いぶき福祉会【かりんとう応援プロジェクト】

■おいしいかりんとうでたくさんの人を笑顔にしたい

私たちいぶき福祉会は、障害のある人の活動や暮らしを広げることに取り組んでいます。
1995年に誕生して25年。
清流長良川の中流に広がる岐阜市内にある9つの事業所で、特別支援学校を卒業したばかりの人から、80歳近い人まで、150名を越える障害のある人たちが利用しています。
障害はあるかもしれないけれど、ひとりひとりがここで大切な「仕事」に取り組んでいます。
お菓子やジャム を作ったり、お米や野菜やお茶を作ったり、フェルト細工や草木染や紙漉きをしている人もいます。
私たちは、この場所が誰もが安心して、希望とやりがいを持って活動できるかけがえのない居場所であることを願っています。

私たちがかりんとうを作り始めて24年がたとうとしています。
工房には20名の障害のある仲間たちがいて(ここでは利用する方々を「仲間」とよびます)、毎日作り続けています。

手作業で生地を一定の厚みに伸ばします。

機械でカットし、均等に揚がる量に分けます。

製法は長年の試行錯誤でたどりついた私たちならではのもの。
丁寧にこねるのも、揚げるの、味付けするのもすべて手作業で、自然な色味と風味を生み出します。

揚げ油は純国産のこめ油を使用することで、さっぱりとした仕上がりになります。

少し細くて堅めに仕上げるため、カリッポリッとした独特の食感があり、食べだしたら止まらない人気商品となっています。慎重に計量し袋詰め

真心こめたかりんとうをたくさんの方々にお届けして、たくさんの人を笑顔にすることは、私たちの最高のやりがいです。
そして大好きなこのかりんとうづくりを仕事にして、生活できていることに日々幸せを感じています。

休憩時間には、和気あいあいとお茶タイム

■岐阜の手土産として親しまれています

素朴な懐かしい味(お客さん評)のかりんとうは、岐阜の手土産として人と人の出会いの場で使っていただけることを嬉しく思っています。
そして、私たち自身も、かりんとうを通じた出会いをたくさんいただくことができました。
オリジナルのお菓子をつくりたいと方から是非一緒にとお声かけをいただくことも少なくなく、信頼されてお相手のブランドでより多くの方にかりんとうを楽しんでいただけることにわくわくしながら商品開発をしてきました。

たとえば、
・山本佐太郎商店とのコラボ『大地のかりんとう』⇒誕生秘話はこちら (掲載:2016.12.20)
・地元の長良川温泉若女将会とのコラボ商品『あゆかりん』
・岐阜県美術館とのコラボ商品『スパイダーズレッグ』

毎日たべる安心を大切に、とことん素材にこだわる山本佐太郎商店とのコラボ商品『大地のかりんとう』

私たちのかりんとうをいいねといってくださり、一緒にもっとたくさんの方に届けたいと盛り上がり、そんな輪を丁寧にひろげて、これからもより多くの方々にかりんとうをお届けしようと意気込んでいた矢先、新型コロナウイルスが感染拡大し始めました。
まさか、こんなことで急にかりんとうの製造ができなくなるとは思ってもいませんでした。


■新型コロナで失われた活気とつながり

新型コロナウイルスの影響で自社店舗や多くの販売先店舗が休業を余儀なくされ、かりんとうの売り上げが激減し製造ラインもストップしてしまいました。
毎日工房内に響いていたミキサーの音もフライヤーからの熱気もなくなり、がらんとした寂しい工房を呆然と眺める日々。
やりがいのない日々となってしまい、仲間のみんなも元気がなくなってしまいました。
そして、売り上げ減少は一人ひとりの経済状況にも影響しそれぞれの生活も脅かされています。

岐阜駅にあるアンテナショップの「ねこの約束」では新型コロナウイルスの報道とともに一気に駅前から人出がいなくなり、目に見えて売り上げが落ちていきました。
緊急事態宣言が解除され、徐々に日常が戻ってきていますが、新型コロナウイルスの流行は今後も続くことが予想される中、かりんとうの製造を維持することに大きな不安を抱いています。

ショップをはじめ、様々なシーンで地域のみなさんとのつながりが広がっています。

■失われた300人のつながりを取り戻したい

この間、かりんとうによってできたつながりがどんどん失われました。
特に緊急事態宣言中は完全にストップしてしまい、5月末現在で200万円ほどの収入減少と直売店だけでも300人ほどのお客様とのつながりが失われました。
少しずつ販売が再開されていますが、どこまで需要が戻ってくるかわかりません。
そこで直売店でつながっていた4月、5月分の約300名のお客様とのつながりを取り戻したいと思っています。

今回失った300人分のつながりを一気にご支援いただくのではなく3月までの継続した支援の形でお願いしたいと思っています。ご支援いただいた分を最長来年3月まで分けて製造して返礼品としてお届けいたします。

今回ご支援いただいた資金はすべてかりんとうの製作費とさせていただきます。かりんとうは支援者の皆様にお届けするとともに、利益は障害のある仲間たちの所得保障のための給料となります。

私たちはかりんとうを通してつながりを作ることを願っています。何回かに分けてお送りするかりんとうをご自身や周りの方々にもご賞味いただきながら、ぜひたくさんの方にもご紹介いただきご支援いただいた方にも笑顔を広げる輪に加わっていただければありがたく存じます。
皆様のご支援どうぞよろしくお願いします。


■返礼品のご説明(リターンについて)

お届けする商品は人気の定番かりんとう6種類と、お茶のセットのお届けとなります。
ご支援いただいた皆様とその周りの方とも一緒につまみ、お茶を飲みながらおしゃべりする機会としていただければと思っています。また、かりんとうは岐阜の手土産としてお歳暮・お中元などにもお使いいただいております。よろしければプレゼントなどにもご利用ください。

①5,000円コース 【かりんとう+お茶3袋セット】×2回(8月・12月)お届け+お礼状

②10,000円コース 【かりんとう+お茶3袋セット】×4回(8月・10月・12月・3月)お届け+お礼状 

③18,000円コース 【かりんとう+お茶3袋セット】×8回(8月~3月まで毎月)お届け+お礼状

6袋セット:1,500円 あたたかみのある岐阜の風景イラストをあしらったパッケージ

※返礼品のお届け日は確定次第ご連絡させていただきます。


■かりんとうについて

かりんとうは一つひとつ丹念に手作りで製造している昔ながらの懐かしい味のかりんとうで、素材の味がいかされた、飽きのこない味が魅力です。

それぞれ素材にこだわり、何度も調整やリニュアルしています。


■お茶について

希少な岐阜県春日産の在来種の茶葉に厳選素材を使用したフレーバードティーです。
いぶきの仲間たちが管理している岐阜県揖斐郡春日の標高300mの茶園でとれた希少な在来種をブレンドしたフレーバーティーです。一回ずつ飲みやすくティーバックに詰めてあります。
2袋入り3種類(種類はおまかせ)をお届けします。ティーバッグ2袋入り:1袋150円 (上の4つがフレーバードティーです)

ご支援をどうぞよろしくお願いします。


社会福祉法人いぶき福祉会 
岐阜市島新町5-9
℡.058-233-7445
法人ホームページ:いぶきの小窓
ネットショップ:IBUKISTYLE

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/08/08 13:14

    お世話になっております。この度はご支援いただきましてありがとうございました。返礼品の準備が整いましたのでご連絡申し上げます。8月8日(土)付で宅急便にて発送させていただいております。数日のうちにお届けできると思います。万が一、11日を過ぎてもお手元に届かない場合や至らぬ点ございましたらお手数で...

  • 2020/08/03 06:49

    プロジェクトが終了しました。321人の方にご支援いただき、251万4280円、目標金額の125%の達成率、ネクストゴール300人も達成しました。この間本当にご支援いただきましてありがとうございます。ご支援いただいた金額はすべてかりんとうとお茶の商品代金と送料になります。そして、仲間たちの仕事を...

  • 2020/08/01 18:18

    ご覧いただきましてありがとうございます。現在270人の方にご支援いただいております。プロジェクトもあとわずかとなっているので、徐々に返礼品の準備をしています。ご支援いただいたことがうれしくて、そして、たくさんの量なのでどこもお祭り状態です。みんなありがとうを伝えたくて張り切っています。(以下、...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください