クラウドファンディング事例研究会を立ち上げて、全国を飛び回っている「清川かおり」を北海道にも呼びたい!!しかも学生は無料で招待したい!!という気持ちが高まり、プロジェクトを立ち上げるに至りました!!!

プロジェクト本文

■□■□■ 清川かおりプロフィール ■□■□■

高校卒業後、介護の仕事やアパレル経営を経て2005年に渡米。
夫と共に経営するビバリーヒルズの日本料理店「KIYOKAWA」にて女将を11年間勤める。
その他、ビジネスコンサルタント、物販事業家、講演スピーカー、シェアハウスオーナーとしても、様々な経験を積む。
2016年、クラウドファンディングに魅了され、自身を「クラウドファンディングアドバイザー」になれるぐらいに鍛えることを決意。自らの失敗経験をも武器に、CAMPFIRE×LOCALチームとも連携し、全国各地で「クラウドファンディング事例研究会」を実施する日々を過ごす。

【Twitter】
https://twitter.com/kaori_bh
【Facebook】
https://m.facebook.com/kaori.kiyokawa.14
【Instagram】
https://Instagram.com/kaori_bh

------------------------------------
クラウドファンディング事例研究会ファウンダー
クラウドファンディングアドバイザー
飲食店経営 / 米国進出コンサルタント / シェアハウス運営
-----------------------------------

■□■□■ セミナー開催要項 ■□■□■

◆ 日程:2017年6月24日(土)
◆ 時間:14:00~17:00(3時間)
◆ 会場:街中スペース COVO 南1条西7丁目12-2 大通り公園ウエストビル3F
◆ 懇親会:大通り、すすきの周辺を予定 19:00~

※学生は参加費無料ご招待!!!


■□■□■ セミナー内容 ■□■□■

1.クラウドファンディングとは
2.クラウドファンディングの種類
3.クラウドファンディングの魅力
4.クラウドファンディングのリターン設定
5.クラウドファンディングの準備(根回し)
6.清川かおりが考えるクラウドファンディングを活用した未来
7.事例紹介


■□■□■ プロジェクトの経緯 ■□■□■

私は、清川かおりとの出会いをきっかけに、このプロジェクトを立ち上げるに至りました。クラウドファンディングの仕組みについて大凡の理解はしていたものの、その仕組みの深層や、清川かおりのアドバイザーとしての体験談を聞いて、感動して泣いてしまったのです。
こんなにも人の心に勇気を与え、たくさんの人の心を豊かにできる仕組みがあるなら、もっともっと多くの人たちに知ってもらいたい!そして夢を叶えてもらいたい!(←キレイごとではなく)私は昨年まで6年半、札幌で過ごしており、北海道が大好きになりました。道産子の皆さんは道民愛に溢れています。その道民愛に満ちた夢の数々を、清川かおりの情熱とクラウドファンディングで爆発させたいと考えたのです。
ーープロジェクト発起人 杉浦巌ーー

 

■□■□■ リターン早見表 ■□■□■


 

※1
連鎖販売取引業(マルチ)、ねずみ講、特定の団体・個人にかかる政治・選挙に関する企業、反社会的勢力、意見広告、宗教広告等の方はお断りさせていただきます。
あくまで、常識の範囲内でサシのみができる良識を持った方に限定させていただきます。
また、サシ飲みの場所に関しては関東近郊とし、詳細場所については、事前にCAMPFIREのメッセージ機能にて清川かおりからご連絡いたします。
(万が一危険な雰囲気を感じた場合、リターンの不履行もありえますのでご了承ください。)

サシ飲みの際に、クラウドファンディングプロジェクトの個別相談は可能です。

 

  • 2017/06/22 08:02

    プロジェクトオーナーの杉浦です。皆様のおかげをもちまして、この度『北海道の学生を"無料"でクラウドファンディング事例研究会に招待したい』のプロジェクトは、目標額の8万円を大きく上回り、235%の達成率で着地することができました。情報のシェア、ご支援、応援いただいた皆様、本当にありがとうございま...

  • 2017/06/18 23:30

    北海道の皆さん、こんにちは。清川かおりです。 6/24は北海道にてクラウドファンディング事例研究会を開催します。 皆さんに会えるのを楽しみにしております。 よろしくお願いします。 清川かおりでした!

  • 2017/06/12 22:09

    札幌在住の主婦です。ハンドメイドのバッグブランドを最近立ち上げ、SNSを通して販売をしていますが、なかなかうまくいかず困っていました。そんなとき、クラウドファンディングを知りました。この仕組みを活用すれば、もっとたくさんの人にこのバッグを届けられるかもしれない!でも、どうやったらうまくでき...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください