初めまして
ノーノーイエス キョーイチです!
このページでご紹介している「所作」のオンリーショップ銀座店で販売スタッフとして働いている僕が今回プロジェクトを担当させていただきます。

【キャッシュレスでも生き残る日本の財布】

キャッシュレス化が進む現在において財布を買い替えた方、買い替えたいと検討されている方が多いのではないでしょうか?

現金の使用頻度が少なくなり、ポイントカードがアプリに切り替わる。

最近はカードやコインがたくさん入る容量よりサイズ感や薄さを気にされる方が多くなったように感じます。
こんな現代においてこのプロジェクトでご紹介したいのは、キャッシュレスでも使いたいと思わせるような財布。


【始まりは一つの発想と一枚の革とメモ】

デザイナーの1つの発想
「革を切って折るだけで何か作れるんじゃないだろうか?」

その考えから始まる

「結婚式場で、袱紗(ふくさ)を広げ、祝儀袋を取り出していた女性の優雅なしぐさに見とれたのをきっかけに、袱紗や風呂敷の「包む」という行為、相手への心遣いで使われる古来から受け継がれる「袱紗」をモチーフとして、ディテールには紙が折り重なる600年以上の歴史を持つ日本の由緒正しき礼法「折形」を。

財布としての実用性はもちろん袱紗のような包みを開く優雅な動き、折形のディテールが表現できるようにと試行錯誤を重ね、完成したのが、一枚の革をを縫わずに仕立てる財布「所作」


世の中には革小物がたくさんありますが、「所作」は一味違います。
通常財布などの革小物はどれだけ薄いか、どのくらいの容量が入るのか、そういった機能的な部分で選ぶことが多いのではないでしょうか?
もちろん「所作」も機能面を無視しているわけではありません。

その中で「所作」を選ぶ理由はどこにあるのか?


銀座店スタッフキョーイチが所作を選ぶ理由、伝えたいこと。
【日本的な美意識、伝統が感じられるデザイン】



基本的に財布などの革小物は、縫われているものが多いと思います。
しかし所作は縫い糸を使わず折り紙のように折りたたみ、一点のみボルトで留めるという独特のデザイン。



普段は見えないこのボルトにも和の要素とこだわりが詰まっており新幹線やスカイツリー、高速道路などに使用されている日本技術の結晶「ハードロックナット」を使用。
日本古来の構造建築にみられるクサビ原理を基に造られ強力な緩み止め効果を発揮し、緩んできてしまう心配が無い。

僕が「所作」と初めて店頭で出会った時、シンプルで無駄のないデザインと日本的な美意識や伝統を感じられる部分に心を奪われました。

【美しく丁寧に魅せる動作】

シンプルなデザインに惹かれましたが、通常お財布にあるファスナーが無いので気になった自分はスタッフの方に「使いにくくないですか?」と尋ねました。

すると、スタッフさんが私物のロングウォレットを取り出しサッと中身を取り出して僕に見せる。
その時の衝撃は今でも忘れられない。ものすごく美しくカッコ良くて目を奪われた。
使いやすそう!だったり使いにくそう、、、ではなくただ美しかった。

使用することで日々のお金を取り出す動作、名刺交換の仕草を丁寧に美しく魅せることができる。

所作の最大の魅力は、相手から見た時の"動作・仕草の美しさ"にあると思っています。


【使い込むほどに愛着が増す】

使い勝手の話に戻りますが、やはり使ったことのない形状だとはじめから使いやすくはないかもしれない。

しかし、1週間を過ぎた頃には流れるような美しい動きで使用できるようになります。革製品、特に革靴などはよく馴染むなどと表現されていますが、所作も馴染みます。
よく動かす、触れる頻度の高い箇所から柔らかく馴染んでいき、次第に使い勝手がよくなっていく。

変化というともう一つ。
革の表情が徐々に変化していき、使い込むほど色味が深く艶が増していきます。
よって、使い込むほど自分だけの変化を遂げ、愛着がより一層増す。

物が溢れるこの現代において永く愛用できる、したいと思えるものを。

「使用することにより丁寧で美しい仕草になりその人自身の魅力が増す」

所有するだけで心が満たされる「所作」
日本製革小物の最高峰と自信を持って呼ぶことのできる「所作」をより多くの方に知っていただく機会になればと思いこのプロジェクトを立ち上げました。


【ロングウォレット】

「お会計の何気ない動作を美しく丁寧に魅せる

お札をおりたくない。収納量重視の方へ

サイズ:横幅19 × 高さ10 × 厚み2 ㎝
収 納:コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×8


【ショートウォレット】

「日本の美意識、侘び寂びをポケットの中に

現金、カードもしっかり収納

コンパクトに収まる、ポケットサイズ

サイズ:横幅10 × 高さ12 × 厚み2 ㎝
収 納:コインポケット×1/札入れ×1/カードスリット×6


【コインケース】

「日本の美学と伝統を手のひらサイズに」

キャッシュレス向け、定期入れ兼小銭入れなど
ロングウォレットと併せて持ちたい所作のコインケース

サイズ:横幅12 × 高さ7 × 厚み2 ㎝
収納 : コインポケット×1/カードポケット×3

【カードケース】

「初めましてを印象的に」

名刺交換、カードの出し入れ。日常の動作に品を。

名刺交換時、スマートな印象を相手に与えることができて
おっ、と話題になる所作カードケース。

Suicaなどの交通系ICも入れたままでも磁気を通すためパスケースとしてもオススメです。

サイズ:横幅12 × 高さ6.5 × 厚み1.8 ㎝
収 納:カードポケット×2
※名刺厚によりますが、約30枚収納可能


【専用のオリジナルボックス】

それぞれの形に合わせたオリジナルのボックスがございます。

ギフトボックスとしてそのままお渡しも可能です。



【こだわりのジャパンレザー】

素材には世界的にも珍しい、日本のピット槽なめしによって職人が通常の5倍以上の手間と時間をかけて作り上げる堅牢な植物タンニンの国産レザーを使用。

そのため、耐久力があり経年変化を楽しんでいただけます。

(ピット槽なめしとは…大きなプールのような桶に革を入れてじっくり鞣す為、革の深層部までタンニンを浸透させる事が出来ます。そのため時間と空間が必要ですが革自体への負担が少なく自然な風合いを活かした革が生まれます)



革の聖地“姫路”と姫路STUDIO

革の生産地として1000年の歴史を持つ聖地姫路。
ノーノーイエス姫路STUDIO(ストゥディオ)では制作時にはミシンなどの電化製品を使わず1点1点職人の手で一つ一つ折り、仕立てています。

姫路城の傍らからお客様のもとへ、世界へ。


【使えば使うほど増す愛着】

使い込むほどに色味が深くなり、艶が増す。使用頻度の多い箇所から徐々に柔らかく馴染んでいくので使用するごとに使い勝手が良くなっていきます。

所作は一枚革を折り紙のように折りたたんでいるため、縫い糸を使用しておりません。

お財布でありがちな縫い目のほつれや、ファスナー、ボタンなどの金属不良がないため、壊れにくく、永く使用していただけるので存分に経年変化を楽しんでいただけます。

そのため、数年経ったものでもお預かり出来れば1枚革状態に展開し直し、革の全面をメンテナンスすることが可能です。



【注意事項】
  • 「所作」で使用されているレザーは革本来の風合いを活かすため、革にラッカーで着色したりといった後加工を施しておりません。そのため、小傷・毛穴などがあります。通常、革の小傷・毛穴を消すために、最終加工でラッカーで着色・厚塗りしたりします。そうすることで表面がキレイに見えますが、それは厚化粧と一緒で、革が呼吸できなくなり、天然素材である革が持つ本来の美しさを消してしまいます。ですので、小傷・毛穴などがありますが、それは魅力の一つとしてあらかじめご理解下さい。

男性ファッション系のYoutuber ハズムさんに紹介していただきました

【会社概要】

販売業者
ノーノーイエス株式会社
運営責任者
橋本 太一郎
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-2-8
電話番号
03-3408-2706
本店営業時間
15:15~19:19(定休:月・火)
メールアドレス
info@nonoyes.com


【支援金の使用目的】

クラウドファンディングで集まった資金は

・新商品作成費用
・リターン受注分商品製作費
・発送費
・梱包費
・クラウドファンディング手数料(14%)
に充てさせていただきます。


Q&A

Q小銭入れにジッパーやボタンがありませんが落ちたりしないのでしょうか?

Aスタッフが今まで5年以上使用していても、小銭入れからコインがこぼれ落ちたことはありません。完全にないとは言いませんが、お客様からもコインがよく落ちるという声はあまり聞きません。ただフタを開けたままで財布ごと地面に落とした場合は小銭入れからコインが飛び出ることはあります。とは言えそれも年に数回あるかないかのアクシデントだと思います。ジッパーやスナップボタンが付いているサイフでも閉め忘れてコインがこぼれ落ちたことはありませんか? "所作"でもそういうことが起きるのはレアな経験だと思います。

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください