はじめに・ご挨拶

鼎サプライズ花火実行委員会の委員長の菅沼と申します。この度は当企画をご覧いただきありがとうございます。打ち上げ日8月29日(土)まで時間がありませんが、趣旨にご賛同いただいた方の沢山の応援をお待ちしております。

このプロジェクトで実現したいこと(コロナ収束への祈り)

新型コロナウイルス禍の影響から、多くのイベントや地域活動が中止になっています。そのような状況ではありますが、鼎地域の夏の夜空に花火を打ち上げ、今後に向けて、地域に元気を取り戻したいと考えます。打ち上げ場所は安全上の配慮から近隣住民の皆様には通知されますが、基本的にサプライズ花火となり、3密を避ける為、それぞれの自宅で鑑賞いただくよう通知致します。花火の打ち上げにより、コロナ禍において活躍された医療・福祉従事者の皆様や洪水災害のレスキュー等で活躍された皆様への感謝の意を表すると共に、「コロナ収束への祈り」をこめて、地域の皆様と花火打ち上げの時間を共有することで、子供さんからお年寄りまで記憶に残る夏になればと思います。

「長野県飯田市」のご紹介

飯田市は、長野県南部に位置する人口9万9千人あまりの都市です。東に南アルプス、西に中央アルプスにはさまれた伊那谷に位置し、北西に風越山をいだき、天竜川の支流である松川や野底川など沢山の川が流れる自然豊かな場所であり、比較的夏は涼しく、冬は雪が少なく一年を通して過ごしやすい土地です。春は獅子舞、秋はお神輿、四季折々に様々な伝統や文化を身近に感じられる街です。また飯田市はリンゴや市田柿の産地で、最近では日本一焼肉屋が多い町として有名で、ジンギスカンやおたぐり(馬の腸の煮つけ)など伝統食があります。打ち上げ予定の鼎地区は飯田市のほぼ真ん中付近に位置します。

プロジェクトを立ち上げた背景

鼎下山地区にある特養老人ホームに勤務する菅沼文昭が、コロナ禍ではあるが、ホームの入居者に今年も夏祭りの花火をみてもらって元気になってほしいと考えたのがきっかけとなり、コロナ収束への祈り」も含めた趣旨に賛同した堀本写真館の堀本喜正と原ホンダの原秀一を加えて3人が発起人となりこのプロジェクトはスタートした。

プロジェクトメンバーのこれまでの活動

菅沼文昭:特養ホームの運営の傍ら、買い物弱者向け移動スーパーを飯田市街地を中心に運行している。

堀本喜正:カメラマン 福祉施設向けに四季折々の風景を撮影したドローン撮影DVD「ふるさと空中散歩」の制作・販売を手掛ける。

原秀一:市民団体IIDAWAVEでの演劇活動やインプロゲームなどを用いたコミュニュケーションワークショップを展開


実施内容について

名 称 鼎サプライズ花火8.29

日 時 令和2年8月29日(土) ※小雨決行 荒天延期(9月中を予定)

    午後7時30分から15分程度を予定(協賛金の規模により延長します)

場 所 鼎地区内で打ち上げ(当日の打ち上げ3時間前にSNS上で公開予定)

     ※3密をさける為、現地ではなく自宅等での鑑賞をお願いします。

「スケジュール」 

7月28日 打ち上げ場所使用許可取得・警察届出・消防団出動要請・保険加入

7月中旬~8月23日 地元協賛金集め

8月6日 FAAVO クラウドファウンディング立ち上げ

8月29日 19時30分~ 鼎某所より打ち上げ

9月~10月 返戻品お届け

※打ち上げに関しては、打ち上げ許可取得、保険加入、関係各所と連携を図り、警備員、消防団員を配置するなど安全を確保して実施致します。

「支援金用途」  

花火打ち上げ費用、CF手数料、CF返礼品費用、送料、保険料、宣伝・お礼広告費等


募集する支援コース

日本一の焼肉タウン、飯田ならではの「肉」をテーマに返戻品をご用意致しました。

3,000円コース、5,000円コース、10,000万円コース、

20,000円コース、30,000円コース、50,000円コース、100,000円コース

をご用意しました。

<All-in方式>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

最後に

令和2年は新型コロナウイルス禍に始まり洪水災害等、先が見えない不安と緊張の毎日が続いています。そんな中で、花火を打ち上げることによって、皆それぞれの想いを描いていただき、少しでも今後にむけて明るく前向きな気持ちなってもらえたらと思います。皆様応援よろしくお願い致します。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください