■はじめまして。
 ”神々の住む島”バリ島で、かつて”神々の食べ物”と呼ばれたカカオ食品を作っているCAU(チャウ)チョコレート・インターナショナル社の日本法人CAUチョコレートジャパン合同会社です。私たちは、その会員制Club CAU運営事務局スタッフです。


■第5回世界カカオ会議が開かれるバリ島がピンチ!

 2020年9月バリ島で開催予定だった世界中のカカオ生産者が集まる展示会が新型コロナの影響で延期されました。そしてようやくこの8月、開催日程が決定しました。8月中に申込方法が発表されます。
 2021年5月23日から26日、世界的なリゾートエリア「ヌサドゥア」のコンベンションセンターで開催されます!

 そんな注目のバリ島でCAUチョコレートは 、創業者の農業博士アリ・アルタ・ウィグナ氏によるカカオを用いたCAU村(タバナン県)の地域再生から始まりました。

現地CAU chocolates BALIの様子はこちらの動画をご覧ください。

 バリ島は、人口約400万人に対し外国人観光客約500万人が訪れる観光業島。
 生産者やそれに携わる現地産業関係者の努力もあり、外国人観光客を中心にオーガニックチョコレートの商品展開や農業ツーリズムを実施することでフェアトレードを実施し、地域のカカオ農家の技術・報酬水準を上げてきました。
 現在では、労働者組合と共に活動し、組合員数600、広さ600ヘクタールを超えるまでに成長させ、大きな希望を後世につなぐために頑張っていました。 

 しかし、今回の新型コロナの影響で現状9月半ばまでは外国人観光客の入国が認められていません。
 にぎやかな島も今は閑散。*8月15日、年内いっぱいまで観光客の入国制限が延長されました!
 売上はほぼゼロです。

 

 それでも工場では、従業員の生活を何とか守るために出勤や機械の稼働調整をしながら、ローカル向けジュースを開発したりクリスマスケーキの準備を行っています。生産者や従業員モチベーションを保つためにも必要です。



そんな中で、カカオの収穫時期(7月末から8月・一部9月)に迫りました。
その数【100t】です。

収穫時期は待ってくれず、すでに100tのオーガニックカカオは、行き場を失っています。
CAU村のオーガニックカカオ農園で育てているカカオ豆の品質が落ちたわけではありません。  

しかしこのまま行くと破棄が発生します。カカオ豆の価格もここ数か月で約25%の暴落です。
地域再生から出発し、愛情をかけてここまでに育てたオーガニックカカオ豆と彼らの希望や思いそして生活を摘みたくありません。



カカオは本当にすごい「スーパーフード」なんです!

声を大にして言わせてください!
\ カカオはすごい食べ物なんです!! /


日本でカカオと言えば、ほとんどがチョコレートとしてしか認識されていませんが、これは本当にもったいないくらいのスーパーフードです。日本の法律上、効能を語れないのが残念です…。
「カカオの効果」「スーパーフード カカオ」で是非検索してみてください!


*医薬品的な効能効果表記について
カカオポリフェノールの効能は、大手某チョコレートメーカーや某ココアメーカーのホームページ、ネットでたくさん掲載されていますので、一度検索してみてくださいね!


日本もコロナ禍でお家時間が増え、健康を見直したい今だからこそ。
あなたの心と身体の美容と健康ライフをCAU農園のオーガニックカカオでサポートさせてください!



◆私たちの商品のこだわり


 CAU農園のオーガニックカカオは4つのオーガニック認証を取得している、安心安全なオーガニックカカオ豆です。このオーガニックカカオ豆を贅沢に使用したカカオポリフェノールたっぷり今までにないほどカカオを感じる商品です。

*取得認証:ハラル認証・インドネシアオーガニック認証・米国オーガニック認証・EUオーガニック認証


◆この原料で新商品が出来れば、新型コロナが続いたまま次回の収穫時期がきてもこんなことできます◆

①カカオパワーであなたや家族の美容&健康ライフをサポート

②新しいカカオの使い方でお家時間をより楽しく、心も身体もHAPPYに

③カカオで簡単レシピやアレンジ方法を配信

④カカオでつながるコミュニティ

⑤お家にいながら、オーガニックカカオ農園-CAU村を支援  


あなたの健康や幸せがCAU村の支援に繋がります。

まずはあなたにカカオを楽しんでほしいです!


◆【新商品開発中!】 CAUチョコならできます!

【贅沢・大人のカカオジャム】黒ジャムと白ジャム(生カカオ豆入り) 


 オーガニックカカオの果実部分を贅沢に使用したジャム。大量のカカオ豆を直接粉砕して作れるのは自社農園をもつCAUだからこそ!

 収穫時期が過ぎてしまったら、チョコたっぷりのピーナツバターのようなカカオバターやカカオカレーパンも検討中!

 超濃厚で、パンだけでなくお肉やワインにも合う、このジャム1つで軽食からおもてなしまで料理の幅が広がります。甘さをプラスすることで、お子さまの健康を考えたおやつにもおすすめです。



 【カカオビネガー 】(生カカオ豆入り)


 カカオの果実部分を贅沢に使用。フルーティーながら不思議なほどカカオを感じるビネガーはやみつきに。
 ドレッシングなどの料理からビネガードリンクまで、手軽に作れて、美味しくカカオポリフェノールとビタミン補給できます。美容にもおすすめ!



【カカオジュース】 


 カカオの香りと甘さそのままのカカオジュース。そのままで飲むのはもちろん、ソーダ割りや、凍らせてカカオシャーベット、かき氷のシロップにも!
 子どもから大人まで喜ばれるジュースです。
 また、ウィスキーと50:50で合わせることでカクテルにも。



◆プロジェクトで実現したいこと

認知症への取り組みから日本展開を決めた日本代表者。
  ”このまま新型コロナがまだ続いても生産者・製造者を守りながら、
日本人に愛されるバリ島にまたいつか訪れる観光客の楽しみを増やし、
単なる農園でなく、カカオポリフェノール生産メーカーとして、
チョコレートだけではなく日本に”カカオ文化”も根付かせたい。”
と考えています。(*写真は現地代表/農学博士(右)と日本代表)


◆大きくわけて2つの資金の使い道

①カカオ豆の販売経費
日本への輸出費用や国内配送費

②新商品開発経費:
生産者から製造原料の購入
容器や専用設備・機材の購入費用
製造スタッフの賃金や日本人管理スタッフの渡航費用



◆最後に

日本人スタッフが一生懸命考えた新商品で、地域を守りつつ、日本の皆さんに長く健康や美容に良いものを届けたい、そんな気持ちを応援して下さる方の参加をお待ちしております。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください