 12:30

    ご支援・ご協力いただいた皆様、皆様のおかげさまで、無事、目標達成できました!なのですが・・・ようやく正気を取り戻し、この事実が実感として湧いてきたところ、感謝や感激で胸がいっぱいになってきて、何も手につかなくなってきました・・・。涙がとまらん・・・。リターンを急がねば!皆さんに御礼を!と思う一...

  • 2020/08/19 21:00

    皆様へクラファン終了まで、残り2時間。最後の応援をいただきたく、今の思いや考えを書いてみます。クラファンに挑戦したのは、2学期から、この活動を拡大したかったから。一方で、今は完全に無償のボランティア。別の仕事を持ち、こちらに投資し続けながら拡大するのは正直無理。時間も資金も人も、余計に必要だか...

  • 2020/08/19 12:00

    皆様へ皆様のおかげで、ここまでくることができました。泣いても笑ってもラストデー、最後まで全力を尽くします。■支援者:117人■残り :12時間弱■ご支援:1,580,000/2,000,000円こちらは、WTOC授業の様子が詰まった、大好きな動画。2学期からは、こんなシーンを全国に増やしていき...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください