あしなが学生募金北海道エリア函館エリアの拠点責任者、堀部潔志郎が作成したプロジェクトページです。今年型コロナウイルスの影響であしなが学生募金が歴史上初めて中止になりました。その影響で災害・自死・災害などで親を亡くした子どもたちが進学の夢が叶えることが一層困難な状態になると予想されます。

プロジェクト本文

あしなが学生事務局では、毎年春と秋の計8日間、全国200ヵ所で街頭募金を行っており、今年の春の街頭募金で第100回を迎える予定でした。

しかし、今年度の春は、新型コロナウイルスの影響で中止を余儀なくされました

あしなが学生募金中止の記者会見(2月26日・東京千代田区)例年通り開催できていたならば、約2億5千万円のご寄付が集まり、遺児学生たちの奨学金として大切に使わせていただく予定でした。

このままでは、遺児学生の進学等に影響が出ると考え、インターネットを通じて、募金の呼びかけを行うことにしました。

前置きが 長くなりましたが、ぜひ最後まで目を通していただけると嬉しいです。

はじめまして、あしなが学生募金事務局・北海道エリア函館拠点責任者の堀部潔志郎と申します。

私の両親は障がいを持っているため働くことが困難で経済的に貧しい環境で育ちました。。 その影響で、金銭的に余裕がなく、進学の夢を叶えられるか不安を抱きながら毎日を過ごしていました。ですが、中学校の先生が「あしなが奨学金というものがあり、この奨学金を借りれば高校にも進学ができる」と教えていただいたことがきっかけで、私は無事に進学の夢を叶えることができました。進学ができたことで高校ではいろいろなことを学び、とても頼りになる先生方と出会うことができました。進学ができたのは、これまでお世話になった先生方や親の力、そして、あしなが育英会にご寄付をしてくれる皆様のお力があったからです。この場でお礼をさせていただきます。ありがとうございます。

私は、あしなが学生募金の活動を通じて「幸せ」という想いを大切にしています。

私が考える幸せとは、自分がやりたいことができる環境だと思います。しかし、あしなが育英会の調査によると、経済的理由で進学を断念してしまう学生は、53%もいます。

(あしなが育英会ホームページ遺児家庭の現状・国内遺児の現状)

私は、あしなが学生募金事務局を通して、一人でも多くの学生が進学の夢を叶えることができることを目標に活動してきました。

しかし、今回の新型コロナウイルスの影響により、街頭募金が中止になったことで、遺児たちに奨学金を届けることが困難な状況になりました。また、アルバイトができなくなり、学費に困っている遺児学生が増加しています。 このままだと、進学の夢を叶えることが難しくなったり、進学ができても退学せざるを得ない状況になったりするかもしれません。

今後も遺児学生への奨学金支援を継続的に行っていくためには、みなさまのご協力が必要不可欠です。

私たちは、現在オンラインでご寄付の呼びかけを行うことしかできません。 「なんでもっと遺児学生の力になれないんだ」と感じ、本当に悔しい毎日を過ごしています。私の力では、ご寄付を呼びかけることしかできません。

みなさんからのお力添えをいただけないでしょうか?みなさんのお力があれば、進学の夢を叶えることができる遺児学生が増えていきます。

このページを読んでいる みなさんも、自分の力だけではなく、たくさんの人たちのサポートを受けながら、いろいろな出会いや別れを経験してきたはずです。

未来の遺児学生たちのためにも、どうかみなさまのお力添えをいただければと思います。ご理解とご協力のほどお願い致します。

私は、中学生の頃から、警察官になり、サイバーセキュリティー分野に携わりたいという夢があったため、情報分野が学べる大学に進学をするという決断をしました。

たとえ金銭的に余裕がなく、進学が困難な状態でも、強い想いがあれば絶対に誰かが支えてくれるような環境で育ちました。大学まで進学ができたのは、中学校の恩師やご寄付をしてくれたみなさまのおかげです。

ですが、私のように進学の夢を叶えることができる学生だけではありません。 奨学金を利用できず、夢に挑戦できないことを「不幸」という言葉だけで終わらせていいのでしょうか?

どうか1人でも多くの遺児学生たちの進学が叶えられるように、力をお貸しください。

最後になりますが、みなさまのご理解と、ご協力のほどよろしくお願いします。


あしなが育英会の調査によると、遺児家庭の平均月収は14万6,380円(*1)となっており、生活保護受給率は12.8%(*2)に及びます。奨学金なしでは大学・専門学校の学費を捻出できる水準には到底達していません。

(*1)2018年奨学生家庭の生活と教育にかんする実態調査(主査・副田 義也=筑波大学名誉教授・社会学)

(*2)生活保護の被保護者調査(平成30年7月分概数厚生労働省)

そのため多くの遺児学生たちは、学費を奨学金で、生活費をアルバイト代で賄っています。しかし、学生のアルバイトはそのほとんどが接客業です。

昨今の情勢のなかでアルバイトのシフトが日に日に削られ、思うように生活費を稼ぐことができなくなっています。

さらに、街頭募金の中止により奨学金の資金源確保にすら暗雲が立ち込めており、遺児学生とそのご家庭の多くが、並々ならぬ不安感を抱えながら日々を過ごしている状況です。

本キャンペーンでいただいたご寄付は全額、一般財団法人あしなが育英会への寄付となり、あしなが育英会が支援する遺児学生(日本・アフリカ)のための奨学金として使われます。

※今回の取り組みはAshinaga Global 100 Challengeの一環であり、一般財団法人あしなが育英会と連携して取り組んでおります

<All-in方式で実施します。>本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

一般財団法人あしなが育英会より、年間活動報告書と受領証明書を発送いたします。(どちらも2021年2~3月頃に郵送にてお送りします)あしなが育英会公式サイトより継続寄付者になってくださる方には活動報告書のほか、寄付種別に合わせて、奨学生から手書きのハガキ(年1~2回)、アフリカのウガンダ共和国であしながの支援を受ける子どもたちからのカード(年1回)、機関紙などをお送りしております 。

50年の歴史を持つ遺児支援のための募金運動団体で、学生だけで運営されています。

毎年春と秋の4日間、全国約200か所で実施している街頭募金活動では、毎回のべ1万人のボランティアスタッフの参加があり、年間約2億5千万円の寄付を募っています。

募金はすべて一般財団法人あしなが育英会へ寄付し、あしなが育英会の奨学金事業(国内奨学生事業・AAI事業)のために使われています。

 ウェブサイトはこちら: https://www.ashinaga.org/

病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親に障がいがあり働けない家庭の子どもたちを支えている非営利の財団法人です。

国などからの補助金・助成金は受けず、全事業を寄付によって運営しています。あしなが育英会の奨学金によって、これまでに11万人以上の遺児たちが高校・大学への進学を果たしてきました。 現在、日本国内では約6,500名(高校・短大・専門学校・大学・大学院)、サブサハラ・アフリカ教育支援事業では世界各地あわせて約120名の奨学生に奨学金支援(貸与・給付)と心のケア、リーダーシップ育成プログラムを提供しています。


ウェブサイトはこちら: https://www.ashinaga.org/

キャンペーンページへはこちら:https://camp-fire.jp/goodmorning/channels/ashinaga

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください