はじめに・ご挨拶

広島県のどまんなか。中山間部の豊栄町で農業を営んでおります「賀茂プロジェクト」と申します。

限界集落まじかの地域のおじいちゃん、おばあちゃんとお米をメインで作っております。

皆様もご存じかと思いますが、お米つくりは補助金無しでは営むことができません。

昨今、補助金も減り、農家の収入も安定せずにお米農家は減ってきております。中山間部の効率の

悪いため農家は減り、限界集落へ向けて加速しております。わらわれは、この育った地を守り、持続

可能な(安定して、サラリーマンのような給与が保証される)農業を実践し、子や孫または新規就農

する若者が引き継いでくれたらと思っております。


商品・お店が作られた背景

我々の田んぼは、ひとつひとつが小さく手間がかかります。どうせ手間がかかるなら・・・・と思い、

健康に良いといわれている、古代米(黒米・赤米・緑米)、巨大胚芽米(金のいぶき)を多く作って

おります。ようやく、レストランやホテルへの出荷が安定しておりましたが、コロナの影響で出荷量

が減り在庫が膨らんでおります。


私たちの商品・お店のこだわり

お米つくりがメイン(9割)ですが、先にお話しした通り補助金あっての農業から脱却して新しい

中山間地の農業を構築しようとしております。

現在は、お米事業9割、果樹事業(観光りんご園、キウィ、ぶどう)0.9割、地鶏事業0.05割、野菜

事業0.05割です。今後は、果樹事業、地鶏事業を拡大していき、お米の補助金ありきの農業から

脱却したいと考えて活動しております。


お米はとても健康に良い食べ物です。しかし、小麦文化やダイエットでお米を食べない人が増えてきて

お米の消費量は減る一方です。そんな中、再び「お米は素晴らしい」を広めてお米の価値を上げて行き

たいと思っております。

普段食事で健康になりましょう!


リターンのご紹介

協力していただいた方には、黒米(在庫が多い)を差し上げます。

商品は、簡易包装(ジップロックに入れて)の発送とさせてください。よろしくお願いします。


以下黒米の説明

黒米は、稲の原種であり古代米の品種のひとつです。果皮と種皮の部分に青紫の天然色素「アントシアニン(ポリフェノールの一種)」が含まれているため、黒い色をしています。白米に比べると、タンパク質・ビタミンB群・ナイアシン・リジン・トリプトファンが豊富で、多くのミネラル分を含んでおり、高い抗酸化機能を持っております。黒米の起源は古く、中国・狭西省で2000年以上前までさかのぼります。漢の時代の張騫(ちょうけん)という人物がこのお米を発見し、それ以降、出世街道を歩んだことから「出世米」としても尊ばれているそうです。 かつての皇帝も縁起をかついで食しており、世界三大美女とうたわれる楊貴妃もその美容効果を期待して、黒米を敬愛していたんだとか。 現在でも中国の医学では滋養強壮作用があるとされ、「長寿米」として薬膳料理に使われています。また、日本に最初に伝来したお米は、黒米といわれております。

★食べ方★

黒米は、表皮部分に栄養素を多く含んでおります。普通白米を洗米後、最後の一回洗う時に黒米を入れて

洗米してください。はじめは、白米1合に対して黒米おおさじ1杯(15g)を入れてください。あとは

お好みで増減してください。

炊きあがりは、お赤飯のような炊きあがりとなります。もち系のお米のためモチモチとしております。


プロジェクトで実現したいこと

1.コロナの影響で、在庫がある黒米(1,000㎏)を処分したい

2.健康に良い古代米の生産量を上げる。休耕田を開拓する。

3.お米の生産から果樹の生産割合を広げていく。


資金の使い道・スケジュール

以下の投資資金に補充していきたいと考えております。

1.果樹園(りんご、ぶどう、キュウィ)を広げていく(初めにぶどう園の整備)

2.観光りんご園の作業効率を上げる(乗用草刈り機の導入)


最後に

里山風景を守っていき、持続可能な農業を目指しておりますが、後継ぎがいません。

この先5年後には、消えてなくなるかもしれません。早く、収入が見込める農業を確立し、

担い手が入りやすくするためにお力添えをお願いします。

※掲載写真は、全て弊社が撮影したもので、権利は弊社が所有しております。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/08/28 15:41

    このたびはご支援ありがとうございました。早速、ぶどう園整備にご支援いただきました費用をあてさせていただきました。ありがとうございます。引き続き、黒米が余っております。また、設備を拡充していきたいと考えております。ご縁がありましたらまたよろしくお願いいたします。

  • 2020/08/17 22:03

    本当にびっくりしております。82名の方からのご支援、そして励ましのお言葉。田舎の農業で人口流失が止まりませんが、みていてくれる人はいる。いつか、子や孫が戻ってきてくれたら、と思い続けていきます。それまでは、元気で頑張ります。

  • 2020/08/17 05:59

    残り1日をきりまして、沢山の方にご覧いただき、ご支援いただきました。本当にありがとうございます。こんなにも、沢山の方が農業に不利な地域で頑張る爺ちゃんを応援してくださる方がいらっしゃるなんて・・・・・・・・。まだまだやりますよ!爺ちゃんは仕事をすることで元気になります。皆さんの期待があればなお...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください