【7月17日追加】
《目標達成しました!ネクストゴール 35万円を目指します!》

本当に多大なるご支援、あたたかい応援メッセージありがとうございます!!
3日間という短期間で目標金額の20万円に達成することができました。

大しめ縄の購入費用が約70万円かかります。
そこで祭事前日の8月7日まで、チャレンジを続けたいと思います。
引き続きのご支援、よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はじめに・ご挨拶

こんにちは。飛騨高山にある松之木町内会です。

このクラウドファンディングは、江戸時代から伝承してきた「松之木七夕」をコロナ禍の中で未来へ紡いでいくためのチャレンジです。


 毎年4/29に行われる地元神社(大八賀神社)の例祭での行列の様子

 

「松之木七夕」について ~高山市無形民俗文化財 ~

高山市松之木町内に「七夕岩」という夫婦岩があります。
国道158号線、松之木東交差点から東に進み、漆垣内町へ至る手前の岩山の右側を男岩、左側を女岩と言い「七夕岩」と呼んでいます。

ここで毎年8月上旬(今年は8/8)、男岩と女岩の間に全長120mの大しめ縄を張り渡し、男の子が生まれるとわらで作った馬、女の子が生まれるとわらで作った糸巻を吊るし、子ども達の無病息災を願う江戸時代からの伝承行事(松之木七夕)を行なっています。

松之木七夕について 高山市公式ホームページ

(「松之木七夕」は、平成6年11月4日付で高山市無形民俗文化財指定を受けました。) 

 

プロジェクトを立ち上げた背景 ~2020年コロナ禍の中で~

 例年なら、松之木町内の住民が力を合わせて自作の大しめ縄を綯って準備するのですが、縄綯い作業自体が、新型コロナウィルス感染症対策による「3密」を避けられない状況であることから開催の自粛も考えました。


しかしながら、長年継承してきた大しめ縄上げだけはなんとしても実行したいという町民の強い想いから、大しめ縄づくりは外注し「密」を避けて祭事を行うという結論に達しました。


例年であれば、舞台での演出やバザー出店、子ども花火など、多くの方に楽しんでいただけるイベントも盛大に開催しております。しかし、今年はコロナ禍の状況を鑑み、残念ながら大しめ縄上げ以外のイベントは中止します。

このように、コロナ禍で予期せぬ多額の出費が必要になったこと、そして多くの皆様方に祭事(大しめ縄上げ)を見ていただく機会を失いました。これまで長きにわたり伝承してきた「松之木七夕」 存続の為、そしてより多くの方に当該行事を知ってもらうため、今回、初めてクラウドファンディングに挑戦することにしました。

 

このプロジェクトで実現したいこと

★予期せず発生した大しめ縄の購入という多額の出費の補填
   ▼
★クラウドファンディングを通して、飛騨高山の良さや江戸時代から続く高山市無形民族文化財「松之木七夕」をたくさんの皆さまに知っていただくこと。
   ▼
飛騨高山や「松之木七夕」のファンをひとりでも多く増やし、今後も若い世代へ引き継ぎ、末永く守り伝えていくための士気高揚につなげていくことを最大の目的としています。 


これまでの活動

 現在、高山市松之木町内会を中心に社教委員会、文化遺産保存会、七夕会(長寿会)などが「七夕岩」の環境保全やイベント実施を担っています。

★縄綯いの様子(大縄を作っているところ)

★巻き縄  ※今年は大縄が少ないので巻き縄はできません。

何代にもわたり世代交代が行われ、脈々と受け継がれてきた大切な行事です。


資金の使い道

・大しめ縄購入資金の一部に充当
・クラウドファンディング手数料


実施スケジュール

07月13日(月) クラウドファンディング開始
08月02日(日) 大しめ縄に取り付ける飾りの藁房(七五三)作成
08月07日(金) クラウドファンディング終了
08月08日(土) 七夕岩 大しめ縄上げ

※リターン品は9月中に発送予定です。


リターンのご紹介

【1,000円コース ※限定数なし】
◉御礼のお手紙  
◉「松之木七夕」モチーフのポストカード

※ポストカードのイメージ
※こちらはCAMPFIRE限定となります。


【3,000円コース ※限定数50】
・御礼のお手紙  
・「松之木七夕」モチーフのポストカード (CAMPFIRE限定)
◉わら細工品(ストラップ付、約18㎝)
   ※CAMPFIRE限定



【10,000円コース ※限定数5】 
・御礼のお手紙  
・「松之木七夕」モチーフのポストカード (CAMPFIRE限定)
◉ミニチュアしめ縄セット
 ※ミニしめ縄・藁馬・糸巻・行燈 付き
 ※約100分の1モデル
 ※CAMPFIRE限定



松之木町内会長より

 こんにちは、岐阜県高山市松之木町町内会長の河合和美と申します。

 コロナ禍の中、皆さま方には気の抜けない毎日と存じます。くれぐれも感染予防にご注意願いたいと思います。

 さて、これまで「松之木七夕」に使う大しめ縄を町内各班で手分けをして綯い上げ一本に結び、一年のうちに男児誕生家では藁馬を女児誕生家では糸巻を吊るし両岩を繋いで、五穀豊穣と子供の無病息災を願ってきました。

 今年は折からの新型コロナウイルス感染予防の観点から、例年どおり自作の縄綯いを諦め、インターネット等で検索した外注先に依頼しているところです。

 従来の半分程度の本数の大縄での実施ということで、恒例の巻縄などはできませんが、新しく生まれた9名の子ども達の為に藁馬と糸巻を大縄に吊るして、無病息災を願いたいと思います。

 コロナ禍により予期せぬ多額の出費が必要になったことがきっかけとなり、これまで長きにわたり伝承実施してきたこの行事の継続実施の危機を抱えることとなりました。

 つきましては、「松之木七夕」伝承存続のため、また、多くの皆様のご支援が町民の大きな心の支えとなり末永く守り伝えていくための士気高揚につながると確信し、今回のプロジェクトにチャレンジしました。

 大変厳しい経済状況の中恐縮に存じますが、何卒実情ご賢察の上、ご支援賜りますようお願い申し上げますm(._.)m


☆☆お願い☆☆

 尚、本来ならば多くの皆様に大しめ縄上げの様子をご覧いただきたいところですが、本年は新型コロナウィルス感染症予防の観点から、地元町民の方にも来場の自粛を呼び掛けているところですので、残念ながら、縄上げの様子はご覧いただけません。大しめ縄は8月下旬までは張っていますので、機会がありましたら、是非とも御覧になってください。
 


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/08/10 17:23

    8月10日付の「高山市民時報」に大しめ縄上げの様子が、掲載されました。このクラウドファンディングのチャレンジのことにも触れていただいてます。皆様のおかげで、無事に続けることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。改めて、本当にありがとうございました!!

  • 2020/08/08 21:02

    ご支援、応援いただきました全国の皆さまのお陰様で、午後5時過ぎに大しめ縄上げを行うことが出来ました。本当に心より感謝しております。30分繰り上げて三十三番観音法要も開催することが出来ました。コロナ禍早期終息を願うの住職の念仏が、ひときわ心に染みました。8月下旬まで、大しめ縄は男岩と女岩のあいだ...

  • 2020/08/08 10:30

    皆様のご支援、あたたかいメッセージ、そして情報を拡散していただいたおかげで目標金額の20万円を大きく上回る31万円のご支援をいただくことができ、関係者一同、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。尚、本日、「松之木七夕」の大しめ縄あげを行いますが、コロナ対策の為、大しめ縄あげの様子を...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください