はじめに・ご挨拶さつ

はじめまして。千葉県在住の宇佐見と申します。ご覧になって頂いた皆様に感謝いたします。

家には10歳ほどになるサチと言う愛犬と共に暮らしております。

サチとは埼玉県の幸手市で出逢いました。

サチはブリーダー犬として生まれ、幼少期から小型犬が1匹入るくらいの檻の中で育てられ、散歩もした事もなく外の世界を知らずに6年間ほどそこで生活をしておりました。サチを引き取った際には正確な年齢も不明で(今でも正確な年齢は判明しておりませんが、実際は10歳より若く感じられます)、お腹には赤ん坊を産むために帝王切開した傷があり、まだ縫い糸が残っている状態でした。今まで運動などもした事もなく、体も痩せていて、足もとても細くお散歩をしても最初は歩く事すら困難な程でした。ですが初めて見る外の世界に目をキラキラさせ、楽しそうな姿は今でも鮮明に覚えております。とても人懐っこく、今まで一度も怒った事はなくとても優しい子です。

家に迎え入れてから、暫くは落ち着かない様子でしたが、すぐに慣れていきました。ですが、ときどき自分の子供を探すような素振りを見せてクンクン鳴いてる姿も見受けられました。

おそらく、小さい檻のなかで自分の赤ん坊を育てる事は、彼女にとって楽しみでもあり、生き甲斐になっていたのだろうと思いました。ですが、お腹を痛めて産んだ子犬とはすぐに引き離されてしまい檻の中に1人ぼっちになって、子犬を求めて1人鳴いていたと思うとその悲しみは計り知れません。

サチの生い立ちの事をまだまだお伝えしたい事は沢山あるのですが、長くなってしまいますので一度これくらいにさせて頂きます。

サチはとても過酷で辛い環境にずっと一人で頑張ってきました。それを知って私もサチを本当に大切に、幸せにしてあげようと一生懸命考えて一緒に生きてきました。

ですが...今年の5月終わり頃に、呼吸が荒くなっていた事に気づき、6月に病院に連れて行ったところお医者さんから、心臓が肥大しており僧帽弁閉鎖不全の心臓病と言い渡されてしまいました。

急性肺水腫と言う症状も出ており、肺に水が溜まり心臓を圧迫し呼吸も苦しくなって突然死も及ぼすとても怖い状況です。

それからは毎日お薬を朝晩と飲み、心臓に負担が掛かる激しい運動は控えてくださいとの事でした。

サチはお散歩で走り回るのが大好きでとても楽しそうにしていたのですが、それができないとなるととても残念で悔やみきれません。

過去に過酷な悲しみの中で生活をしてきて、心臓病になって苦しんで生涯を終える.... 本当に悲しすぎます。

本当にそれだけはどうにかして避けたいです。。。

今すぐにでも手術をして治せるならやってあげたいと思ってありましたが、手術費をお医者さんから聞いた時、とても高額で払えるような額ではありませんでした。薬でなんとかなれば良いと思い一度は諦め掛けていました。。

ですが、調べていくうちに、心臓病になり薬物治療をしたとしても1年後の生存率は低いと知り、どうしても諦められなく、どうにかならないかと自分でも色々調べていると、同じ状況の方がいらっしゃり、このクラウドファンディングを知り、初めて希望の光が見えてきました。

自分でも資金を貯めるために試行錯誤をしているのですが、一人では限界があり時間が掛かってしまいます。ですがサチにはあまり時間がありません。

また元気に走り回る姿をもう一度見たいです。。

どうか少しでも皆様のお力をお貸しいただける事を祈っております。

このプロジェクトで実現したいこと

僧帽弁閉鎖不全症による心臓病の手術

生存率9割を誇る手術成績を誇る神奈川県横浜市にあるJASMINEどうぶつ総合病院にて手術を予定しております。

とても有名なお医者様で海外からの手術依頼も多いいそうです。

プロジェクトをやろうと思った理由

昔は直せない病気として扱われていたのですが、現代では治せる病気となっております。治せる病気なのに、人間の都合で治せなくて、亡くしてしまうと思うと悔やみきれません。

治してあげられないのも全部自分のせいなのですが、時間も余裕もなく切羽詰まっており、みなさまに縋る思いでプロジェクトを立ち上げました。

また同じ悩みをお持ちのお方の為に少しでも御参考になる様に協力していきたいです。

これまでの活動

2020/6/1 初診

身体検査、血液検査、レントゲン撮影、酸素室治療を致しました。

この時点で心臓病と診断されました。

酸素室に4時間ほど入りお薬を頂きました。

次はレントゲン写真です。心臓が肥大して肺を圧迫しております。血液が逆流するため心臓により大きい負担がかかり、心不全や肺水腫などを引き起こします。この時点で肺水腫を起こし肺に水が溜まっておりました。




資金の使い道

犬の心臓手術が可能で有名な動物病院は日本にいくつかありますが、その中に横浜市の『JASMINE どうぶつ循環器病センター』という専門病院があります。ジャスミンさんのホームページには「僧帽弁閉鎖不全症」の手術の場合、

最初の検査……7万円

手術費用………140万円
入院費……………1週間で約30万円
定期検診…………1回6万円×4回=24万円

計2010000円

と記載されておりました。

容態によっては入院が伸びる、お薬の処方よ仕方により費用は変わってくるそうです。こちらが大体の費用になりますが状況によっては変動あります。

治療費にかかった経費は全て画像付きでこちらに記載していきます。


リターンについて

リターンにつきましては、良いと思われる物とは程遠い物になってしまうかも知れませんが、リターンの項目をご覧になって頂ければ幸いです。

実施スケジュール

資金の問題や、病院側の予約状況になりますが、準備ができ次第実行できればと思っております。

最後に

現在、お薬を飲んでるので安定して生活は出来ています。ですが薬がなければ生きていけなく、お薬を飲み続けて悪化のスピードが少し落ちただけでこれ以上良くなる事はありません。薬の副作用もあります。

心臓病の手術が成功すれば、心臓病が原因で死ぬ事は無くなり、お薬も飲まなくて良い生活になります。

正直、手術を受けさせるのはリスクがあり怖いです。ですが今のままでもリスクはあります。

さちは大切な家族です。

今までかけがえのない愛と幸せをたくさん運んできてくれました。

今度は私がさちの為に今出来る限りのことをを全力で取り込んでいきます。

皆様の応援の後押しを背に、決断し、サチ、応援して頂いた皆様にとって良い結果で終われる事を心から願っております。

長くなってしまいましたが最後までご覧頂き本当にありがとうございました。

皆様のご協力によって起こる奇跡を心より願っております。


プロフィール


名前 幸(さち) 

性別 女の子

年齢9〜10歳

好きな食べ物 ささみのおやつ、チャウチュール、お肉、野菜、ミルク

嫌いな食べ物 お魚系

性格 とても優しい子で人が大好きです。犬ちゃん同士でも1度も喧嘩した事なく、猫ちゃんとも仲良くします。

好きなこと お散歩 マッサージ お気に入りのお人形と遊ぶ

苦手な事 車 抱っこ 高いところ

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください