「ダイアポロン」「メカンダーロボ」「ギンガイザー」「マシーンブラスター」のコラボプロジェクト「ミラクルロボットフォース」のテーマソング制作が豪華メンバーで実現! そのアニメOP風ミュージックビデオ(約90秒)の制作のため、是非ご支援をよろしくお願い致します!

プロジェクト本文

【7月28日追加】お支払方法の制限について

システムの仕様上、ご支援頂く際のお支払方法が7月29日18時以降より制限されますのでご注意ください。

現状のお支払い方法は
・クレジットカード
・コンビニ前払い
・銀行振込(ペイジー)
・Paidy
の4種ですが、

7月29日(土)18時以降は

・クレジットカード
・Paidy
のみでしかご支援いただけなくなります。
よろしくお願い致します。

 

 

 

【7月27日追加】堀江美都子さんの直筆サイン入りCD(限定30名)+クレジット表記のリターン追加!t

ミラクルロボットフォースのテーマソングを歌う堀江美都子さんの直筆サインが入ったCDを、30名限定で用意いたしました。

 

 

 

【7月26日追加】テーマソングの一部を公開!
渡辺宙明作曲、堀江美都子が歌うミラクルロボットフォースのテーマソング『勇躍!ミラクルロボットフォース』の音源の一部をクラウドファンディング募集終了までの期間限定で公開中!

更にご支援に参加して頂いた方には冒頭から約2分間のロングVer.が聴けるURLを支援者の方限定でご案内中
是非お楽しみください!

『勇躍!ミラクルロボットフォース』一般公開用ショートVer.

【注意】
ご支援に参加して頂いている方には、個別のメッセージにてロングVer.のURLをご案内しております。
既にご支援に参加していて、URLが来ていないという方は、お手数ですがメッセージにてご連絡ください。
また、ご案内にはご支援頂いてから時間がかかることがございます。ご了承ください。

なお、音源はクラウドファンディング終了までの公開(7月30日まで)となります

ご注意ください。

 

 

 

 

【6月23日追加】Tシャツリターンを追加しました!

大張監督が描いた躍動感溢れるダイアポロン、メカンダーロボ、グランファイター、ボスパルダーのイメージアートがデザインされたTシャツを新規リターンとして追加しました!
No Super, No Real... We're Miracle Robot!

 


 

 

 

アニメ、特撮音楽の巨匠・渡辺宙明の楽曲をアニソンの女王・堀江美都子が歌う!

日本コロムビア様ご協力のもと、 70年代のロボットアニメ4作品のコラボプロジェクト「ミラクルロボットフォース」のテーマソングが豪華布陣で制作されることが決定!


そのミュージックビデオ(約90秒を想定したアニメOP風映像)制作への支援をお願い致します!

 

-----------------------------------------------------------------------


作詞・桑原永江氏、作曲・渡辺宙明氏、編曲・籠島裕昌氏、歌・堀江美都子氏という豪華スタッフが制作するテーマソング。

楽曲とともに、アニメーション映像でコラボ作品の世界観を届けたい!

 

そんな想いとともにロボットアニメ界を代表する方々にお声掛けさせていただいたところ…、
お名前を聞いただけで胸が熱くなるようなお三方が、映像制作への参加を快諾してくださいました!

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------

 

 

これだけの豪華スタッフ陣が創る「ミラクルロボットフォース」のアニメーション映像が見たい!
これは何としても実現させたい!


しかし90秒という短尺であっても、アニメーション制作には多額の費用が必要になってしまいます。

そこでこの度、クラウドファンディングにて資金を募集させていただくに至りました。
豪華布陣によるテーマソングとアニメーション映像で「ミラクルロボットフォース」の世界観を表現するべく動き出したのが、当プロジェクトです。

こんな方々にご支援を検討いただけたら幸いです。


=======================================

・「ミラクルロボットフォース」の4タイトルいずれかを視聴していた方やお好きな方

・ロボットアニメが大好きな方

・桑原永江氏、渡辺宙明氏、籠島裕昌氏、堀江美都子氏によるテーマソングに胸が熱くなる方

・大張正己監督、越智一裕作画監督、山根理宏作画監督による新たなアニメーションと聞くだけで
 ワクワクしてしまう方

・このプロジェクトに何かを感じて頂けた方

=======================================

 

 

そんな皆様のご支援をお待ちしております!

 

※今回のクラウドファンディングはAll-or-Nothing 方式(目標金額を達成すると資金を受け取れる方式)を採用しておりますので、プロジェクトが達成できなかった場合、アニメーション制作作業は発生いたしません。

 

以下は大張監督による各タイトルメカニックのイメージアートです。

『UFO戦士 ダイアポロン』

『合身戦隊 メカンダーロボ』

『ブロッカー軍団Ⅳ マシーンブラスター』より
ボスパルダー

『超合体魔術ロボ ギンガイザー』より
グランファイター

 

 

 

越智一裕作画監督によるキャラクターイメージアート

タケシ&ミキ
『UFO戦士ダイアポロン』より

 

ジミー・オリオン&敷島ミカ
『合身戦隊メカンダーロボ』より

 

 

飛鳥天平&北条ユカ
『ブロッカー軍団Ⅳマシーンブラスター』より

 

 

白銀ゴロー&秋津ミチ
『超合体魔術ロボ ギンガイザー』より

 

 


 

 

「ミラクルロボットフォース」とは、70年代後半に放送され、昨年から今年にかけて40周年を迎えたロボットアニメ4タイトルが、2017年に制作会社の垣根を超え集結したコラボレーションプロジェクトです。




現在の参加タイトルは

・『UFO戦士 ダイアポロン』(株)エイケン
・『合身戦隊 メカンダーロボ』(株)ワコープロ
・『ブロッカー軍団Ⅳ マシーンブラスター』日本アニメーション(株)
・『超合体魔術ロボ ギンガイザー』日本アニメーション(株)

の4タイトル。

2017年4月3日にコラボレーションを発表。
今後様々な展開を発表予定となっております。

「ミラクルロボットフォース」特設サイト:
http://miraclerobot-force.com/

 



今回の支援金目標額である5,550,000円はアニメーション映像の制作着手費+手数料等として使用させていただきます。

 

  


ご支援くださった方々へのリターン(お返し)として、映像内クレジットへのお名前表記(ご支援金7000円以上の方)のほか、制作着手後のイラスト等を使用したキャンプファイヤーでしか手に入らないグッズを予定しています。

詳しくは「リターン」をご確認ください。

 

・制作着手後の用意となるため、実際のリターンの品の画像等は掲載できません。
・限定グッズの制作はアニメーション完成後となりますので、お渡しするまでに時間がかかる場合がございます。
・「リターン」内のお届け予定日は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

【ご支援前に必ずご確認ください!】

一度支援を承認していただいた場合、
・承認後のキャンセル
・他の支援への切り替え

はできませんので、予めご理解、ご了承いただいた上でご支援下さい。
※複数支援をして頂くことは可能です。 

支援に関する不明点はCAMPFIRE「よくある質問ページ」をご参照ください。
https://help.camp-fire.jp/hc/ja

 

 



最後になりましたが、当プロジェクトの概要を最後までお読みいただき誠に有難うございます。
約40年前に放送されて以降、再放送なども少なく、あまり世に出ていなかった4タイトルが2017年に突如動き出しました。

40周年という節目に動き出した4タイトル。
4月のコラボレーション発表以降、賛同してくださる多くの方々に支えられていることを、この数か月間で実感しております。


コラボプロジェクト「ミラクルロボットフォース」の発足時もそうでした。
どういった展開になるか、どの程度の反響があるかわからない状態でプロジェクトに賛同いただき、参加を決定していただいたワコープロ様、エイケン様。そして『UFO戦士ダイアポロン』の原作者である雁屋哲氏。


そして、そのプロジェクトを楽しんでいただき、渡辺宙明氏、桑原永江氏、籠島裕昌氏、堀江美都子氏という強力布陣でのテーマソング制作を実現してくださった日本コロムビア様。

ことの発端は、日本アニメーションと日本コロムビア様との間で今年2月に開催された新年会の場。
そこで出た他愛もない話から盛り上がり、今回の壮大なプロジェクトが動き出しました。


そしてテーマソング制作が決まったことでさらに大きな輪が生まれます。

アニメーション映像制作にご協力くださる、大張正己監督、越智一裕作画監督、山根理宏作画監督です。

「ミラクルロボットフォース」の4作品を愛してくださり、「こんな豪華な楽曲に映像が無いなんて!映像付きで見てみたい!」と手を挙げてくださったのです。

40年前、テレビの前でこの4作品を楽しんでいた方々が、いま再びロボットたちを動かそうとしています。

こんな豪華な方々によって生まれようとしている1つの映像作品づくりに参加してみたい、と思ってくださる皆様に、プロジェクト成功に向けたのご支援をいただけましたら大変幸いです。

 

最後

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください