はじめに

KG+実行委員会は京都市内に事務局があり、公募により写真と映像をベースにした作品を紹介するアートフェスティバルを毎年開催しています 。KG+共同創設者/共同ディレクターであるルシール・レイボーズ & 仲西祐介(KYOTOGRAPHIE 共同創設者/共同代表)とカルドネル 島井佐枝(MUZ ART PRODUCE 代表)、KG+SELECTディレクターのフィリップ・ベルゴンゾ(OFF SHOT 代表)、KG+プログラムディレクターの中澤有基(galleryMain 代表)をはじめとして、毎年10人程度でKG+の運営にあたっています。


KG+とは

   2020年で8回目を迎えるKG+は、9月18日から10月18日にかけて開催します(2020年春に開催予定が、コロナの影響で秋に延期)。昨年同様、公募型の「KG+」と、選出されたアーティストによる展覧会「KG+SELECT」展(会場は元・京都市立淳風小学校)を開催する予定です。
 公募型の「KG+」は、ギャラリーや歴史的建造物など、京都市内各所で開催されます。2019年は、63会場で、95の展覧会が開催されました。「KG+SELECT」展 では、選抜アーティスト10組の中から、KG+AWARDグランプリが1名選ばれ、次年度のKYOTOGRAPHIEメインプログラムのオフィシャルアーティストとして展覧会が開催されます。
 また、全KG+参加展覧会の中から「The Firstfloor prize」 として1組が選ばれ、パリ6区のファーストフロアギャラリーで展覧会を開催することができます。さらに今年からUNKNOWN ASIA賞が設置され、副賞として次回UNKNOWN ASIA Art Exchange Osakaへの出展に招待されます。 毎年、KG+では、国内外のいくつかのアートイベントとの提携によって、京都から新たな才能を国際的に発信しています。そして、アーティストが世界を舞台に活躍する機会を創出することを目的としています。

KG+2020サイトURL http://kyotographie.jp/kgplus/2020/


        KG+AWARD 2019グランプリ受賞、
        福島あつし《弁当 is Ready.》より


KG+2019、五条坂京焼登り窯、展示風景

KG+2019、元・京都市立淳風小学校、
アーティストトーク

これまでの活動

KG+の規模、動員数は年々増加しており、2019年は

参加作家:207人
会場数:64会場
参加作家国籍:21ヵ国
展覧会数:96
来場者数:約135,000人

という実績があります。

※2019クロージングレポート http://kyotographie.jp/kgplus/press/KG2019_closing_press.pdf


KG+2019、元・京都市立淳風小学校、
エントランス


「KG+SELECT 」の特徴

「KG+SELECT」では、審査委員会により選出したアーティストの作品を展示します。昨年は、高齢化社会や植民地、セクシャルマイノリティーなどに焦点を当てた社会的なテーマを扱ったシリーズが多く見られました。アーティストがカメラを被写体に向けることで、普段私たちが見落としているもの(日常的なものに潜む政治性、あるいは社会的に不可視化されている存在)を浮かび上がらせる試みとなりました。

 今年の「KG+SELECT」においても、香港のデモ、東日本大震災、性暴力など社会的テーマを扱った作品を多く紹介します。2019年にはこの国の「表現の自由」の脆さを突きつけるような出来事が起き、そして今、新型コロナウイルス感染症により、改めて「芸術のありかた」が問われていると私たちは考えています。そんな中、普段見落とされているものに目を凝らし、その存在を様々なかたちで可視化するアーティストの表現に真摯に向き合い、意見を交わすことが豊かな社会をつくるのではないでしょうか。感染症の影響により、多くの表現活動や発表の場がデジタル化されるという大きな変化が起こっていますが、このフェスティバルでは、どのような形であれ、芸術によって創造的な未来を切り開いて行くことを目指しています。


KG+2020見どころ(展示予定)

「KG+SELECT」参加アーティストの一部を紹介!


中川 剛志 《光の墓》より


中川 剛志 (日本)
アイスランドで撮影されたオーロラのシリーズ。







黄 郁修 《Hoarders》より





黄 郁修 (台湾)
物が過剰に溜め込まれた部屋を捉えたシリーズ。    

    

    


Chika Usui 《The Beautiful Kakashi World 》より


Chika Usui (日本)
自ら製作したかかしを用いた
セルフポートレートのシリーズ。





彼らに発表の機会を提供するためにも、ぜひご支援頂きたいです!


プロジェクトをやろうと思った理由

コロナウイルスの打撃による経済不況により、各方面からこれまで通りのサポートを得るのが難しく、運営費の確保が難しい状況です。また、フェスティバルの延期により、チラシなどの広報物の刷り直しや、人件費の増加といった課題も発生しています。


資金の使い道

・フェスティバル延期に伴う、チラシなどの広報物の刷り直しにかかる追加費用や、追加人件費

・新型コロナウイルス感染症対策(三密を避ける、消毒や飛沫感染防止の徹底など)のためのスタッフの確保、備品や設備の費用

これまで予算不足分の補填は、メインイベントの KYOTOGRAPHIE に頼っていましたが、今年はKYOTOGRAPHIEも財政難のため、KG+単体で資金を調達しなければなりません。どうか皆様のお力をお借りしたいです。


応援メッセージ

【KG+AWARD 2019グランプリ受賞 福島あつしさん】 

   コロナウイルスによって私たちの生活が脅かされる日々が続いていますが、その状況下でも私たちは作品制作への意志を失うことはありません。写真を使った作品制作とは自分たちの生活を、自分の思考、生き方を改めて見つめ直し、それを外へ発信するという側面を多分に持ちます。現在のこの状況下においても写真家たちは作品制作への意識をより深め、それぞれの作品を強固なもにしようと追求しています。これまで以上のエネルギーが各展示会場から発信されることだと思います。KG+がその発表の場を今年も大々的に作り上げてくれることを心より感謝し、応援したいと思います。




【KG+2019 "Paris Gallery First Floor Award" 受賞 Chika&Ichio Usui さん】


   私達、Chika & Ichio Usui にとって2019年にKG+SELECTに選ばれたことの意味は大きいです。心が折れ、矢も尽きかけ、作品と向き合うことを半ば諦めかけていた時に、応募させて頂いたのがきっかけでした。それからはもう、信じられないくらい怒涛のスピードで、想像もしていなかった経験と出会いの数々に圧倒される日々。気が付けば、クロージングパーティーで"Paris Gallery First Floor Award"を受賞させて頂き、11月には世界最大のフォトフェアParis Photoと同時期にパリ6区のギャラリーにて個展を開催。念願でもあった世界の最前線で見た景色は、今も脳裏に焼き付いています。何より大きかったのは、国籍、年齢、性別をこえて様々な人に私達の作品をご覧頂けたこと。「この世界のどこかには、私達の作品を良いと感じてくれる人がいる」ということを実感でき、同時に失いかけていた作家としての自信を取り戻すことができました。これらKG+を通しての経験や出会いの数々は、私達にとってかけがえのない生涯の宝物です。そして、そういった舞台はKG+運営スタッフの方々の熱い思いによって支えられています。月並みな言葉ですが「ピンチはチャンス」。これもまたKG+で私達が教えて頂いたことです。日本からこんなにもエキサイティングな経験ができる公募型写真祭を失ってはならないと強く感じています。KG+を支える多くの方々の情熱に敬意を表し、私達 Chika & Ichio Usui は最大限の応援をさせて頂きます。


リターンについて 

①5000円 
 サンクスメール

②10000円 
 サンクスメール、
   KG+オリジナルTシャツ 

③30000円 
 サンクスメール、
   KG+オリジナル Tシャツ、
 Webサイトにお名前掲示  

④100000円 
 サンクスメール、KG+オリジナル Tシャツ、Webサイトにお名前掲示 、
 KG+2020クロージングレポート(紙媒体)


実施スケジュール

2020年9月18日~10月18日 フェスティバル開催
2020年10月 クラウドファンディング終了
2020年11月、12月 リターン発送


最後に

KG+はこれまでも世界中から、才能あるアーティストの発掘・紹介に尽力するとともに、京都をアートの力で盛り上げることを使命としてきました。ここで、この素晴らしいフェスティバルを絶やしたくないと思っています。ぜひご協力ください!


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください